大学院では論文形式の文章を書くスキルを身につけよう!

論文形式の文章を書くことを表現するために論文とペンを描画した図 修士課程・博士課程

大学院では論文形式の文章を書くスキルが必要

大学院に進学すると、修士論文や博士論文だけではなく、学会に投稿するための投稿論文も書かなければなりません。修士論文や博士論文、投稿論文を書くときには論文形式に則ったライティング方法で書きましょう。論文形式の文章は、感想文や報告書のような文章の書き方とは異なります。

見よう見まねで、なんとか書けるのでは?

見よう見まねより、早いうちに書き方を身につけた方が効率的では?

欧米では、論文形式に則ったライティング方法を学校で教えます。でも、日本では、そのような文章の書き方を習う機会がほとんどありません。そのため、見よう見まねで書くか、本などで調べながら書くことになります。

論文形式に則ったライティング方法は、できれば、早いうちに身につけておきたいものです。特に、英語の論文を書かなければならない方は、パラグラフ・ライティングなどの書き方を知っておくことをお勧めします。

私は、論文形式の文章がどのようなものかきちんと学んだことがなかったので、大学院で苦労しました!

修士論文や博士論文、投稿論文を書かなければならない方は、ライティングセンターや図書館の本などを使って、早めに論文形式に則ったライティング方法を身につけることをお勧めします。


論文形式の文章を書くスキルは、なぜ必要なの?

大学院で学位を取得するためには、修士論文や博士論文を書かなければなりません。また、博士号を取得するためには学術雑誌に論文を投稿して査読を通す必要があります。自分が筆頭著者となる公表学術論文が必要だからです。

査読? 公表学術論文?

投稿した論文を公表学術論文として認めさせるためには、査読を通す必要があります。査読を通すためには、論文形式に則ったライティング方法で書くことが大切です。

大学の学部生時代であれば、レポート課題や卒業論文などを評価する人は、講義を担当する教員や研究室の指導教員です。多少、文章の書き方が稚拙であっても読んでもらえますし、書いてある内容も理解してもらえるでしょう。でも、投稿論文を評価する人は、自分の研究内容について何も知らない見ず知らずの査読者です。

知らない人?

何も知らない人が読んでもわかるように、論文は論文形式に則って書きましょう!

論文形式に則った文章を書くスキルは、早めに身につけておくことをお勧めします。


論文形式の文章を書くスキル、どうやって身につければいいの?

論文形式の文章を書くスキルは、なるべく早い段階で身につけておきたいですね。欧米では、論理的な文章の書き方を学校で教えますが、日本では、そのような機会がほとんどありません。そのため、見よう見まねで書くことになりますが、私は、大学のライティングセンターや図書館などの本を活用しました。

ライティングセンターの活用

ライティングセンターは、論理的な文章の書き方を指導してくれる場所です。早稲田大学をはじめ、最近では、多くの大学にライティングセンターが置かれようになっています。

そういう場所は、積極的に利用したいね!

大学によって指導の仕方は様々だと思いますが、早稲田大学では大学院生が書く文章も指導してくれました。まずは、ご自身の大学の指導状況を調べてみることをお勧めします。指導を受けることができるようであれば、積極的に活用しましょう。

大学図書館や公共図書館にある本を活用

論文形式の文章の書き方について説明している本は、大学図書館や公共図書館に数多く並んでいます。

大学の図書館には、論文形式の文章の書き方について書かれた本がたくさん並んでいます。それらを手にとって、自分に合った本を探しましょう。また、お住いの地域にある公共図書館にも、論文形式の文章の書き方について書かれている本は置いてあると思います。公共図書館も積極的に活用してみましょう。

自分の場合は、公共図書館で見つけた本が役立ちました

大学の図書館じゃなくて?

