序論・本論・結論の構成で自分の意見を主張する書き方とは?

序論本論結論の構成で自分の意見を主張する書き方を表現した図 ライティング

自分の主張を伝えるために 序論・本論・結論 で書く

自分の意見を論理的に書いて他者に伝える文章 「論文」 は、序論・本論・結論の構成で書きます。大事なことは、自分の意見を論理的に書くことで、決して、序論・本論・結論のような形で文章を書けば「論文」になるわけではないことに注意しましょう。

形より、中身が大切です!

「論文」は、自分の意見が大切ってこと?

「論文」とよぶためには、そこに自分の意見が書かれている必要があります。たとえば、自分の意見が書かれていない報告書のような類の文章は「論文」ではありません。「論文」には、自分の意見、つまり、何かしらの主張が必要です。その主張を他者に納得させるために、序論・本論・結論という構成で書きます。

論文と報告書の違いは、主張があるかないかってこと?

論文では、自分の意見を主張して他者に納得してもらうことが重要ですが、報告書は事実を正確に伝えることが重要です。

自分の意見を主張する文章なんてほとんど書いことがないから、難しい!

自分の意見を主張し、さらに、それを納得させる文章の書き方を確認してみましょう!


自分の意見を主張し、納得してもらう文章

論文は、ある事柄について報告するのではなく、ある事柄について主張する文章です。例えば、次のような書き方をした文章は、何かについて主張し、それを納得させる文章でしょうか?

①(序論)
論文形式の文章とは、主張、根拠、結論が明確に書かれた文章である。
以下、Xが、論文形式の文章であるかどうか検討する。
②(本論)
Xには、〇〇という主張が明確に示されている。
Xには、〇〇という主張の根拠が明確に示されている。
Xには、〇〇という主張に対する結論が明確に示されている。
③(結論)
検討の結果、Xは論文形式の文章といえる。
上記の文章、①で主張、②で根拠、③で結果が明確に示されています。

読むと、当たり前のことを言ってるように感じる…

当然のことだと納得させられてしまいます!

つまり、上記のような書き方をすると、読み手を納得させることができるのです。

① 序論で主張を明確に示す
② 本論で主張を支える根拠を明確に示す
③ 結論で主張に対する結果を明確に示す

 

う〜〜〜ん、なんか、ちょっと騙されてるような感じもする…じゃぁ、論文形式でない文章は、どんな感じになるの?


自分の意見の主張がない文章

たとえば、報告書では「いつ、どこで行われたか、また、誰が参加したか」や「報告する内容を簡潔にまとめた文章」が最初に書かれます。それに続いて「報告すべき具体的な内容」が書かれ、最後に、報告内容をまとめます。

報告書の書き方を表現した図

上の文章、なんとなく、序論と本論と結論があるように見える!

たしかに、Aまでが序論で、a1,a2,a3が本論で、A’が結論ぽいですね!

でも、Aで書かれている概要は、報告する内容を簡潔な文章で書いただけで、自分の主張が書かれているわけではありません。a1,a2,a3も、報告内容を列挙しているだけです。A’も何かしらの主張に対する結果(答え)ではありません。

論文は、自分の意見を主張し、それを他者に納得してもらうために序論・本論・結論の形で書くことに注意しましょう。


論文を読んで書き方のコツを掴もう

論文の書き方を身につけるのは大変です。なるべく時間をかけずに身につけるためには、多くの論文を読みながら、書き方のコツをつかんでいくことをお勧めします。

論文なら、読んでるよ!

論文を読むときに、その論文がどのような書き方をしているか意識して読むことがポイントです!

序論本論結論の構成で自分の意見を主張する書き方を表現した図

論文を読んでいて「読みやすいな!」と感じた文章があったら、その論文の書き方を確認してみましょう。たとえば

・読んでいる論文のテーマAは何か
・テーマAの背景Bはどのように書かれているか
・テーマAについて言いたいこと、つまり、主張Cはどのように書かれているか
・主張Cに対する根拠はどこにどのように書かれているか
・言いたかったこと、つまり、主張の結果は何か

などを意識しながら読みます。

今は、Google Scholarを使って論文を検索することも簡単です。

最近は、無料公開されている論文も多いね!

ただし、お金を払わないと読めない論文もありますから、大学図書館の蔵書検索システムなども活用してみましょう。学生ならば論文を無料で読めるケースは多いです。

論文を書く前に、まずは多くの論文を読んで、論文を書くコツを身につけることをお勧めします。

スポンサーリンク

まとめ

自分の主張を論理的に書く文章である「論文」は、序論・本論・結論の形で書きます。ただし、序論・本論・結論のような形で文章を書きさえすれば論文になる、というわけではありません。論文では、自分の意見を主張し、その主張を他者に納得させることが重要です。多くの論文を読んで、論文の書き方のコツを掴みましょう。


 

論文って、世の中に信じられないほどたくさん存在しています。大学院に進学するまで、こんなにたくさんの論文があるなんて知りませんでした!

タイトルとURLをコピーしました