修士論文執筆へのアドバイス 結論

論文の構成 結論の記述内容を示した図

修士論文執筆へのアドバイス 結論(コンクルージョン)

12月に入りました!

修士論文の執筆、順調に進んでいることと思います。
「まだ、ゴールがみえない…」という方は、気合を入れる必要があります!
提出締切日はあっという間にやってきます。

さて、ご存知のように、修士論文は 序論・本論・結論 で文章全体を構成します。

論文の構成 序論・本論・結論の図

質的にしっかり執筆しなければならない部分は、序論(イントロダクション)です。
そして、量的にたくさん執筆しなければならない部分は、本論(ボディ)部分です。
これら序論や本論と比較して、結論(コンクルージョン)の執筆は、質的・量的に負荷は少なくなります。

ここでは、結論 の書き方について説明したいと思います。

また、序論と本論に関しては、それぞれ 序論本論 で説明しています。
序論と本論の書き方に不安がある…という方は、そちらもご覧ください。


修士論文執筆へのアドバイス 結論の書き方

まず、結論の書き方を説明する前に、序論と本論について簡単に説明します。

序論では、論じる目的を明確に記述しなければなりません。
読み手に対して、序論部分で「これから何を言いたいか(目的)」を明確に示しましょう。目的が不明確な修士論文をダラダラ執筆しないよう気をつけることが大切です。

序論で言いたいこと(目的)を明確に示すことができたら、本論で、その目的を達成します。
本論部分では、読み手に対して、序論部分で記述した言いたいこと(目的)を納得させるための根拠を示します。本論部分では具体的な根拠を「これでもか!」と記述することになります。

このように、序論で記述した言いたいこと(目的)を、本論で記述した根拠によって達成してしまえば、あとは結論部分でまとめの作業をするだけです。
(結論の執筆、楽勝ですね!)

では、結論部分には具体的に何を書けばいいのでしょうか?


結論(コンクルージョン)

本論 で根拠を積み重ねて、序論 で記述した言いたいこと(目的)を達成することができれば、あとは、結論部分でまとめの作業をするだけです。

まとめとして結論部分で記述する内容は

・本論で記述した内容の要約
・序論で掲げた言いたいこと(目的)の結果

です。結論部分に必ず記述しなければならない内容はこれだけです。

以下で、「本論で記述した内容の要約」や「序論で掲げた言いたいこと(目的)の結果」について説明します。


・本論で記述した内容の要約をする

序論と本論が的確に記述できていれば、修士論文で言いたかったこと(目的)は既に達成できているはずです。つまり、読み手は、修士論文の序論で掲げた言いたかったこと(目的)の結果にたどり着いているはずです。

既に結果にたどり着いている読み手に対して、これ以上、結論部分でクドクド説明する必要はありません。本論部分で記述した根拠の数々の考察結果を簡潔に要約しましょう。
総合的な考察としてまとめればOKです。

注意1

結論部分では、本論部分で記述した内容だけを要約 します。

結論までたどり着くと、つい、結論部分で余計な説明を付け加えたくなります。でも、ここはグッとこらえて、本論部分で記述した内容だけを要約するように注意しましょう!


・序論で掲げた言いたいこと(目的)の結果を示す

序論で掲げた言いたいこと(目的)の結果を記述します。

修士論文は、言いたいこと(目的)を達成するために書く文章です。この目的の存在を忘れないようにしましょう。本論部分で、いくつもの根拠について熱く考察しているうちに、この目的を忘れてしまうことがあります。
本論部分には、必ず、どのように目的が達成されたか記述しましょう。

注意2

結論部分には、序論で掲げた言いたいこと(目的)の結果 を記述します。

結論までたどり着いたことで安心してしまうのでしょうか。つい、結論部分で新たなテーマについて語りたくなってしまいがちです。でも、ここはグッとこらえて、序論部分で掲げた言いたいこと(目的)の結果だけを示すようにしましょう!余計なことを記述しないことも大切です。


まとめ

結論 では、修士論文全体のまとめ作業をします。

まとめとして記述する内容は

・本論で記述した内容の要約
・序論で掲げた言いたいこと(目的)の結果

です。

論文の構成 結論の記述内容を示した図

結論部分でクドクドと余計な説明をする必要はありません。簡潔に、本論で記述した内容を要約し、序論で掲げた言いたいこと(目的)の結果を記述するだけでOKです!

ただし、修士論文などでは、これまでの研究結果を今後の研究にどう繋いでいくか記述するよう指示されることも多いです。そのような場合は、今後の展望を結論部分の最後に記述しましょう。その際は、これまでの研究結果と今後の展望が混同しないよう、パラグラフ・ライティングを意識することが大切ですね!

さて、結論を記述できれば、修士論文本体は完成です。
(あっ、もちろん参考文献リストは必要です…)

あとは、修士論文の要旨(アブストラクト)を書くだけでしょうか?
頑張りましょう!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする