表・グラフ

表・グラフ

シンプルで見やすい折れ線グラフ

エクセルのグラフ描画機能だけを使って、シンプルで見やすい折れ線グラフを描くことは難しいです。グラフの書式の選択などを使ってエクセルでグラフの体裁を整えたあとはパワーポイントで作業することをお勧めします。描きたいイメージのグラフをエクセルだけで描くより簡単です。
表・グラフ

散布図を重ね合わせてみよう!

散布図は、棒グラフや円グラフよりも接する機会が少ないため、難しく感じるかもしれません。でも、2つのデータの関係を検討するときに活用したいグラフです。例えば、2つの散布図を重ね合わせてまとめてみると、興味深い結果が見えてくることもあります。
表・グラフ

研究の場で活躍する散布図 描画のコツ!

研究の場では、ある要素とある要素の関係を調べて検討したいということが多いです。散布図は、データの関係を調べるときに役立つグラフです。積極的に活用していきましょう。ただし、散布図を描くときには、関係性の何が知りたいのかを明確に把握しておくことが重要です。
表・グラフ

エクセルで描画したグラフをパワーポントでアレンジ!

グラフを描画するとき、直感的に伝えたい情報がわかるよう工夫することをお勧めします。Excelでグラフを描画してから、PowerPointを使ってグラフに必要な情報を書き加えていきます。伝えたいことが伝わりやすいグラフになります。
表・グラフ

論文などで使いたい、意図が伝わる円グラフ

研究論文や研究発表の場で利用するグラフは、あくまで、自分が論じたいことを伝えるために描くものです。Excelで描いたグラフをそのまま使うと、自分の意図が伝わりにくいグラフになってしまいます。少し工夫して、自分の意図が伝わりやすいグラフを描くようにしましょう。
表・グラフ

論文で使用する表の作成 見栄えをよくする方法

研究論文や研究発表の場で利用する表の体裁を整えていく上で大事なことは、自分が論じたい内容が伝わりやすいよう表を整えることです。ExcelやPowerPointなどのソフトウェアの得意分野を適宜使い分けて、自分が論じたい内容が伝わりやすくなるよう表を作成していきましょう。
表・グラフ

意図を伝える棒グラフ 見栄えをよくする方法

研究論文や研究発表の場で利用するグラフは、自分が論じたいことが伝わりやすくなるよう、工夫することが大切です。その際、ExcelやPowerPointの得意なことを活用しながら、見栄えを整えていきましょう。
タイトルとURLをコピーしました