結論

ライティング

序論・本論・結論の構成で自分の意見を主張するとは?

序論・本論・結論のような構成で文章を書けば論文になるというわけではありません。論文で大事なことは自分の主張です。報告書などとは異なり、主張が明確に示されている!主張を支える根拠が明確に示されている!主張に対する結果が明確に示されている!ことが重要です。
卒業論文

卒業論文やレポート課題の構成:序論 本論 結論

大学で書く卒論やレポート課題は、序論・本論・結論で書きましょう。まず、序論に、論じるテーマやテーマの背景、論じたいこと(主張)を書きます。特に卒論では、論じるテーマについて詳細に説明する必要があります。本論には、序論で示した主張の根拠を書きます。
卒業論文

卒業論文執筆へのアドバイス 序論・本論・結論

卒業論文など論文形式の文章は、序論で論じる目的を明確に示すことが大切です。自分は何を論じたいのか、何を主張したくて論文を書いているのか、そこをはっきりさせましょう。序論で論文のゴールがはっきりすれば、あとは、ゴールに向かって本論と結論を記述するだけです。
修士論文・博士論文

結論(コンクルージョン)を簡潔に示して、修士論文を締めくくろう!

論文の構成は、基本的に序論・本論・結論です。結論で記述することは、序論で掲げた言いたいこと(論じる目的)の結果を明確に記述し、その結果の根拠を簡潔に示すことです。結論を書き終えれば一安心ですが、最後に参考文献リストをつけ忘れないように!
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました