パラグラフ・ライティングとトピック・センテンス

トピックセンテンスとコンクルーディングセンテンスを説明した図 パラグラフライティング

パラグラフ・ライティングとトピック・センテンス

パラグラフ・ライティングは、論理的な文章を書くときに利用したいライティング方法です。論理的な文章には、読んでいる人を納得させる力があります。そのため、欧米では、パラグラフ・ライティングの方法を学校で教えます。また、読んでいる人を納得させる文章は、論文を書くような場面だけではなく、ビジネス場面でも役立ちます。ぜひ、身につけておきましょう!

パラグラフ・ライティングの基本については

パラグラフ・ライティングで論理的な文章を書こう!
パラグラフ・ライティングは、論理的な文章を書くことに向いたライティング技術です。論理的な文章は読んでいる人を納得させる力があります。そのため、パラグラフ・ライティングを身につけておくと、ビジネス場面でもおおいに役立ちます。

で説明しています。興味のある方は、こちらも参考にしてみてください。

ここでは、パラグラフ・ライティング技術のなかでも苦手意識を持ちやすいトピック・センテンスに焦点をあてて説明していきます。

パラグラフライティングの基本的な形を示した図

トピック・センテンスとは、パラグラフの冒頭でそのパラグラフで言いたい内容を簡潔に示す1文のことす。日本では、最初に言いたいことをズバッと書くライティング方法を習う機会が少ないため、トピック・センテンスに苦手意識を持つ人は多いです。

でも、読む方の立場になったら、これから書く内容を最初に簡潔に教えてくれた方が、ラク!ですよね。


トピック・センテンスとは?

トピック・センテンスとは、パラグラフの冒頭にそのパラグラフで言いたい内容を簡潔にまとめた1文です。

トピック・センテンスはパラグラフの冒頭に書く

トピック・センテンスをパラグラフの冒頭に書くことは、読む人への配慮です。

【書き手の立場】
書き手の立場になると、パラグラフで書く内容を1文にまとめる作業は、パラグラフを書き終えた最後に行う方が簡単です。なぜなら、最後に書く方が、思考の流れにそって書いてきた内容をまとめるだけですむからです。

書き手は、トピック・センテンスをパラグラフの最後に書きたいわけです。

【読み手の立場】
読み手の立場になると、これから読むパラグラフの内容を、まず最初に簡潔に説明してくれた方が助かります。なぜなら、これから書かれているであろう内容をある程度予測しながら文章を読み進めることができるからです。

読み手は、トピック・センテンスをパラグラフの冒頭で読みたいわけです。

読んでいる人を納得させる論理的な文章を書くのであれば、トピック・センテンスはパラグラフの冒頭に書きましょう。読み手の立場になることが大切です。

トピック・センテンスは簡潔に1文で書く

パラグラフの記述内容をトピック・センテンスで簡潔に1文でまとめます。

パラグラフとは「1つのトピックについて記述した文の集合」ですから、パラグラフで記述した内容は1つの文に簡潔にまとめることができます。

【パラグラフ内で複数のトピックについて記述していたら?】
もしも、パラグラフ内で複数のトピックについて記述していたら、トピック・センテンスを簡潔に1文でまとめることが難しくなります。簡潔に1文でまとめることができないとしたら、そのパラグラフが1つのトピックについて記述した文の集合になっていない可能性があります。

パラグラフの記述内容を見直しましょう。

【パラグラフ内で1つのトピックについて記述していたら?】
トピック・センテンスを簡潔に1文で書くことができます。簡潔に1文にまとめることができるということは、そのパラグラフが1つのトピックについて記述した文の集合になっているということです。

パラグラフ・ライティングができていることが確認できました。

パラグラフ・ライティングができているかどうかチェックするためにも、トピック・センテンスは簡潔に1文で書きましょう。

 

このように、トピック・センテンスは、パラグラフの冒頭にそのパラグラフで言いたい内容を簡潔に1文で書くことが大切です。

以下では、トピック・センテンスとコンクルーディング・センテンスの関係について説明します。


トピック・センテンスとコンクルーディング・センテンス

トピックセンテンスとコンクルーディングセンテンスを説明した図

コンクルーディング・センテンスは、パラグラフで記述した内容をまとめた文です。そのため、コンクルーディング・センテンスで記述する内容は、トピック・センテンスで記述した内容とほぼ同じになります。

同じ内容なら、書かなくてもいいのでは?

