大学生活

ライティング

自分の意見を論理的に伝えたいときの文章構成は、序論・本論・結論

序論・本論・結論の構成で書けば論文になるというわけではありません。論文で大事なことは自分の意見(論文で伝えたい主張)です。主張を明確にする!主張の根拠を明確にする!主張に対する結果を明確にする!、そのために、序論・本論・結論の構成で書きましょう。
ライティング

大学のレポート課題を論文形式で書くときは、主張と根拠を明確に!

大学でレポートを書くときには、主張と根拠が明確な論文形式の文章を書くことをお勧めします。論文形式の文章では、自分の主張を明確にし、その主張を支えるための具体的根拠を記述する必要があります。そのため、「思う」や「感じる」などの表現は避けましょう。
ライティング

大学のレポートは、序論・本論・結論の構成で書く

大学のレポートは、序論・本論・結論の構成で書きましょう。ここでは、2000字程度のレポートを例に挙げながら、レポートの書き方の基本的なことを説明しています。何かについて論じる、何かについて主張するという類の文章は、序論・本論・結論の形で書きましょう。
ライティング

根拠や具体例を記述したサポート・センテンスでトピック・センテンスを支えよう!

パラグラフ・ライティングの特徴はトピック・センテンスにありますが、実際に読み手を納得させるにはサポート・センテンスが重要です。より詳細に、より具体的にサポート・センテンスを書くようにしましょう。図や表、グラフ、写真などを使ってもいいですね。
ライティング

トピック・センテンスはパラグラフの冒頭へ!

パラグラフ・ライティングは論理的な文章の執筆に向いたライティング方法です。論理的な文章には読んでいる人を納得させる力がありますから、論文執筆だけでなくビジネス場面でも役立ちます。まずは、トピック・センテンスをパラグラフの冒頭に書くようにしましょう。
ライティング

パラグラフ・ライティングで論理的な文章を書こう

パラグラフ・ライティングは、論理的な文章執筆に適したライティング方法です。パラグラフを一つの単位として文章全体を構成していきます。パラグラフの形は段落と似ていますが、パラグラフ内に記述するトピックの扱いは厳密です。厳密ゆえに、論理的な文章作成に向いています。
情報リテラシー

統計的な情報を使ってレポートや卒業論文を書いてみよう!

大学でレポートや卒業論文を書くときに統計的な情報を活用すると、主張に対する根拠が明確になります。統計的な情報は、図書館にある白書や年鑑で手に入れることができます。ただし、今は、ネット上にも多くの統計的資料が公開されています。探してみましょう。
情報リテラシー

図書館の蔵書検索システム OPAC 検索のコツ

大学でレポートや卒業論文を書くときには、ネット上の情報だけに頼らず、大学図書館の本や資料を活用しましょう。大学図書館には学生向けの専門書が数多く並んでいます。しかも、無料です。ただし、蔵書検索システムOPACで検索するときにはちょっとコツが必要です。
情報リテラシー

ネット検索で欲しい情報を見つけ出すコツ AND、NOT、OR 

大学でレポートや卒業論文を書くときには先行研究を調べて参考文献を探す必要があります。欲しい情報を手に入れるためには複数のキーワードを使い、AND、NOT、ORを適宜組み合わせて検索しましょう。少し工夫するだけで、検索される情報の量や質が変わります。
情報リテラシー

卒業論文や修士論文、プレゼン資料などをPDFに変換する方法(Mac)

大学で卒論や修論、プレゼン資料などを提出するとき、PDFで提出するよう指示されることがあります。MacのPagesやKeynoteで作成したファイルをPDF化すれば、Macがなくても閲覧可能になるからです。PRINT→PDFで変換しましょう。
タイトルとURLをコピーしました