図書館の蔵書検索システム OPAC 検索のコツ

早稲田大学中央図書館の外観 情報リテラシー

大学の図書館で蔵書を検索するときは正確なキーワードを使おう

大学でレポートや卒業論文を書くときには、インターネット上の情報だけに頼らず、大学図書館にある本や資料を活用しましょう。

大学でレポートや卒業論文を書くためには、専門的な内容が書かれた本や資料が必要になります。ネットを使うと多くの情報を検索できますが、本や資料の中に書かれている専門的な内容など、検索できないものもまだ多いです。また、インターネット上にある情報量が膨大すぎて、適切な情報を手に入れるためには情報を検索する能力も必要です。

大学の図書館に並んでいる本や資料は、大学での学びに必要であろうと専門家が考えて蔵書したものです。大学でレポートや卒業論文を書くときには、すでに専門家が選んでくれた本や資料を活用しましょう。その方が効率的です。

自分で探すよりも、明らかにコスパいいですよね!

でも、大学図書館ってなんとなく敷居が高いなぁ…

難しい専門書ばかりが並んでいるわけではありません。大学図書館には、新聞や雑誌なども置かれていますし、今では、パソコンが使えるスペースなども用意されています。大学でレポートや卒業論文を書くときには、大学図書館を活用しましょう。ただし、大学図書館を利用するときには、蔵書検索システム(OPAC)を使いこなす必要があります。

この 蔵書検索システム(OPAC)を使うときは、正確な書誌情報(本のタイトルや著者名など)を入力することをお勧めします。蔵書検索システム(OPAC)は、本のタイトルや著者名などで検索すると威力を発揮するシステムだからです。

スポンサーリンク

オンライン蔵書目録(OPAC)で検索

OPAC とは、Online Public Access Catalog の略です。大学図書館などを利用する人のために、所蔵している本や資料などの情報を電子化し、パソコンなどを使って検索できるようにしています。オンラインで利用できる蔵書目録は、多くの公共図書館でも導入されています。

ただし、この OPAC 、大学によって名称が異なります。たとえば

早稲田大学はWINE、慶應義塾大学はKOSMOS、中央大学はCHOIS、同志社大学はDOORS、…

などです。

この蔵書検索システム、使いこなすにはコツが必要です!

えっ?本を検索するなんて簡単だよね?

蔵書検索システムの検索キーワードは正確に!

蔵書検索システムを使って必要な本や資料を探すときは、検索キーワードを正確に入力しましょう。曖昧なキーワードを入力すると、意図した内容とは異なる検索結果が出てきてしまいます。

「東京ディズニーランド」を「東京デズニーランド」と入力すると、意図に反した資料がズラッと検索されるか、もしくは、該当する資料はありません!になる可能性が高いです

Googleなどを使って検索するときは、曖昧なキーワードを使って検索しても、それなりの結果が返ってきます。

間違えたキーワードを入力しても「もしかして?」って、察してくれるよね!「東京デズニーランド」でも「東京ディズニーランド」が出てきそう…

蔵書検索システムを使って必要な本や資料を探すときは、曖昧なキーワードではなく正確なキーワードを入力しましょう。

正確な検索キーワードを入手する!

蔵書検索システム(OPAC)は、本の基本的情報(書誌情報)を集めたデータベースです。そのため、本の書誌情報に書かれているキーワードをそのまま使って検索すると威力を発揮します。

まずは、正確な書誌情報(本のタイトルや著者名など)を手に入れましょう。

どうやって?

もしも、曖昧なキーワードしか浮かばないときは、Google検索などを使って該当しそうな本や資料を検索します。検索結果の中に興味あるものが見つかったら、その書誌情報(本のタイトルや著者名など)をメモしましょう。そのメモを使って、蔵書検索システム(OPAC)で検索します。

特に、OPACで著者名検索すると、その著者が書いた資料がズラッと出てきますから、特定分野に関連した資料を探すときに重宝します!

蔵書検索システム(OPAC)は、書誌情報(本のタイトルや著者名など)で検索すると威力を発揮します。そのため、正確な書誌情報(本のタイトルや著者名など)を手に入れてから検索することをお勧めします。

スポンサーリンク

配架場所の周辺を探索する!

蔵書検索システム(OPAC)を使って興味ある本や資料を見つけたら、続けて、その本や資料の配架場所周辺を探索しましょう。

特定分野に関連する本が並んでいます

大学図書館で最初の1冊を見つけることができれば、関連した本や資料がその周辺に置かれています。大学図書館は学生の学びを助けるために大学が設置した場所ですから、大学図書館に足を運んで、使いたおしましょう!


まとめ

大学でレポートや卒業論文を書くときには、インターネット上にある情報だけに頼らず、大学図書館にある本や資料を活用しましょう。

大学でレポートや卒業論文を書くためには、専門的な内容が書かれた本や資料が必要です。インターネット上に公開されている情報を検索することは簡単ですが、本や資料の中に書かれている専門的な内容など、検索できないものもまだ多くあります。また、インターネット上にある情報量は膨大なため、適切な情報を手に入れるためには情報を検索する能力も必要です。

大学の図書館に並んでいる本や資料は、大学での学びに必要であろうと専門家が考えて蔵書したものです。大学でレポートや卒業論文を書くときには、すでに専門家が選んでくれた本や資料を活用しましょう。その方が効率的です。

ただし、蔵書検索システム(OPAC)を使う際は、正確な書誌情報(本のタイトルや著者名など)を入力することをお勧めします。蔵書検索システム(OPAC)は、本のタイトルや著者名などで検索すると威力を発揮しますよ!


高い学費を払っているのですから、大学図書館を使いたおしましょうね!

タイトルとURLをコピーしました