投稿論文の査読結果がrevision(要修正)だったときにすること

査読結果がメジャーリビジョンとマイナーリビジョンになった場合の査読の壁の高さを表した図 論文投稿

投稿論文の査読結果がrevision(要修正)のとき

大学院生が学会誌に論文を投稿して公表学術論文を得るためには、投稿した論文が査読に通らなければなりません。投稿した論文が、一発でaccept(採択)されるケースもあるかもしれません。でも、大学院生の場合は、査読結果がrevision(要修正)となるケースが多いと思います。

査読結果がrevision(要修正)となったときは、まずは、指摘された内容をしっかり読み込みましょう。それから、査読に対する回答を考えていくことをお勧めします。

投稿した論文が採録されるか、それとも不採録になるか、さらに、修正して再投稿することになるかは、以下のようになると思います。少なくとも、私の場合は以下のような流れでした。

投稿論文の査読結果が要修正となった場合の修正方法を表示した流れ図

 

まず、論文を新規投稿すると、編集委員から査読者に投稿論文が送られて査読が行われます。査読の結果は査読者から編集委員を介して著者に伝えられます。査読の結果が、不採録や採録であれば、投稿論文の修正作業はありません。でも、revision(要修正)となった場合は、投稿論文を修正することになります。そして、査読者に向けての回答文と、回答内容を反映した修正論文を再投稿します。


査読結果がrevision(要修正)となったとき

査読結果が revision(要修正)になったときは、査読者に向けての回答文と、その回答内容を反映した修正論文を再投稿します。このとき、査読者の指摘に対して丁寧に応えることが大切です

以下は、私が revision(要修正)になった時に、実際に行った作業です。

① 査読内容を丁寧に読んで、査読者が指摘していることを把握する
② 把握した査読者の指摘に対し、どのように回答するか方針を立てる
③ 回答する方針の根拠となりそうな資料や文献をさがす
④ 回答方針に則って、投稿論文の修正・補筆作業を行う
⑤ 修正前の論文と修正後の論文を比較しながら、査読者への回答文を書く

revision(要修正)になったときは、まずは、査読者が指摘している内容をきちんと把握することが大切です。指摘内容を把握した上で、どのように回答するかの方針を立て、それから、論文の修正や補筆に取り組みます。

勝手な思い込みで、査読者の指摘内容とズレた修正や補筆をしないよう気をつけましょう!

また、査読者への回答文の書き方も工夫する必要があります。特に、revision(要修正)の中でも、major revision の場合は修正箇所が多くなりますので、工夫が必要です。


minor revision と major revision

査読結果がメジャーリビジョンとマイナーリビジョンになった場合の査読の壁の高さを表した図

スポンサーリンク

minor revision

minor revision(マイナーリビジョン) とは、文字通り、それほど重大ではないが修正箇所があるという査読結果です。minor revision(マイナーリビジョン)では、指摘された箇所を適切に修正して再投稿したら採録の可能性があります。

査読の壁の高さが、かなり低いね!

例えば、図がわかりにくいなどの指摘であれば、図を見やすくするなどの工夫をします。また、主張に対する根拠が弱いなどの指摘であれば、参考となる文献を加えて根拠を補強します。

重大な修正ではありませんので、査読者への回答文も書きやすいでしょう。

major revision

major revision(メジャーリビジョン) は、文字通り、重大な修正箇所があるという査読結果です。投稿論文に対して多くの指摘がなされています。もしかしたら、投稿論文の根幹に関わるような深い指摘がなされている可能性があります。この場合は、論文の修正や補筆に手間がかかります。

査読の壁が、高い!

major revision(メジャーリビジョン)の場合、minor revision(マイナーリビジョン)と異なり、査読者の指摘に対応する作業負荷は高いです。でも、ここでしっかり対応することができたら、論文が採択(accept)される可能性があります。

そこで、まずやらなければならないことは

① 査読内容を丁寧に読んで、査読者が指摘していることを把握する

ことです。

major revision(メジャーリビジョン)の場合は、査読者の指摘内容が投稿論文の根幹に関わるような深い指摘だったりします。もしかしたら、何を指摘されているのか、すぐに理解できないかもしれません。でも、自分の論文がより良い論文に変わるチャンスでもあります。時間をかけて丁寧に査読者の指摘内容を読み込み、論文の修正や補筆に取り組みましょう。

また、修正箇所も多く、修正した内容も複雑になりますから、査読者への回答文の書き方にも工夫が必要です。回答文の書き方が、再投稿後の結果に影響するかもしれません。修正箇所がどこか、どのように修正・補筆したのかが査読者に伝わるように書き方を工夫しましょう。

回答文については、こちらでも説明してます。

査読結果が条件付き採録になったときに作成する回答文とは?
査読結果が条件付き採録(要修正)になったとき、論文それ自体を修正することはもちろん重要です。でも、修正内容を査読者に適切に伝えるために用意する回答文も重要です。査読者に負荷がかからない回答文の書き方を工夫しながら、論文を修正していくようにしましょう。

まとめ

学会誌に投稿した論文の査読結果が revision(要修正)でもどってきたら、まずは、査読者が指摘した内容を丁寧に読み込みましょう。それから、指摘内容に対して「どう回答するか!」の方針を立てます。投稿論文の修正・補筆作業は、この方針に沿って行うようにしましょう。勝手な思い込みで、査読者の指摘内容とズレた修正や補筆をしないことが大切です。

また、修正や補筆作業を終えたら、どこをどのように修正・補筆したかをわかりやすくまとめます。それが、査読者への回答文となります。

査読の流れは、専門分野や学会ごとに異なるかもしれません。でも、全体の流れはだいたいこのようなものだと思います。


 

ここに書いた内容は、あくまで私個人の経験にもとづいています。再投稿した論文が、必ずaccept(採択)されるという保証はありません!ご了承下さい。

タイトルとURLをコピーしました