査読結果が条件付き採録(要修正)になったとき:査読者への回答

査読の壁を超えてくる査読コメントとそれに応える修正論文と回答文を表現した図 学会誌に投稿

条件付き採録(要修正)となったときに必要な回答文

大学院生が学術雑誌に論文を投稿して掲載してもらうためには、査読の壁を突破しなければなりません。もしも、査読結果が採録(accept)でなくても、条件付き採録(要修正)で戻ってきたのであれば、十分、学術雑誌に掲載してもらえるチャンスはあります。

条件付き採録?

条件付きですから「投稿してくれた論文に査読コメントをつけて返すね。コメントをしっかり読んで、ちゃんと修正してくれたら採録もアリだよ!」でしょうか…

査読システムとは、掲載する論文の質を保証するためのシステムです。論文を落とすためのシステムではなく、論文を採録レベルまでアップさせるためのシステムと捉えましょう。そのため、査読者がつけた採録条件にきちんと対応したことを、査読者にわかりやすく伝えることが大切です。

でも、投稿した論文に多くの採録条件がつくと、やはり凹むよね!

査読者がつけた採録条件を全クリすれば、学術誌に採録されるのです。前向きに捉えましょう!

査読の壁から投げられる採録条件と論文のレベルアップを示す矢印を描いた図

査読結果が条件付き採録となったら、自分の論文をレベルアップするチャンスです。論文を修正し、査読者が納得する回答文を作成しましょう。

論文の修正については、こちらをどうぞ!

投稿論文の査読結果がrevision(要修正)だったとき
査読結果が revision(要修正)になったときは、査読者の指摘内容を丁寧に読み込んで回答方針を立てましょう。その回答方針に則って投稿論文の修正・補筆作業を行います。また、修正・補筆した内容を査読者に伝えるための回答文も用意しましょう。

以下では、査読者への回答について説明しています。

スポンサーリンク

論文の修正だけでなく、査読者への回答文も重要

「要修正」と言われると、論文そのものを修正することに集中してしまいがちです。もちろん、論文を修正する作業は重要ですが、査読者への回答文を作成することも重要です。査読でつけられた採録条件は査読者がつけたものですから、その査読者に対して、どこをどう修正したか説明し、納得してもらわなければなりません。

再投稿した論文をもう一度読んでもらえばいいんじゃないの?

査読システムはボランティア精神で成り立っていますから、なるべく査読者に負担がかからないよう配慮しましょう。条件付き採録の場合、論文それ自体の修正はもちろん重要ですが、修正内容が査読者にわかりやすく伝わるように回答文を作成することも重要です。

回答文と修正論文が釣り合っていることを表現した図

論文を修正することと、修正した内容を査読者に伝えること、どちらも同じくらい重要です!

回答文の書き方

査読者への回答文の書き方に明確な決まりはありません。でも、以下のような配慮をお勧めします。

必ず、すべての査読コメントに応える】
すべての査読コメントに対応することが採録の条件です。もしも、修正の必要がないと思われる査読コメントがあったとしても、そのコメントを無視することなく、修正の必要がないと判断した理由を丁寧に説明しましょう。

【査読コメントに対して適切に対応したことを査読者にきちんと伝える】
査読者に対して、どこをどう修正したかわかりやすく伝えることが大切です。査読者が回答文を見ただけで修正内容がわかるよう工夫しましょう。

たとえば、回答文を見ただけで

・この部分で指摘されたコメントはこれ!
・そのコメントへの対応はこれ!
・対応した結果の修正部分がこれ!

とわかるように工夫します。そうすれば、査読者は修正前の論文、修正後の論文、回答文をいったりきたりしながら査読結果の確認作業をする手間が省けます。修正前の論文につけたコメントがどのようなもので、そのコメントに対してどのように対応し、その結果、論文がどう修正されたのか、なるべく回答文を見ただけでわかるよう、工夫しましょう。

回答文と修正した論文の関係

実際に回答文を書いていて難しく感じたことは、回答文と修正した論文の関係をわかりやすく説明することです。

以下は、回答文の記述内容と修正した論文、相互の関係を伝えるために私が工夫したことです。

・回答文に修正後の論文のページや行を明示する
・修正後の論文の修正箇所のテキストの色を変える
・修正後の論文で使用しているソフトウェアのコメント機能を利用する

他にも、工夫する方法はいろいろとあります。回答文と修正した論文の関係がわかりやすくなるよう、できるだけ工夫しましょう。

査読者に負荷がかからない回答文の書き方は、査読の壁を越える重要なポイントとなります。

スポンサーリンク

まとめ

大学院生が学術雑誌に論文を投稿して掲載してもらうためには、査読の壁を突破しなければなりません。査読結果が条件付き採録(要修正)で戻ってきたときは、学術雑誌に掲載してもらえるチャンスと捉えましょう。たとえ、投稿した論文に多くの採録条件(要修正)がつけられていたとしても、落ち込むことなく、自分の論文をレベルアップしていきます。

また、条件付き採録(要修正)となった場合、論文それ自体を修正することは当然ですが、修正内容が査読者にわかりやすく伝わるよう、回答文を工夫することも大切です。回答文を作成するときは、査読者になるべく負荷がかからないよう、回答文の書き方を工夫しましょう。


査読者は、自分が気合を入れて書いた論文を最初に読んでくれる人です。しかも、論文を隅々まで読んで、レベルアップのための助言までしてくれるわけですから、まずは、感謝ですね。

タイトルとURLをコピーしました