学術論文に投稿するときの査読って?

査読の壁の画像 論文を投稿

学術論文に投稿するときの査読って?

「査読」って、一般の人には馴染みのうすい言葉ですよね。でも、大学院に進学したら、あちこちで耳にする言葉です。

私自身も「査読」という言葉は、学会誌に論文を投稿した時、初めて知りました。

学会誌に論文を掲載してもらうためには、「査読」に通る必要があります。

 

えっ? 論文て、投稿すれば掲載してくれるんじゃないの?

残念ながら、そんなに簡単に掲載してくれません

査読の壁が立ちはだかるのです。

査読の壁!

一般の人にとっては

博士号は、博士論文を執筆して審査会で合格すれば取得できる

もののようなイメージだと思います。

実は、私も、そんなイメージで大学院に進学しました

でも、実際は、博士論文の執筆に取り掛かることができるようになるまで大変でした。多くの条件をクリアしないと、博士論文の執筆に取り掛かることもできないのです。その多くの条件の1つが査読の壁でした。

査読の壁!


 

論文を公表学術論文に掲載するときの壁

私の場合、博士学位論文を執筆するためには、研究業績として公表学術論文が2編以上あることが条件でした。

なぜなら、博士学位論文を提出してそれが合格するかしないかという問題の前に、博士学位論文に取りかかっていいかどうかというチェックがありました。

書いていいかどうかチェックされるんだ!

はい!いろんなチェックをクリアしないと書かせてもらえないんです

チェックの1つが

第一著者として公表学術論文に論文が2編以上公表されていること

でした。

うん?公表学術論文ってなんだろう

 

公表学術論文 とは、日本学術会議に登録された学会が発行する審査規定が明記された学会誌に掲載された論文、およびそれに準ずる論文、または、海外において第三者審査委員が明記されている学会誌・学術雑誌に掲載された論文を指す

人間科学研究科 研究科要項 2015年度版より

 

審査規定? 第三者審査委員? う〜〜〜ん、よくわからない

すごく簡単にいうと

論文を掲載したいのであれば規定の厳しい審査を受けてそれに合格しないとダメです

でしょうか。

そして

投稿した論文が学会誌に掲載するだけの合格水準に達しているかどうかを審査するために論文を読むこと

これを、学術の世界で「査読」とよびます。

この査読に合格しなければ、審査規定が明記された学会誌に論文を掲載できません。掲載されないと、博士学位論文を執筆できません。

なるほど、査読の壁だ!


 

査読の結果

査読とは、掲載したい学会誌に投稿した論文をその分野の専門家が読んで論文の中身を査定することですから、査読の壁を突破することは大変です。もちろん、あっさり査読に通ってしまうこともありますが、そういうケースは少ないと思います。

じゃあ、査読の壁ってどうやって突破するの?

査読の結界には何パターンかあります。一般的に、以下のようなパターンです。

【accept】
論文をそのまま受理します。

つまり「論文をこのまま受け付けるね!」ってことだね

【minor revision】
若干、修正の必要があります。
正しく修正されれば掲載してもいいです。

これは「ちょっと修正する箇所あるから指摘するね。指摘にきちんと対応してくれれば論文受付けるよ!」ってことだ

【major revision】
大幅な修正の必要があります。
著者による修正後、再度査読しますが、修正後の査読次第で結果が変わります。

これは「いっぱい修正箇所指摘したから頑張って修正してね。うまくいけば受理の可能性あるけど下手したらダメかも…」だね

【reject】
掲載を拒否します。

「残念、またね!ご検討をお祈り致します」だ…

そんなイメージです

acceptならば、何の問題もありません。
rejectならば、残念ながら出直しです。
頑張りどころは、minor revisionやmajor revisionのときですね。

せっかく
「ここがよくわからないから直してください」とか「これに関して丁寧な説明を求めます」
などの壁を突破する方法を示してくれているのですから、そのチャンスを逃さないようにしましょう!

査読の壁を突破する鍵は、revisionにあるんだね

査読の壁を突破できるかどうかは、自分の論文をいかにより良い形に修正できるかどうかにかかっています。revisionと指摘された内容を精査し、査読の壁を突破していきましょう。

 



まとめ

博士論文を執筆するためには、多くの条件をクリアする必要があります。その条件の1つが研究業績として公表学術論文が2編以上あるなどです。公表学術論文に自分の論文を掲載してもらうためには査読の壁を突破しなければなりません。

この査読の壁を突破できるかどうかは、自分の論文をいかにより良い形に修正できるかどうかにかかっています。revisionと指摘された内容を精査し、査読の壁を突破しましょう。

 

査読は関所みたいなものかなぁ。きっと関所の向こうに道が続いているはず…


 


 

タイトルとURLをコピーしました