修士論文・博士論文

修士論文・博士論文

パラグラフ・ライティングを身につけて、修士論文を書こう!

修士論文や博士論文などの論文形式の文章は、パラグラフ・ライティングで書くことをお勧めします。パラグラフ・ライティングで書いた文章は論理の流れがわかりやすく、要約や修正の作業も楽です。また、トピック・センテンスはパラグラフの先頭に書くことが重要です。
修士論文・博士論文

論文に書かれている内容を効率的に把握する方法

多くの論文の中から自分の研究テーマに合った論文を探し出す作業は大変ですから、論文に書かれている内容は効率的に把握したいですね。定番の方法は抄録(アブストラクト)の確認ですが、図・表のチェックやトピック・センテンスの拾い読みもお勧めです。
修士論文・博士論文

修士論文の執筆 序論(イントロダクション)の沼から抜け出すには?

修士論文や博士論文などの論文を書くときは、 卒業論文と同様、序論・本論・結論で文章全体を構成します。序論(イントロダクション)部分の執筆では試行錯誤することになりますが、まずは、論じるテーマは何か!論じるテーマがいかに重要なものか!を明確にします。
修士論文・博士論文

結論(コンクルージョン)を簡潔に示して、修士論文を締めくくろう!

論文の構成は、基本的に序論・本論・結論です。結論で記述することは、序論で掲げた言いたいこと(論じる目的)の結果を明確に記述し、その結果の根拠を簡潔に示すことです。結論を書き終えれば一安心ですが、最後に参考文献リストをつけ忘れないように!
修士論文・博士論文

修士論文につける要旨(概要書)の 書き方の例

論文を提出する時、論文に書かれている内容を簡潔にまとめた要旨(概要書)をつけることは多いです。要旨(概要書)は、論文本体を書きあげた後、論文本体の内容と照らし合わせながら書くといいでしょう。ただし、書式や提出方法に関する最新情報を必ず確認します。
修士論文・博士論文

修士論文の執筆 本論(ボディ )で言いたいことの根拠を示そう!

論文の構成は 序論・本論・結論 です。序論の執筆は質的負荷が高いですが、やはり論文本体は 本論 です。本論には、適切な根拠を具体的に書きましょう。その際、パラグラフ・ライティングを利用すると修正や補筆が楽になります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました