表・グラフ

表・グラフ

論文や発表の場で使用する表の体裁を整えるコツ!

研究論文や研究発表の場では積極的に表を活用しましょう。ただし、表の体裁を整えるときはPowerPointを使いましょう。計算はExcel、表の体裁はPowerPointと作業を分けることによって、Excel上にある大切なデータを守ることができます。
卒業論文

卒業論文のアドバイス 図表を入れるとき

卒業論文などで図や表を効果的に使うと、言いたいことがより伝わりやすくなります。論文に図表を載せるときは、通し番号つきのタイトルをつけ、論文内で必ず言及しなければなりません。また、引用した図表には出典元を明記するなどのルールがあります。
表・グラフ

統計データを使って円グラフとレーダーチャートを描いてみた!

さまざまな統計データのグラフ化に挑戦してみましょう。適切な統計データを見つけることができると、卒業論文などの論文を執筆するときに主張の根拠として使うことができます。ここでは、e-Stat のデータセットを使って、実際にグラフを描いていきます。
表・グラフ

公的機関の統計データを使ってグラフを描画する方法

e-stat などの公的機関が公開している統計データをダウンロードしてグラフを描いてみましょう。グラフを描いてみると、数字を見ているだけではわからなかったデータの特徴が直感的にわかるようになります。ここでは、スマートフォンと携帯電話の保有者の割合を年代別にみていきます。
表・グラフ

エクセルで描画したグラフをパワーポイントでアレンジ!

図を描いて説明した方が文字だけで説明するよりも伝えたい内容が伝わりやすくなります。ExcelのグラフにPowerPointで必要な情報を書き加えましょう。ExcelとPowerPointを適宜使い分けることによって、伝えたいことが伝わる図になります。
表・グラフ

シンプルで見やすい折れ線グラフ

エクセルのグラフ描画だけを使ってシンプルで見やすい折れ線グラフを描くことは難しいです。自分のイメージ通りのグラフを描くためにはパワーポイントを使ってグラフの仕上げ作業をします。エクセルとパワーポイントをうまく使い分けましょう。
表・グラフ

散布図を重ね合わせてみよう!

散布図は、棒グラフや円グラフよりも接する機会が少ないため難しく感じるかもしれません。でも、2つのデータの関係を検討するときに役立つグラフです。例えば、2つの散布図を重ね合わせてまとめてみると興味深い結果が見えてくることもあります。
表・グラフ

データの関係を検討したいときに役立つ散布図

散布図は、2つのデータの関係を検討したいときにとても役立つグラフですから、卒業論文や修士論文などの研究の場で使う機会は多いです。少し工夫すると、散布図を描画するだけで隠れていた関係が見えてくることもあります。積極的に活用していきましょう。
表・グラフ

論文などで使いたい、意図が伝わる円グラフ

研究論文や研究発表の場で利用するグラフは、あくまで、自分が論じたいことを伝えるために描くものです。Excelで描いたグラフをそのまま使うと、自分の意図が伝わりにくいグラフになってしまいます。少し工夫して、自分の意図が伝わりやすいグラフを描くようにしましょう。
表・グラフ

意図を伝える棒グラフ 見栄えをよくする方法

論文や発表の場で利用するグラフは、自分が伝えたいことが伝わりやすくなるよう工夫することが大切です。その際、ExcelやPowerPointの得意分野を適宜使い分けながらグラフの体裁を整えていきましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました