卒業論文執筆へのアドバイス 序論・本論・結論

論文の構成 序論・本論・結論の図

卒業論文執筆へのアドバイス 序論・本論・結論

「卒論なんて余裕!余裕!」と思って安心していると、アッという間に提出締切日がきます。

通学生の方はもちろん、通信教育課程で学んでいる社会人大学生の方も卒業論文の執筆が必須になっている場合が多いです。

私は早稲田大学の大学院時代、通学生だけでなく社会人学生の方も対象にレポートや論文の書き方指導をしていました。社会人学生の方はビジネス文書などを書く機会も多く、文章を書くスキルを見につけていらっしゃる方が多いです。でも、学術の世界には、ビジネスの世界とは異なる学術的な文章の書き方のルールがあります。卒業論文などの論文形式の文章は、そのルールに則って書く必要があります。そのため、論文形式の文章の書き方のルールを知る必要があります。

ここでは、卒業論文のような論文形式の文章の書き方について、通学生だけではなく社会人大学生の方も考慮しながらアドバイスをしたいと思います。


卒業論文執筆へのアドバイス

まずは、基本です!

論文は、感想文ではありません。通学生の中にも、社会人大学生の中にも、卒業論文を読書感想文のように書いてしまう傾向の方がいました。論文は感想文ではないことに注意しましょう!

また、論文ということばのイメージからくるのでしょうか?一つの文の中に多くの内容を詰め込んで読みにくい文章を書く傾向もありました。論文とは、読みにくい文章のことではなく論理的に書かれた文章です。一つの文の中に多くの内容を詰め込んで読みにくい文章を書かないように注意しましょう。

さらに、論文だからといって専門用語などを多用して難解っぽいイメージの文章を書く必要もありません。むしろ、論文では、文意が不明確な専門用語などを使う場合はその専門用語の意味を読み手が理解できるようわかりやすく説明しておく必要があります。

このような基本的なことについては、 卒業論文執筆へのアドバイス でも説明しています。よろしければ、そちらも参考にしてください。

とにかく

・感想文ぽい文章を書かない
・1つの文で1つの事柄を書く(読みやすい)
・専門用語を使わない(使う場合は簡潔に説明する)

に注意して、読み手に文意が明確に伝わる「論文」を書くよう心がけましょう。

このような論文形式の文章は、 序論・本論・結論 で文章全体を構成します。
以下、序論・本論・結論 について説明します。


卒業論文は 序論・本論・結論 で構成する

卒業論文などの論文は、 序論・本論・結論 で文章全体を構成します。
(起承転結ではないことに注意しましょう!)

序論から順に説明していきます。


序論

実際に卒業論文を執筆し始めると、序論部分の執筆が最も難しいと思われるかもしれません。
なぜなら、序論部分で 論じる目的 を明確にしなければならないからです。

「とにかく、卒業論文を書かねば!」という状態で論文を執筆し始めると、自分が何を論じるために卒業論文に取り組んでいるのかわからなくなります。ゴールのない道をひたすら走っている状態で疲れ果てるだけです。

序論部分に論じる目的が明確に記述できていれば、そのゴールに向かって走っていくことができます。つまり、序論部分で記述した目的に向かって、本論と結論を記述していけばいいわけです。

とにかく

序論部分で論文の目的を明確に記述

することが大切なわけです。

そのためには、まず、自分が書く卒業論文が何者であるか、例えば

どんなテーマについて書くか!
なぜそのテーマを選んだのか!
そのテーマについてなにを言いたいのか!

を簡潔に記述しましょう。(←実際やってみると、この「簡潔」が難しかったりします…)

「どんなテーマか!」「なぜそのテーマを選んだか!」「そのテーマについてなにを言いたいか!」これらを簡潔に記述しましょう。そうすれば、卒業論文の目的は明らかになっているはずです。

また、序論部分で、先行研究について紹介することもあります。また、論文で使用する用語の説明をすることもあります。これらについては、丁寧に記述すれば大丈夫です。

とにかく、序論部分では、 どんなテーマについて論じるか、なぜそのテーマを選んだのか、そのテーマについてなにを言いたいのか を簡潔に記述することにエネルギーを注ぎましょう!そうすれば、論じる目的 が明確な卒業論文になります。

本論や結論を執筆するとき迷子になりにくいですね!


本論

本論では、卒業論文で言いたいことの根拠を論理的に説明していきます。

序論がしっかり書けていれば、本論部分は淡々と 取り組んだ研究内容について記述していくだけ です。

注意
「記述していくだけ」と書きましたが、これは、あくまで、しっかり研究に取り組んできたケースを想定しています。そうでない場合は、本論に記述する内容をもっていないため、多分大変です。

本論部分での根拠の示し方は、研究分野や研究手法に依存しますので、いろいろなパターンがあると思います。例えば、私の場合は実験系なので、これまでに取り組んだ実験の内容を本論部分で詳細に記述し、その実験結果を根拠にして論じます。

他にも、e-statの統計データを使ってグラフを描画! でふれたように、e-Stat(日本の統計が閲覧できる政府統計ポータルサイト)の統計データを根拠として利用したりすることもできます。

とにかく、本論部分では、根拠を丁寧に示していきましょう!


結論

結論では、序論部分や本論部分で記述した内容をまとめます。結論部分では、まとめをするだけです。逆に、余計なことはしないようにしましょう!

とにかく、結論部分では、以下の2点

本論部分の記述を簡潔にまとめる!
序論部分で記述した目的の答えを書く!

を記述しましょう。

まとめを書いていて「ふと、思いついた!」などという内容を結論部分に書かないよう注意しましょう。あくまで、結論部分では序論で明確にした目的のゴールを記述すれば十分です。そのためには、本論部分で記述した内容をまとめればOKのはずです。


まとめ

卒業論文は 序論・本論・結論 で文章全体を構成しましょう。

論文の構成 序論・本論・結論の図

卒業論文は、序論が明確に記述できれば、あとは、序論の内容に即す形で本論と結論を記述すれば大丈夫です!

卒業論文を執筆することは、時間的にも体力的にもかなり大変です。でも、論文形式の文章の書き方を身につけるチャンスでもあります。頑張りましょう!


書籍の紹介

レポートや論文の書き方について書かれた本はたくさんありますので、まずは、そのような本に目を通してから卒業論文を書くことをお勧めします!

とはいえ、本をゆっくり読む時間なんてないという方は、以下の本に目を通してみてはいかがでしょうか。

富士通エフ・オー・エム株式会社(2018)『学生のための思考力・判断力・表現力が身に付く情報リテラシー』FOM出版

こちらの本は、いわゆる、大学の教科書っぽい書き方をしていません。そのため、通学生の方だけではなく社会人大学生の方にとっても読みやすい本かと思います。

また、Word、Excel、 PowerPointの使い方についても説明しています。論文を書くときに役立つ Word、Excel、PowerPointの機能がページを割いて説明されていますので、それらについて知りたい方にはお勧めかもしれません。逆に、Word、Excel、 PowerPointの使い方の説明など必要ないという方には参考にするページが少ないかもしれません。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする