論文の書き方

卒業論文

卒業論文 パラグラフ・ライティングで論文らしく書こう!

卒業論文など、論理的な文章を書くときは、パラグラフ・ライティングで書きましょう。パラグラフとは、ある1つのトピック(話題)について述べた文の集合のことです。パラグラフ・ライティングで文章を書くと、曖昧さが減り、論理的な文章になります。
修士論文・博士論文

結論(コンクルージョン)を簡潔に示して、修士論文を締めくくろう!

論文の構成は、基本的に序論・本論・結論です。結論で記述する内容は、本論で記述した内容の要約と、序論で掲げた言いたいこと(論文を書く目的)の結果です。結論まで書き終えれば論文本体の執筆が終了します。ただし、最後に参考文献リストをつけることを忘れないようにしましょう。
修士論文・博士論文

修士論文の執筆 本論(ボディ )で思う存分根拠を示そう!

論文は、 序論・本論・結論 で文章全体を構成します。量的にたくさん執筆しなければならない部分は、本論(ボディ)部分だと思います。本論では、序論で明確にした論じる目的を達成する必要があります。そのために、本論では、適切な根拠を具体的に積み上げていきましょう。
修士論文・博士論文

修士論文の執筆 序論(イントロダクション)の沼から抜け出そう!

修士論文や博士論文などの論文を書くときは、 卒業論文と同様、序論・本論・結論で文章全体を構成します。この中で、特に頭を悩ませ、試行錯誤して執筆するのが序論(イントロダクション)部分です。序論では、論じるテーマは何か!論じるテーマがいかに重要なものか!などを記述します。ここを曖昧にしたまま、論文を書き始めないようにしましょう。
役立ったこと

大学院では論文形式の文章を書くスキルが必要!

大学院に進学すると、修士論文や博士論文をはじめ、学会に投稿するための論文を書く生活が始まります。論文形式に則った文章を書くスキルを早い段階で身につけておきましょう。ライティングセンターや図書館の書籍を積極的に活用することをお勧めします。また、英語の論文を書くためにはパラグラフ・ライティングなどのルールを知りましょう。
役立ったこと

論文では、主張したいことを明確に書こう!

大学院に進学すると多くの論文を書かなければなりません。早い段階で、論文とはどういう書き方をするものなのか確認しておくことをお勧めします。まず、論文形式の文章は、主張が明確に示されていること!主張を支える根拠が明確に示されていること!主張に対する結論が明確に示されていること!が大切です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました