論文では、主張したいことを明確に書こう!

ペンとノートのイラスト 役立ったこと

論文は、何かを主張するために書く文章

大学院に入ると、論文を書かなければなりません。

修士論文や博士論文をはじめ、学術誌に掲載してもらうための投稿論文も書きます。

 

大学院が、こんなに論文執筆に追われる場とは知らなかった…

論文を書く作業は大変?

論文を書く作業は、報告書のような文章を書き方とは違います。論文では、何かを主張し、その主張を納得させる必要があります。

 

あ〜、たしかに報告書とは違う感じがする。どこがどう違うかは、まだ、よくわからないけど!

 

たとえば、報告書は、次のようなイメージですね。

・参加した会議の様子をまとめる
・現場を視察した結果をまとめる

このような、文字通り、何かについて報告するための文章が報告書です。

ですから、報告書を書くために必要なことは、事実に基づいて丁寧に正確に書くことです。でも、論文は、違います。論文は、ある事柄について報告するのではなく、ある事柄について主張する文章です。

主張する文章? そういう文章を書いた経験ほとんどない…

確かに、日常生活でそのような文章を書く機会、少ないですね

 

大学院に進学すると、多くの論文を書かなければなりません。早い段階で、論文とはどういう書き方をするものなのか確認しておくことをお勧めします。

 


 


論文は主張する文章

まず、何かについて主張している文章とは、どのような形の文章なのか確認してみましょう。

例えば、次のような書き方をした文章は、何かについて主張している形の文章でしょうか?


論文形式の文章とは、主張、根拠、結論が明確に書かれた文章である。
以下、Aが、論文形式の文章であるかどうか検討する。

Aには、〇〇という主張が明確に示されている。
Aには、〇〇という主張の根拠が明確に示されている。
Aには、〇〇という主張に対する結論が明確に示されている。

検討の結果、Aは論文形式の文章といえる。
上記の文章、①で主張、②で根拠、③で結論 が明確に示されています。

読むと、当たり前のことを言ってるように感じる…

たしかに、当然のことだと納得させられてしまいますね!

 

つまり、上記のような書き方をすると、読み手を納得させることができるのです。

 

う〜〜〜ん、なんか、ちょっと騙されてるような感じもする…じゃぁ、論文形式でない文章は、どんな感じになるの?

 

例えば

本会議の議題は〇〇であった。
〇〇への対応について次のような3つの意見が出た。
1の意見は、△△である。
2の意見は、▲▲である。
3の意見は、□□である。
話し合いの結果、〇〇への対応は△△との結論を得た。

このような文章は、どうでしょうか?

これも、結論があるよ?

たしかに、結論がありますね

でも、この結論は、話し合いの結果にすぎません。あくまで、この文章は、本会議の議題に対する話し合いの結果を報告する文章です。何らかの主張をして、その主張に対する結論が書かれた文章ではありません。

 

あっ! 確かに、主張がない!

 

論文は、何かを主張するために書く文章です。

そのためには

① 主張を明確に
② 主張を支える根拠を明確に
③ 主張に対する結論を明確に

示す必要があります。

 


論文を書く前に、まず、読む!

論文の書き方を身につけるのは大変です。なるべく時間をかけずに身につけるためには、多くの論文を読みながら、書き方のコツをつかんでいくことをお勧めします。

論文なら、読んでるよ!

論文を読むときに、その論文がどのような書き方をしているか意識して読むことがポイントです!

 

論文には、読みやすい論文と読みにくい論文があります。読みやすい論文は論文の形式に則って書かれているはずです。論文を読みながら、読みやすい論文の書き方を身につけていきましょう。

 

読みやすい論文の書き方を参考にするわけだ!

書き方がどうなっているかを少し意識して読むだけで、見えてくるものがあると思いますよ!

 

修士論文や博士論文を執筆するためには多くの論文を読まなければなりません。ですから、先行研究等の論文を読みながら、論文を書くコツもつかんでいきましょう。

たとえば

・読んでいる論文の主張はどこにどんな風に書かれているか
・主張の根拠はどこにどんな風に書かれているか
・主張の結論はどこにどんな風に書かれているか

などを意識しながら論文を読むことをお勧めします。

 

今は、Google Scholarを使って論文を検索することも簡単です。

最近は、無料公開されている論文も多いね!

ただし、お金を払わないと読めない論文もあります。そのようなときは、大学図書館の蔵書検索システムも積極的に活用しましょう。大学がまとめてお金を払い、学生が論文を無料で読めるようにしてくれています。

論文を書く前に、まずは、多くの論文を読んで、論文を書くコツを身につけることをお勧めします。

 


 


まとめ

大学院に進学すると多くの論文を書かなければなりませんから、早い段階で、論文とはどういう書き方をするものなのか確認しておくことをお勧めします。

論文は何かについて主張する文章ですから

① 主張を明確に示す
② 主張を支える根拠を明確に示す
③ 主張に対する結論を明確に示す

必要があります。

書き方のコツをつかむことは大変です。まずは、読んでいる論文が、どのような書き方をしているか意識して読んでみましょう。多くの論文を読んでいるうちに、書き方のコツがわかってくるかもしれません。つかんだコツが、修士論文や博士論文を執筆するときに役立つといいですね。

 


 


 

論文って、世の中にた〜くさんあるんだよね!大学院に進学するまで、こんなにたくさんあるとは思わなかったよ…

 


 


 

タイトルとURLをコピーしました