学会誌に投稿

学会誌に投稿

学術雑誌に論文を掲載してもらう前に立ちはだかる「査読の壁」

大学院で研究業績を得るためには、学術誌に論文を掲載してもらう必要があります。掲載してもらうためには「査読の壁」を突破しなければなりません。一般的に査読結果は、accept,minor revision,major revision,reject の4パターンです。
学会誌に投稿

論文を、どの学会誌に投稿すればいいかわからないとき

博士の学位取得を目指すのであれば、学会が発行している学術雑誌に論文を投稿する必要があります。そのためには、自分の研究内容に合った学会を見つけなければなりません。学術の世界と縁のない生活をしている社会人学生の場合、具体的にどうすればいいのでしょうか。
学会誌に投稿

卒業論文や修士論文から、学術雑誌に投稿する論文を作成するとき

卒業論文や修士論文から学術雑誌に投稿する論文を作成するときには、論文を短くまとめる必要があります。序論・本論・結論の構成で書かれていれば、序論部分から研究の背景や研究の目的を簡潔にまとめ、本論部分から読み手を納得させるための根拠を示しましょう。
学会誌に投稿

査読結果が条件付き採録(要修正)になったとき:査読者への回答

査読結果が条件付き採録(要修正)になったとき、論文それ自体を修正することはもちろん重要です。でも、修正した内容を査読者にわかりやすく伝えるために用意する回答文も大切です。査読者に負荷がかからないよう回答文の書き方を工夫しましょう。
学会誌に投稿

投稿論文の査読結果がrevision(要修正)だったとき

査読結果が revision(要修正)になったときは、査読者の指摘内容を丁寧に読み込んで回答方針を立てましょう。その回答方針に則って投稿論文の修正・補筆作業を行います。また、修正・補筆した内容を査読者に伝えるための回答文も用意しましょう。
学会誌に投稿

学術雑誌への論文投稿:査読から採録までの流れ

学術雑誌に論文が採択されるかどうかは、自然科学分野の大学院生にとって重要です。ここでは、論文の投稿から採録までの流れを説明しています。ポイントは、査読結果が要修正になったときです。適切な対応ができるかどうかで、採録か不採録かが決まります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました