卒業論文

卒業論文

卒業論文のアドバイス 写真を入れるとき

卒業論文で写真を使うときは、その写真に通し番号つきのタイトルをつけ、論文内でその写真について必ず言及します。また、引用した写真であれば、写真の出典元を必ず明記しましょう。写真に人が写っている場合は、肖像権にも注意する必要があります。
卒業論文

卒業論文のアドバイス:自分の論文を要約する

自分が書いた卒業論文を要約するときは、論文全体のあらすじを書くのではなく、論文のポイントである問いと答えと根拠を簡潔にまとめましょう。卒業論文全体が序論・本論・結論の構成で書かれていれば、序論に問いが、本論に根拠が、結論に答えが書かれているはずです!
卒業論文

卒業論文のアドバイス:タイトル(題目)のつけ方

卒業論文を書き終えたら、タイトル(題目)をつけます。所属しているゼミ(研究室)の先輩のタイトルのつけ方を参考にするといいかもしれません。自分らしいタイトルをつけたいときは、自分の卒業論文からキーワードをピックアップし、それをタイトルに入れます。
卒業論文

卒業論文やレポート課題の構成:序論 本論 結論

大学で書く卒論やレポート課題は、序論・本論・結論で書きましょう。まず、序論に、論じるテーマやテーマの背景、論じたいこと(主張)を書きます。特に卒論では、論じるテーマについて詳細に説明する必要があります。本論には、序論で示した主張の根拠を書きます。
卒業論文

卒業論文のアドバイス 図表を入れるとき

卒業論文などで図表を使うと、言いたいことがより伝わりやすくなります。論文に図表を載せるときは、通し番号つきのタイトルを表は上に、図は下につけます。また、載せた図表について論文内で必ず言及しましょう。図表を引用したときは出典元を明記します。
卒業論文

卒業論文の要旨(概要書) 書き方の例

卒論の要旨とは、卒論全体で書かれている内容を簡潔にまとめた概要書のことです。ここでは、1ページにまとめた要旨を例にあげて説明しています。ただし、大学や学部、所属ゼミ(研究室)によっては要旨の書き方が決まっている場合がありますので、必ず確認しましょう。
卒業論文

卒業論文はパラグラフ・ライティングで書こう:トピック・センテンス

論文形式の文章を書くときはトピック・センテンス(パラグラフの要約文)をパラグラフの先頭に置きましょう。そうすると、パラグラフ内に書かれている内容を読み手は把握しやすくなります。また、トピック・センテンスを読むだけで卒論全体の内容を把握することもできます。
卒業論文

卒業論文を論理的に書くための方法:パラグラフ・ライティング

卒業論文など、論文形式の文章を書くときにはパラグラフ・ライティングを使いましょう。パラグラフは、段落とは異なり、パラグラフ内で取り上げるトピック(話題)の扱いが厳密です。1つのパラグラフの中に1つのトピックのみ書きますから、論文形式の文章に向いています。
卒業論文

卒業論文執筆へのアドバイス 序論・本論・結論

卒業論文など論文形式の文章は、序論で論じる目的を明確に示すことが大切です。自分は何を論じたいのか、何を主張したくて論文を書いているのか、そこをはっきりさせましょう。序論で論文のゴールがはっきりすれば、あとは、ゴールに向かって本論と結論を記述するだけです。
卒業論文

卒業論文で参考にした文献の一覧表:参考文献リスト

卒業論文を書き終えたら参考文献リストを論文末尾に載せます。参考文献リストは一定のルールにしたがって書く必要があります。参考文献リストを見ただけでその文献を探し出すことができるよう、また、剽窃を疑われることがないよう、参考文献リストは必ず書きましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました