卒業論文執筆へのアドバイス 序論・本論・結論

論文の構成 序論・本論・結論の図 卒業論文

卒業論文は 序論・本論・結論 で書こう!

「卒論なんて余裕!余裕!」と思って安心しているとアッという間に卒論提出締切日はやってきます。卒業論文はその名が示す通り、 論文 ですから、論文の形 に則って書かなければなりません。論文全体の構成は、序論・本論・結論 です。

論文の形?一夜漬けでは無理?

さすがに、一夜漬けは無理かと…

ビジネス文書やメールの文章など、何かを書くときには、ある程度、文章作成のルールに則って書きます。それらと同様、学問の世界で書く学術的文章にも書き方のルールがあります。その1つが、序論・本論・結論です。

また、卒業論文は、自分の思いを書き綴る感想文とも異なります。

卒業論文は「学生生活を振り返って!」みたいな感想文ではありません!

以下、卒業論文の書き方の基本を説明します。卒論ではなく、レポートの書き方の基本については、こちらの記事で説明しています。


卒業論文を書くときの基本ルール

卒業論文の構成は、序論・本論・結論ですが、その前に、もっと基本的なことを確認しておきましょう。

基本とか、めんどくさい…

基本ルール、2つに絞ったから!たった2つだから!

基本は

1. 感想文ぽい文章を書かない!
2. 無理に難解な言い回しをしない!

です。まずは、これらを押さえましょう!

感想文ぽい文章を書かない!

卒業論文は読書感想文のような、感想を述べる文章ではではありません。「…と思う」「…のように感じる」という、自分の思ったことや感じたことを書き連ねた文章を書かないようにしましょう。

無理に専門用語を使ったり、難解な言い回しなどをしない!

わかりにくい文章=論文 ではありません。論文らしい文章を書こうとするあまり、無理に専門用語を多用したり、1つの文を長々と回りくどく書いたりしないように注意しましょう。

一般的に知られていない専門用語を使う場合は、まず初めに、専門用語の説明をします。また、長々と回りくどい言い回しをして、故意に難しそうな文章を書くことも避けます。

ハハハ!たしかに、回りくどく書かれた文章って論文ぽい気がする…

いえいえ、論文だからこそ、簡潔にわかりやすく書くことが大切です

基本事項を押さえたところで、ここから本題です。以下では、論文の基本的な形である、 序論・本論・結論 について説明します。

スポンサーリンク

卒業論文は 序論・本論・結論 で構成する

卒業論文などの論文は、文章全体を 序論・本論・結論 で構成します。

起承転結じゃないの?

起承転結ではありません!

論文の構成 序論・本論・結論の図

序論

実際に卒業論文を執筆してみるとわかると思いますが、序論部分の執筆が最も難しいです。なぜなら、序論で、論じる目的 を明確にしなければならないからです。

論じる目的?

論じる目的(ゴール)が明確じゃない文章を書くのは大変です。ゴールが明確じゃないマラソンを走るのは大変でしょ?

「とにかく、なんでもいいから書き始めよう!」という状態で卒業論文を書き始めても途中で挫折する可能性が高いです。自分は何を論じようとしているのか、何を主張したくて論文を書いているのか、それが曖昧な状態で卒業論文を執筆しても途中で迷子になってしまいます。

ゴールがわからないマラソンを走り続けても疲れるだけか…

序論部分で論じる目的を明確に記述できるかどうか!

ここが大きなポイントになります。自分は何を論じようとしているのか、何を主張したくて論文を書いているのか、それをはっきりさせましょう!

自分の主張を明確にする必要があるのか。う〜〜〜ん、主張かぁ

論文とは、何かを主張する文章です!

まず、自分が書く卒業論文が何者であるか、しっかりと確認しましょう。例えば

自分は、なぜこのテーマを選んだのか!
自分は、選んだテーマについて何を主張したかったのか!
自分は、その主張をするために何をしたか!

などを、振り返ってみるといいかもしれません。「なぜそのテーマを選んだか」、「言いたいこと(主張)は何か」、「主張のために何をしたか」これらを確認することにより、論じる目的が明確になってくるはずです。

序論部分で論文の目的を明確に記述する

卒業論文の執筆は、ここが、頑張りどころです。序論で論じる目的を明確に記述することができれば、本論・結論は、その論じる目的に向かって走っていくだけです。

本論

本論部分では 取り組んだ研究内容 について具体的に記述します。

取り組んだ研究内容?