コンクルーディング・センテンスをパラグラフの最後に書くことには、次のようなメリットがあります。

コンクルーディング・センテンスを書いてトピックを強調する

パラグラフ・ライティングは論理的な文章を書いて、読み手を納得させるライティング方法です。つまり、パラグラフ・ライティングの目的は読み手を納得させることです。

パラグラフで伝えたいトピックを、コンクルーディング・センテンスで再度書くことにより、トピックを強調させることができます。トピックを強調することによって、読み手を納得させるわけです。

納得させるために、だめ押しするんだね!

トピック・センテンスとほぼ同じ内容となるコンクルーディング・センテンスを書いて、トピックを強調しましょう。

コンクルーディング・センテンスでトピックが1つであることを確認する

トピック・センテンスとほぼ同じ内容となるコンクルーディング・センテンスを書くことによって、パラグラフ内で書かれているトピックが1つであることを確認できます。

もしも、コンクルーディング・センテンスとトピック・センテンスの記述内容がずれてしまったら、パラグラフが1つのトピックについて記述した文の集合になっていない可能性があります。そのようなときは、パラグラフ内で記述している内容を見直しましょう。トピック・センテンスとずれたサポート・センテンスがあれば削除したり、別のパラグラフを作成するなどの対応をしましょう。

サポート・センテンスは、トピック・センテンスで記述した内容を、より詳細に、より具体的に記述する場です。興味のある方は、こちらも参考にしてください。

パラグラフ・ライティングにおけるサポート・センテンスの役割
パラグラフ・ライティングは、論理的な文章を書くことに適したライティング方法です。言いたいことをサポートする(裏付ける)サポート・センテンスをしっかり記述することにより、読み手を納得させます。そのため、サポート・センテンスは詳細かつ具体的に書くことが大切です。

コンクルーディング・センテンスを書くことによって、サポート・センテンスが適切に書かれているかどうかチェックすることができます。

 

コンクルーディング・センテンスをパラグラフの最後に記述すると、トピックを強調したり、サポート・センテンスが適切に書かれているかチェックできます。パラグラフ・ライティングの決まりがしっかり守られていると、コンクルーディング・センテンスの記述内容は、トピック・センテンスの記述内容とほぼ同じになってしまいますが、コンクルーディング・センテンスをパラグラフの最後に記述することをお勧めします。


まとめ

パラグラフ・ライティングは論理的な文章を書いて、読み手を納得させるライティング方法です。読んでいる人を納得させるライティング方法ですから、論文を執筆するときだけではなくビジネスの場面でも役立ちます。

ここでは、パラグラフ・ライティングのなかでも苦手意識を持ちやすいトピック・センテンスに焦点をあてて説明しました。トピック・センテンスをパラグラフの冒頭に書くと、読んでいる人を納得させやすい文章になります。また、トピック・センテンスを簡潔に1文で書くことによって「パラグラフが1つのトピックについて記述した文の集合」になっているか、チェックすることもできます。

さらに、コンクルーディング・センテンスをパラグラフの最後に記述すると、トピックを強調したり、サポート・センテンスが適切に書かれているかチェックすることができます。コンクルーディング・センテンスは、トピック・センテンスとほぼ同じ内容になりますが、パラグラフの最後に記述しておきましょう。

パラグラフ・ライティングの技術は、ビジネスの場面でも役立ちます。早いうちに、身につけておくことをお勧めします。


 

文字を綴る作業って、それ自体は簡単かもしれませんが、読み手を納得させる文章を書こうと思うとすごく疲れますよね。この記事書くのもすごく疲れました!

タイトルとURLをコピーしました