博士学位論文の審査を受けるまでの道程!

2015年度の大学院の研究科要項の写真 修士課程・博士課程

博士学位論文の審査を受けるまでの、長い道のり

博士の学位を取得するためには、博士学位論文の審査を受けて、合格しなければなりません。

 

博士論文の審査で合格できたら、めでたく、博士号取得だね!

そうですね!
でも、博士論文審査会って、そう簡単に開いてもらえません…

えっ?
論文の合否以前に、論文の審査すら簡単にしてもらえないってこと?

 

審査会を開いてもらうためには、超えなければならないハードルがいくつかあります。
博士論文を書いて提出すれば、無条件に審査してもらえるというわけではありません。

 

まず、研究内容が、論文を審査するレベルに達しているかどうか調べられます。

研究が、審査レベルに達していると認められてはじめて、博士論文を書き始めることができます。
もしも、審査レベルに達していないと判断された場合は、審査会を開いてもらうこともできません。

 

博士号取得への道、厳しいんだね…

 


 

大学や年度によって、博士学位論文の審査を受ける過程は異なるかもしれません。
自分の場合は以下のような流れでした。

 

詳細な審査内容等は、各自、所属大学のウェブサイトで確認してください。早稲田の人間科学研究科の要綱(2021年度)は

https://www.waseda.jp/tokorozawa/kg/doc/38kenkyukayoukou_kanendo/38kenkyukayoukou2021.pdf

です。

 

 

 


 


基本的な条件

基本的な条件としては、博士後期課程に3年以上6年以内在学で、研究指導を受けていることです。
もちろん、例外的なケースはありますが、これが基本です。

 

規定の単位を取得済み!
研究指導を受けた!
など、大きなトラブルがなければOKかな?

 


中間報告会

基本的な条件と比べて、中間報告会はかなりハードルが上がります。

 

中間報告会では、審査を希望する博士学位論文の概要を報告します。
そして、その場で、博士学位論文の概要についての質疑応答が行われます。
研究している内容が博士学位論文を執筆するレベルに達しているかどうか、中間報告会で調べられるわけです。

 

中間報告会で、博士学位論文を執筆するレベルに達していると認めてもらえてはじめて、博士学位論文の執筆を進められます。

「博士論文を書き始めていいよ!」っていう許可がもらえたわけだ

 

この中間報告会にたどり着くだけでも大変です!

 


複数の公表学術論文

博士学位論文に関連した内容で、自分が第一著者の公表学術論文を複数もっている必要があります。

公表学術論文を複数? 何それ?

「博士論文と関連する内容の投稿論文を、そこそこ名のある学会誌に、査読を通して2編以上掲載しておいてね!それも、第一著者、つまり、自分がメインで書いた論文ね!」 ってことかな?

 

公表学術論文の本数については、掲載論文誌の格が影響する印象です。
掲載レベルの難易度が高い学会誌の場合は、本数が少なくてもあまり問題なさそうです。

 


研究倫理教育の受講

早稲田大学だけかもしれませんが、研究倫理教育を受講しておく必要があります。

 

これは、早稲田大学以外でも必須なのかなぁ…

早稲田?倫理教育? あっ!

研究倫理教育に関しては、受講さえしておけば大丈夫です。

 


博士学位論文受理の審査

ここまでの条件をクリアして、やっと、博士学位論文の審査を大学にお願いすることができます。

まず、論文審査員が、博士学位論文の受理について審査します。
受理となってはじめて、博士学位論文の公開審査会日程等、具体的な内容が決まっていきます。

 

やっと、博士論文の審査会まで、こぎつけることができた!

長い道のりでしたが、これで、博士学位論文の審査のために論文を提出することができます!

 

 


 

博士学位論文審査会にたどり着くまでの道のりは、長いです。
やっと、博士学位論文審査会までたどり着くことができても、博士学位論文の審査は、卒業論文や修士論文の口頭試問などとは別次元です。

いかに、自分の論文が博士学位論文となるに相応しい論文であるか、主査や副査にアピールしなければなりません。
また、主査や副査をはじめ、審査会に参加している方々からの質問内容も、専門的で厳しいです。

 

博士学位論文審査会は、まさにラスボスだね!

このラスボスを倒して、やっと、博士号取得ですね!

 


 


まとめ

博士の学位を取得するためには、博士学位論文の審査を受けて合格しなければなりません。
でも、博士学位論文の審査を受けるだけでも、超えなければならないハードルがいくつもあります。

 

たとえば

博士後期課程に3年以上6年以内在学
中間報告会
複数の公表学術論文
研究倫理教育の受講
博士学位論文受理の審査

などです。

 

博士の学位を取得するためには、このようなハードルを着実に超えていくしかありません。

 


 


 

そういえば、研究計画に対する倫理審査なんていうものもあった!人を対象とする研究分野では倫理問題が発生するからね…
ほんと、審査ってものがいっぱいある!

 


 


 

タイトルとURLをコピーしました