学術誌への投稿論文の前に立ちはだかる「査読の壁」

査読の壁とその査読の壁を見上げる人を描いた図 論文投稿

そもそも、査読を通すってどういうこと?

「査読」って、一般の人には馴染みのうすい言葉ですよね。でも、大学院に進学して博士号取得をめざす大学院生にとっては、とても重い言葉です。なぜなら「査読を通す」ことにとても苦労するからです。

大学院に進学して博士号を取得するためには、博士論文を執筆して博士論文審査会で合格しなければなりません。ただし、博士論文を執筆するためには研究業績が必要です。この、研究業績として必須とされているものが公表学術論文です。

「博士論文を執筆するために公表学術論文をゲットしたい!」とはいえ、そのためには「査読の壁」を突破する必要があるのです。


公表学術論文の前に立ちはだかる「査読の壁」

博士論文を執筆するためには研究業績が必要です。この研究業績を得るためには、学術論文誌に論文を投稿し、査読の壁を突破して、投稿論文を公表学術論文として認めてもらわなければなりません。

う〜〜〜ん、公表学術論文が何なのか、よくわからない!

公表学術論文 とは、日本学術会議に登録された学会が発行する審査規定が明記された学会誌に掲載された論文、およびそれに準ずる論文、または、海外において第三者審査委員が明記されている学会誌・学術雑誌に掲載された論文を指す

人間科学研究科 研究科要項 2015年度版より

審査規定? 第三者審査委員? まだ、よくわからない

簡便な表現に意訳すると

自分が書いた論文を、日本または海外のそれなりの学会誌に掲載してね!掲載するためにはかなり厳しい審査を受けて合格する必要があるよ!

でしょうか。このかなり厳しい審査を受けて合格することが査読を通すということです。

学会誌側で選出した専門家が「学会誌に掲載できるレベルに達しているかどうか、投稿論文を読んで審査する」ことが査読ですから、査読を通すのは簡単ではありません。

だから、査読の壁か!

投稿した論文が「査読の壁」を突破しないと公表学術論文とはなりません。公表学術論文がないと、博士論文の執筆を始めることすらできません。私の場合、博士論文を執筆するためには、最低条件として、研究業績となる公表学術論文が2編以上ある、でした。

大学によって多少事情は異なるかもしれません。でも、博士論文を執筆するためには、何かしらの研究業績は求められるはずです。

博士論文を執筆する前に、多くの執筆条件をクリアする必要があります。その条件の1つが、研究業績として認められる公表学術論文です。そして、公表学術論文として認められるためには、学術誌に投稿した論文が査読に通る必要があるのです。


査読結果のパターン

査読とは、投稿論文をその分野の専門家が読んで中身を審査することです。査読するのは、該当分野の専門家ですから「査読の壁」を突破することは大変です。あっさり査読を通ってしまうケース(accept)もありますが、大学院生の場合、そういうケースは少ないでしょう。

査読の結果には何パターンかあります。一般的には、以下のようなパターンです。この中で 査読の壁を突破する頑張りどころは、査読結果がmajor revisionになったとき です。

査読結果の4パターンを説明した図

accept】論文をそのまま受理して掲載します。

つまり「論文をこのままの状態で受け付けます」だね!

minor revision】若干、修正の必要があります。正しく修正されれば受理してもいいです。

これは「ちょっと修正してほしい箇所があるから指摘しますね。適切に対応してくれれば論文を受け付けます」ってことだ!

major revision】大幅に修正する必要があります。著者による修正後、再度、査読はしますが、受理するかどうかは修正後の論文の査読結果次第です。

これは「いっぱい修正箇所指摘したから頑張って修正してね。うまくいけば受理の可能性あるけど下手したらダメかも…」かな?

reject】掲載を拒否します。

「ご縁がなかったということで!ご検討をお祈り致します」っていうやつだ…

簡単にまとめると

・acceptならば、万々歳!
・rejectならば、仕切り直し!
・minor revisionならば、指摘箇所を修正!
・major revisionのときは、とにかく頑張れ!

です。


査読結果が major revision のとき

頑張りどころの major revision では、多くの指摘がなされています。

major revisionの場合、「ここがよくわからないから、わかるように直してください」とか「これに関して、より丁寧な説明を求めます」など、自分の書いた論文の問題箇所がたくさん指摘されます。もしかしたら、論文の根幹をなす部分への指摘があるかもしれません。そのため、修正には手間がかかります。でも、論文を適切に修正すれば査読の壁を突破できる可能性があります。このチャンスを逃さないようにしましょう!

査読の壁を突破する鍵は、major revisionにあるんだね

査読の流れについては、ここでも説明しています。興味のある方は、参考にしてみてください。

学術誌への論文投稿 査読から採録への流れ
「学術誌に自分の論文が採択されるか、されないか」は、研究業績に大きく関わってきます。ここでは、学術誌に論文を投稿し、査読結果を受け取って修正、そして再投稿、採録までの流れを説明しています。査読結果をもとに論文を修正する作業は大変ですが、適切に修正できれば採録の可能性があります。

査読結果がmajor revisionのときは、自分の投稿論文をより良い形に修正できるチャンスです。指摘された内容を精査して「査読の壁」を突破していきましょう!

スポンサーリンク

まとめ

大学院生にとって「査読を通す」という言葉には、重い意味があります。特に、博士号取得をめざす大学院生にとっては、とても重い言葉です。なぜなら、博士論文を執筆するためには研究業績が必要で、この研究業績を得るためには、学術論文誌に論文を投稿し、査読の壁を突破して、投稿論文を公表学術論文として認めてもらわなければならないからです。

査読の壁を突破する頑張りどころは、査読結果がmajor revisionとなったときです。査読結果がmajor revisionとなった論文を修正する作業は大変です。でも、自分の論文をより良い形に修正できるチャンスでもあります。

指摘された内容を精査して、査読の壁を突破していきましょう。


 

大学院に入るまで「査読」なんて言葉、ホント知りませんでした。はじめて論文を投稿した時につけられた査読結果を見て、その量と質に茫然自失となりました!

タイトルとURLをコピーしました