修士論文などの執筆 結論(コンクルージョン)

論文の構成 結論の記述内容を示した図 修士論文・博士論文

修士論文などの執筆 結論(コンクルージョン)

卒業論文や修士論文、博士論文などの論文形式の文章の書き方にはルールがあります。まず、論文全体の構成は、序論(イントロダクション)・本論(ボディ)・結論(コンクルージョン)となります。

修士論文などの執筆 序論(イントロダクション)
修士論文や博士論文などの論文は、 基本的に序論・本論・結論で文章全体を構成します。量的にたくさん記述しなければならない部分は本論部分の場合が多いと思いますが、質的にしっかりと記述しなければならない部分は序論(イントロダクション)部分です。
修士論文などの執筆 本論(ボディ )
論文は、 序論・本論・結論 で文章全体を構成します。質的にしっかり執筆しなければならない部分は 序論(イントロダクション)ですが、量的にたくさん執筆しなければならない部分は本論(ボディ)です。本論部分では、序論部分で明確にした論じる目的を達成するため、具体的な根拠を積み上げていきましょう。

序論(イントロダクション)と本論(ボディ)を書き終えれば、あとは、結論(コンクルージョン)の記述と参考文献リストの作成などを残すのみです。論文完成までもう一息です。

結論(コンクルージョン)は、序論(イントロダクション)や本論(ボディ)の記述と比べると、質的・量的に負荷は少ないのではないでしょうか。

 

結論(コンクルージョン)を書くことって、とても重要なことのような気がするけど?

もちろん、結論(コンクルージョン)は重要です

でも、結論(コンクルージョン)は、序論(イントロダクション)と本論(ボディ)がきっちり書けていれば、その内容を総括するだけですから質的・量的な負荷は少なくなると思います。

 

ここでは、結論(コンクルージョン)の書き方について説明します。

 



まずは、序論(イントロダクション)と本論(ボディ)を確認

序論(イントロダクション)で

・論じるテーマ
・論じるテーマの重要性
・論じる目的

を明確に記述しました。

そのために

・このテーマについて、過去にこんなに多くの研究がなされてるよ!
・でも過去の研究では、〇〇について解明されてないよ!
・過去の研究に対して別の視点から論じることができるよ!

などを記述したわけです。

 

 

そして、序論(イントロダクション)で明確にした論じる目的を達成するべく、本論(ボディ)で根拠を積み上げていきました。

根拠は

・適切に示す
・具体的に書く

ことが重要です。

そのために

・論じる目的から逸脱した内容は記述しない
・具体的でわかりやすい表現を活用する(図表など)

ことをお勧めしました。

 

序論(イントロダクション)部分と本論(ボディ)部分をきちんと記述してあれば、結論(コンクルージョン)部分での総括作業は、比較的スムーズに進むのではないでしょうか。

 


結論(コンクルージョン)部分には何を書く?

結論(コンクルージョン)で記述する内容は

・本論で記述した内容の要約
・序論で掲げた言いたいこと(目的)の結果

大きく、この2点となります。

2つだけ?

大きく、ね!

 

 

本論(ボディ)で記述した内容を要約

本論部分で、適切な根拠や具体的な根拠を記述しました。結論部分では、その根拠の要約を記述します。

たくさんの根拠があるから、それを1つにまとめる感じかな?

そういうイメージですね。根拠を要約してまとめます

 

以下の図で示すように、本論部分に記述した根拠を要約し統括しましょう。

 

論文の構成 結論の記述内容を示した図

 

 

要約や総括の作業。実は、トピック・センテンスを意識して本論部分が記述されていると、とてもスムーズに進みます。英語論文などでは、トピック・センテンスが意識されて記述されているケースが多いですから、参考にするといいかもしれません。

 

結論で、長々と説明する必要はありません。本論でしっかり根拠が示されていれば、簡潔に要約や総括ができるはずです。

 

序論(イントロダクション)で掲げた言いたかったことの結果を示す

序論部分で掲げた言いたかったこと(目的)の結果を、結論部分で示します。

 

論文の構成 結論の記述内容を示した図

論文は、何かを主張するために書く文章です。自分が論文で言いたかったことの答えを、結果 という形で明確に示しましょう。

本論部分で根拠について熱く記述しているうちに、結論部分で 結果 を明確に記述することを忘れてしまうことがあります。気をつけましょう。

 

せっかくたどり着いた結果です。バシッと決めたいですね!

 

 

これで、序論(イントロダクション)・本論(ボディ)に続き、結論(コンクルージョン)部分までたどり着きました。


 


まとめ

結論(コンクルージョン)で記述する内容は

・本論で記述した内容の要約
・序論で掲げた言いたいこと(目的)の結果

大きく、この2点です。

 

結論(コンクルージョン)でクドクドと余計な説明をする必要はありません。簡潔に、本論(ボディ)で記述した内容を要約し、序論(イントロダクション)で掲げた言いたいこと(目的)の結果を記述することをお勧めします。

 

ただし、これまでの研究結果を今後の研究にどう繋いでいくか記述することも大切です。これから先の研究内容について、今後の展望 として結論(ボディ)部分の後に記述するといいと思います。

今後の展望って、なんか、ワクワクするね

今後の展望を記述する際は、ここまでの研究結果と今後の展望の記述が混同しないよう、パラグラフ・ライティングを意識しましょう。

 

お疲れ様でした!

 


 


 

あっ、参考文献リスト、忘れないでね!参考文献リストがないと、剽窃疑いになってしまうよ

 


 


 

 

 

タイトルとURLをコピーしました