自分は「論文とはどのような文章か!」という初歩的なことから学ぶ必要がありました。公共図書館には、大学に入ったばかりの学生や高校生向けに書かれた本が数多く並んでいましたから、向いていたのでしょう。

高校生でも読みやすいように書かれた本や

これから研究を始める高校生と指導教員のために - 共立出版
これから研究を始める高校生と指導教員のために詳細をご覧いただけます。

ちょっと、癖のある本

NHKブックス No.1194 新版 論文の教室 レポートから卒論まで | NHK出版
12万部突破のロングセラー、最強の入門書がパワーアップ!大学生のバイブルが生まれ変わった! インターネットなどの情報へのアクセス法をより詳細に解説。それを使うと必ず作文がヘタになる「禁句集」など巻末付…

まで、いろいろあります。まずは、大学の図書館でも公共の図書館でも構わないので、自分に合った一冊を見つけましょう。


論文形式の文章の書き方は、ライティングセンターや本などを利用して、なるべくはやい段階で身につけておくことをお勧めします。

スポンサーリンク

英語の論文の書き方を応用

大学院では、英語の論文に接する機会が増えます。英語で論文を書くためには、英語そのもののスキルを高めることは当然として、英語の論文の書き方を知る必要もあります。

自分の場合、英語を使ったロジックの組み立て方など何も知らない状態でしたから、以下の本を参考にしました。

『英語小論文の書き方―英語のロジック・日本語のロジック』
加藤恭子著、ヴァネッサ・ハ-ディ著、講談社現代新書

本書は1992年出版のため、現在は、手に入りにくいかもしれません。

本書の紹介文に「日本語と英語の言語感覚の差異、ロジックやレトリックの相違などを通して正確でわかりやすい英語文章の書き方を伝授する。」とあるように、ここでは、日本語と英語の言語感覚やロジック・レトリックの違いに焦点を当てて英語の文章の書き方を説明しています。論文の書き方についての具体的説明も載っています。

本書を読んで、日本人が書く文章のふわふわした感じは論文に向いていないのだと納得しました!

ふわふわした感じ?

そう!何が言いたいのかよくわからないふわっとした感じの文章!

この本では、まず日本語と英語の言語感覚や発想の違いを説明しています。違いを自覚することによって、論理的な文章の書き方が少しづつわかってきます。

例えば

英語の論文は、パラグラフ・ライティングのルールにしたがう!

ことを知ると、「段落」の使い方が変わります。

段落? パラグラフ・ライティング?

英語の論文の書き方を知っていくにつれ

「段落」みたいなふわふわした文章の固まりを使って論文を書かない!論文を書くのであれば「パラグラフ」という厳密な文章の固まりを使って書く!

ことを意識するようになります。英語の論文の書き方を知っていくうちに、日本語の論文の書き方も変わっていくのではないでしょうか。

パラグラフ・ライティングで論理的な文章を書こう!
パラグラフ・ライティングは、論理的な文章に向いたライティング方法です。パラグラフ・ライティングでは、パラグラフを一つの単位として文全体を構成します。パラグラフの形は段落と似ていますが、パラグラフ内に記述するトピックの扱いが厳密なことに注意しましょう。

まとめ

大学院では、研究に関する論文を数多く書くことになります。修士論文や博士論文をはじめ、博士号を取得するために必要な投稿論文など、多くの論文を執筆しなければなりません。

修士論文や博士論文は指導教官や主査・副査に、また、投稿論文は査読者に審査されます。審査を通すためには、なるべく早い段階で論文形式の文章を書くスキルを身につけておくことをお勧めします。

そのために、ライティングセンターや図書館にある本などを活用しましょう。また、大学院では、英語の論文に接する機会が増えます。英語の論文のロジックの組み立て方を知ることによって、日本語の論文も論理的な文章の書き方に変わっていくのではないでしょうか。


社会人生活を送りながら大学院で論文(論理的な文章)を書くことは、本当に大変でした。大学院に進学する前に「論理的な文章を書く方法」を身につけておきたかったです!

タイトルとURLをコピーしました