自分の主張(言いたいこと)を裏付けるために、研究に取り組んだはずです。その、取り組んだ研究内容 を本論部分に記述します

ただ、記述すればいいの?

記述するだけです。でも、論文らしく書く基本、感想文ぽい文章を書かない!無理に難解な言い回しをしない!は忘れないでくださいね

自分の主張の根拠を示す! ことを意識して、取り組んだ研究内容について記述していきましょう。

自分の主張の根拠を示す? やっぱり難しい…

たとえば

・自分の主張を裏付ける根拠は、この参考文献だ!
・自分の主張を裏付ける根拠は、この実験結果だ!
・自分の主張を裏付ける根拠は、このアンケート結果だ!

など、 自分の主張の根拠 を示していくことができるはずです。

ただし、この本論部分に記述する内容、研究分野や研究手法に依存して様々な内容となります。先行研究の検証を行ったり、フィールドワークについて記述したり、実験結果の考察をしたりなど、自分が研究した内容を書きましょう。

私の場合は実験系の研究分野のため、実験の手順や結果説明、得られた結果の考察などを本論部分に記述しました。

とにかく本論部分では

自分が実際に取り組んだこと(やったこと)を記述

して、自分の主張の根拠を示しましょう。

また、本論部分をパラグラフ・ライティングで記述しておくと、あとで卒業論文を修正するときに修正しやすくなります。

卒業論文を論理的に書くための方法 パラグラフ・ライティング
卒業論文など、論理的な文章を書くときにはパラグラフ・ライティングを使いましょう。パラグラフ・ライティングとは、1つのパラグラフに1つのトピック(話題)についてのみ記述するライティング方法です。パラグラフ・ライティングで文章を書くと文章から曖昧さを減らすことができます。

結論

結論部分では、序論部分や本論部分で記述した内容をまとめます。

結論部分では、まとめをするだけです

まとめるだけでいいんだ!

序論と本論がきちんと書けていれば、結論はスラスラ書けるはずです

結論部分で記述する内容は

本論部分で記述した根拠を簡潔にまとめ、序論部分で明確にした論じる目的、自分の主張の答えを書く!

ことです。

自分の主張の答えを書くとか、なんか、かっこいい!

結論部分は、かっこよくバシッと決めましょう

結論部分はこれでおしまいです。お疲れ様でした!

スポンサーリンク

まとめ

卒業論文を執筆するときには、論理的な文章の書き方のルールにしたがいます。ビジネス文書や感想文などとは書き方が異なりますから注意しましょう。

卒業論文全体は 序論・本論・結論 で構成します。

論文の構成 序論・本論・結論の図

卒業論文は、序論で 論じる目的 を明確に示すことが大切です。序論部分で明確に論文のゴールを示すことができれば、あとは、そのゴールに向かって本論部分と結論部分を記述していくだけです。自分は何を論じたいのか、何を主張したくて論文を書いているのか、そこをはっきりさせましょう!

序論・本論・結論の全体的なイメージが浮かんでこないという方は、こちらも参考にしてみてください。

卒論やレポート課題の書き方 序論 本論 結論とは?
大学で書く卒業論文やレポート課題は、序論・本論・結論で書きます。序論で研究テーマやそのテーマの背景などを記述し、自分が論じたいこと(主張)を明確にします。本論には、主張の根拠を複数書いて、自分の論じたいこと(主張)を読み手に納得させます。

書籍の紹介

レポートや論文の書き方について書かれた本はたくさんありますので、まずは、そのような本に目を通してから卒業論文に取り組むといいでしょう!

とはいえ、本をゆっくり読む時間なんてないという方は、以下の本に目を通してみてはいかがでしょうか。

富士通エフ・オー・エム株式会社(2018)『学生のための思考力・判断力・表現力が身に付く情報リテラシー』FOM出版

こちらの本、いわゆる、大学の教科書っぽい書き方がされておらず、読みやすいです。

また、Word、Excel、 PowerPointの使い方についても説明があります。論文を書くときに役立つ Word、Excel、PowerPointの機能についても説明されていますので、それらについても知りたい方に、お勧めです。


卒論のための 研究計画 を立てたときを思い出しましょう!そこに、研究する目的は書かれていませんか。 研究計画に則って研究を進めたのであれば、研究の目的が論じる目的になるのでは?

タイトルとURLをコピーしました