ライティング

ライティング

レポートや卒業論文の推敲は、忘れた頃がお勧め

レポートや卒業論文を書き終えたら推敲しましょう。効果的に推敲するために、書いた文章をいったん忘れるくらい時間をおいてから読み直します。書いた直後は、まだ、文章の中身を覚えているため、無意識のうちに書かれている内容を補填してしまうからです。
ライティング

大学でレポートや卒論を書くとき:カタカナ表記と漢字表記

大学でレポートや卒論を書くときには、ひらがなやカタカナ、漢字を適切に使い分けましょう。カタカナ語は漢字表記に言い換えることができないか検討し、どうしてもカタカナを使用しなければならないときは、そのカタカナが指し示す意味を説明してから使いましょう。
ライティング

大学でレポートや卒論を書くとき:省略語(頭字語)を使うとき

大学のレポートや卒業論文で省略語(頭字語)を使うときは、書き手と読み手の間で誤解が生じないよう、語句の指し示す意味をきちんと説明してから使うようにしましょう。例えば、「GPA」と聞くと何を思い浮かべますか?
ライティング

大学でレポートや卒論を書くときは、短文を積み上げて記述しよう!

大学でレポートや卒業論文を書くときは、言いたいことを明確に記述した短文を積み上げるライティング方法をお勧めします。意識的に一つの文を短く書き、その短い文をつなぎ合わせていきます。専門的で難しい内容の文章を書くときほど、読みやすくなるよう工夫します。
ライティング

大学の図書館や大学が契約している有料データベースの活用

大学図書館は、専門書を扱っているだけではなく、さまざまな学生向けのサービスも提供しています。大学図書館の蔵書検索システムや大学が契約しているデータベースなど、早いうちに確認しておきましょう。卒論や修論、レポート課題を書くときに役立ちます。
ライティング

序論・本論・結論の構成で自分の意見を主張するとは?

序論・本論・結論のような構成で文章を書けば論文になるというわけではありません。論文で大事なことは自分の主張です。報告書などとは異なり、主張が明確に示されている!主張を支える根拠が明確に示されている!主張に対する結果が明確に示されている!ことが重要です。
ライティング

レポート課題を論文形式で書くときには主張と根拠を明確に示そう

大学でレポートを書くとき、論文形式の文章の書き方にチャレンジしてみましょう。論文形式の文章とは、何かについて論じる文章です。そのため、自分の主張や、その主張を裏付ける根拠を明確に示す必要があります。「思う」や「感じる」という表現は避けた方がいいです。
ライティング

説明や根拠、具体例を書いてトピック・センテンスをきっちりサポート!

パラグラフ・ライティングは論理的な文章を書くことに適しています。パラグラフ・ライティングの特徴はトピック・センテンスにありますが、実際に読み手を納得させるにはサポート・センテンスが重要です。詳細な説明や具体例などを使い、トピックをしっかりサポートしましょう。
ライティング

パラグラフ・ライティング:トピック・センテンスはパラグラフの道しるべ

パラグラフ・ライティングは論理的な文章の執筆に向いたライティング方法です。論理的な文章には読んでいる人を納得させる力がありますから、論文執筆の場面だけでなくビジネス場面でも役立ちます。まずは、トピック・センテンスをパラグラフの冒頭に書くようにしましょう。
ライティング

パラグラフ・ライティングで論理的な文章を書こう!

パラグラフ・ライティングは、論理的な文章に向いたライティング方法です。パラグラフ・ライティングでは、パラグラフを一つの単位として文全体を構成します。パラグラフの形は段落と似ていますが、パラグラフ内に記述するトピックの扱いが厳密なことに注意しましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました