研究ノートの活用 手書きのすすめ

アイデアノートの写真 修士課程・博士課程

手書きの研究ノート

大学院で研究をするときは、自分の研究の進捗状況などをきちんと記録しておくことが大切です。研究に関する資料等は、パソコンや机周りに散財してしまいがちです。あとで慌てることがないよう、研究の進捗状況などはきちんと記録しておきましょう。お勧めの方法は、研究ノートを作成することです。

しかも、手書き!

えーっ!面倒!

自分の場合は、自分用(自分しか読めないような書きなぐり状態)のノートと、研究室用のノートの2冊ありました。

ますます、手書きは面倒!

手書きは面倒ですが、面倒だからこそ、何かあったときに力を発揮してくれたりします!

研究分野によっては、研究ノートに進捗状況を記録する必要などないかもしれません。でも、研究ノートを書いておくと、修士論文や博士論文を執筆するときに役立ちます。

ここでは、自分用(自分しか読めないような書きなぐり状態)のノートではなく、研究室のメンバーと共有できる形の手書きの研究ノートについて説明します。

手書きの研究ノートのメリットは

・何か起きたとき証拠として使える
・安心して長期保存できる
・進捗報告で使える

などでしょうか。


何か起きたとき証拠として使える

研究ノートを手書きすることのメリットは、まず、何か起きたときに証拠として使えることです。

何か起きたときって、どんな時?

たとえば、実験系の研究では、研究不正疑惑などが生じたときに実験を再現するために、ノートを活用します。

なるほど!

実験系の研究でなくても、剽窃疑惑や捏造疑惑などに巻き込まれる可能性がないとはいえません。万が一、そのような事態になったとき、手書きの研究ノートは自分の身を守る証拠として使えます。

証拠として使うのであれば、パソコンを使った研究ノートより手書きの研究ノートの方が良さそうだね!

パソコンだと、簡単に修正・加筆ができてしまいますからね!

なるほど!

何か起きたとき証拠として使えるよう、研究室に置いておく必要がある研究ノートはボールペンでしっかり書きます。修正するときは、誰が見ても修正したことがわかるように書きましょう。

安心して長期保存できる

手書きの研究ノートは、書かれている内容を読むことができなくなるという状況になりにくいです。そのため、長期保存に向いています。

パソコンを使った方が、長期保存に向いている気がするけど?

パソコンを使った記録は、パソコンの環境が変わると読めなくなることがあります。たとえば

・パソコンを買い換えた
・利用していたWebサービスの提供が終わった
・使用したソフトのライセンスがなくなった

などの理由で、パソコンに入れた記録が読めなくなるかもしれません。使用しているパソコンが変わったり、利用したWebサービスの提供が終了してしまったり、使用したソフトのライセンスがなくなったりすることはよくあります。パソコンの環境が変わることによって、せっかく記録した内容が読めなくなってしまうのです。

読めなくなったら困る!

大学院、特に、博士課程で行うような研究レベルのものは、長期保存したい内容です。ボールペンを使ってしっかりノートに記録しておくことをお勧めします。

進捗報告で使える

研究に関する内容をきちんと記録する習慣をつけておくと、進捗報告のときに役立ちます。

ネタがないときの進捗報告って、マジ辛いよね!

たとえば、研究ノートに

・研究室内で行なった議論
・研究がうまく進まずに悩んだ箇所
・最近読んだ論文
・参加した学会の様子
・ ……
・ ……

などなど、研究に関する内容をすべて書き込んでおくと、何かしら進捗報告できる内容が見つかるのではないでしょうか。

進捗報告できそうなネタを探すんだね!

研究ノートのどこかに進捗報告できる内容が埋もれているかもしれません。メモ的な内容でも構いませんから、研究ノートを書く習慣をつけておくことをお勧めします。

スポンサーリンク

まとめ

大学院で研究をするときは、自分の研究の進捗状況などを手書きの研究ノートに書き留めておくことをお勧めします。研究ノートを手書きする作業は面倒ですが、何か起きたとき証拠として使えますし、長期保存もできます。また、研究ノートを見返すことで進捗報告も行えます。

手書きの研究ノートを作成する作業は面倒ですが、いつか、役立つ日がくるはずです。


自分は、修士論文や博士論文の執筆に行き詰まったとき、手書きの研究ノートに助けられました!

タイトルとURLをコピーしました