どのような学会誌に論文を投稿すればいいかわからないとき

学術雑誌に論文を投稿するための最初の一歩を表現した図 学会誌に投稿

論文を投稿する学会の選び方

大学院に進学したら、論文を書いて学会誌に投稿するよう言われました。それまで、学会などとは縁のない社会人生活を送っていましたので、何をどうすればいいか見当がつきませんでした。

何も、知らないで進学したんだ!

社会人のみを対象とした大学院ではなく、現役の学生さんと一緒に学ぶ研究室でしたから、当然といえば当然なのかもしれません。でも、正直、焦りました!

博士の学位を取得するためには、学会で発表したり学会誌に論文を投稿したりする必要があります。まずは「学会とは何か?」「 どんな学会があるのか?」そこから調べました。


自分の研究内容に合った学会はどこだ?

自分の研究内容に合った学会を見つけ出すため、とりあえず、どんな学会があるかネットで検索してみました。すると、想像以上にたくさんの学会がありました。

老舗学会、新興学会、謎の学会、ほんとうに多種多様の学会があります!

謎の学会?

具体的名称は書けませんが、自分にとっては「かなり謎!」の研究をしている学会でした…

学会というものが想像以上にたくさんあることがわかり、闇雲に検索することはやめました。

スポンサーリンク

指導教員や先輩大学院生に相談

まずは、研究室の指導教員や先輩大学院生が所属している学会を紹介してもらいました。

どんぴしゃりではないかもしれませんが、候補にはなります!

これまでに参考にした論文を発行している学会

次に、研究計画を立てるときに参考にした論文を発行している学会を調べました。研究計画を立てるために参考にした論文を発行している学会ですから、自分の研究内容と関連しているはずです。

ウェブサイトで学会の活動状況や会費を確認

ある程度、学会の候補を絞ることができたら、学会のウェブサイトを確認します。ウェブサイトには、活動内容の詳細や大会・シンポジウムの開催状況等が載っています。また、理事や運営委員などもウェブサイト上で紹介されていますので、参考にした論文の著者の名前があるかもしれません。

また、会員になるためには、入会金や会費が必要です。学生向けに、会費等、低い価格が設定されているかどうかもウェブサイトで調べました。

学会誌のインパクトファクターを確認

さらに、発行している学会誌のインパクトファクターを確認します。インパクトファクターは、自然科学や社会科学分野で、学術誌の影響力を指し示す指標の1つです。

研究会やシンポジウムに参加

研究会やシンポジウムなどを開催している学会も多いです。学会入会前でも参加できるものがありますから、興味ある研究会やシンポジウム等を見つけたら参加して、様子をみます。


以下が、学会探しで行ったことです。

・研究室の指導教員や先輩大学院生に相談
・これまでに参考とした論文を発行している学会をピックアップ
・学会のウェブサイトを確認
・学術誌のインパクトファクターを確認
・研究会やシンポジウムに参加

まとめ

大学院で博士の学位を取得するためには、学会で研究発表をしたり、学会が発行している学術誌に論文を投稿して採録を目指す必要があります。そのため、自分の研究内容に合った学会を見つけることは重要です。
学術の世界とまったく縁のない社会人生活を送ってきた自分にとって、学会選びは本当に大変でしたが、ここで紹介した方法で、無事に学会を見つけることができました。よろしければ、参考にしてみてください。

学会探しをして、多種多様な学会が世の中にあるという事実に、心底、驚きました!

タイトルとURLをコピーしました