結論(コンクルージョン)を簡潔に示して、修士論文を締めくくろう!

論文の構成 結論の記述内容を示した図 修士論文・博士論文

論文などの執筆 結論(コンクルージョン)を書く

卒業論文や修士論文、博士論文などの論文形式の文章の書き方にはルールがあります。
論文全体は、序論(イントロダクション)・本論(ボディ)・結論(コンクルージョン)で構成します。

序論(イントロダクション)と本論(ボディ)を書き終えていれば、結論(コンクルージョン)を書くための準備がすでに終わっていることになります。

論文完成までもう一息です!

 

結論部分をサクッと書いてしまいましょう

でも、「結論」って、とても重要なもののような気がするけど?

もちろん、「結論」は重要です!

 

でも、結論(コンクルージョン)は、序論(イントロダクション)と本論(ボディ)がきっちり書けていれば、その内容を総括するだけの場所です。

何をどのように書けばいいか思い悩んでしまう序論(イントロダクション)

修士論文の執筆 序論(イントロダクション)の沼から抜け出そう!
修士論文や博士論文などの論文を書くときは、 卒業論文と同様、序論・本論・結論で文章全体を構成します。この中で、特に頭を悩ませ、試行錯誤して執筆するのが序論(イントロダクション)部分です。序論では、論じるテーマは何か!論じるテーマがいかに重要なものか!などを記述します。ここを曖昧にしたまま、論文を書き始めないようにしましょう。

読み手を納得させるために多くの根拠を示さなければならない本論(ボディ)

修士論文の執筆 本論(ボディ )で思う存分根拠を示そう!
論文は、 序論・本論・結論 で文章全体を構成します。量的にたくさん執筆しなければならない部分は、本論(ボディ)部分だと思います。本論では、序論で明確にした論じる目的を達成する必要があります。そのために、本論では、適切な根拠を具体的に積み上げていきましょう。

と比べて、結論(コンクルージョン)部分を書くことの負荷は少ないです。

 

ここでは、結論(コンクルージョン)の書き方についてです。

 


 


まずは、序論(イントロダクション)と本論(ボディ)を確認

序論で

・論じるテーマ
・論じるテーマの重要性
・論じる目的

を明確に記述しました。

そのために

・このテーマについて、過去にこんなに多くの研究がなされてるよ!
・でも過去の研究では、〇〇について解明されてないよ!
・過去の研究に対して別の視点から論じることができるよ!

などを記述したわけです。


 

そして、序論で明確にした論じる目的を達成するべく、本論で根拠を積み上げていきました。

根拠は

・適切に示す
・具体的に書く

ことが重要です。

そのために

・論じる目的から逸脱した内容は記述しない
・具体的でわかりやすい表現を活用する(図表など)

ことをお勧めしました。

 


 

序論部分と本論部分をきちんと記述してあれば、結論(コンクルージョン)部分での総括作業は、比較的スムーズに進むはずです。

 


結論(コンクルージョン)部分には何を書く?

結論(コンクルージョン)で記述する内容は

・本論で記述した内容の要約
・序論で掲げた言いたいこと(目的)の結果

大きく、この2点となります。

 


 

1. 本論で記述した内容を要約する

本論部分で、読み手を納得させるために、適切な根拠や具体的な根拠を積み上げました。
結論部分では、それら根拠を要約しましょう。

 

たくさん書いた根拠を、まとめる感じ?

そうですね。根拠を要約して「結論」をバシッと決めます!

 

以下のように、本論では多くの根拠が示されています。
それらを要約して、結論部分に書きましょう。

 

論文の構成 結論の記述内容を示した図

 

 

要約作業のヒント
本論部分がパラグラフ・ライティングで書かれていると、論文の要約作業もスムーズに進みます。各パラグラフのトピック・センテンスを拾っていけば要約できますからね!
パラグラフ・ライティングを身につけて、修士論文を書こう!
修士論文や博士論文など論文形式の文章は、パラグラフ・ライティングを意識して書きましょう。パラグラフ・ライティングを意識して論文を記述しておくと、論文を要約するときや修正するときに役立ちます。また、1つのパラグラフで1つのトピック(話題)が論じられているので、論点が整理されます。お勧めですよ!

 


 

2. 序論で掲げた言いたいこと(論じる目的)の結果を示す

次に、序論部分で掲げた言いたいこと(論じる目的)の結果を、結論部分で示しましょう。

論文は、言いたいこと(論文を書く目的)を達成するために書く文章です。
結論部分では、自分が論文で言いたかった(論文を書いた目的)の結果を簡潔に示すことが大切です。

 

論文の構成 結論の記述内容を示した図

 

 

これで、やっと、論文を書いた目的が達成されたね!

苦労してたどり着いた結果です。最後はバシッと決めましょう!

 

 

これで、序論(イントロダクション)・本論(ボディ)に続き、結論(コンクルージョン)部分が書けました。

 


 

今後の展望

卒業論文や修士論文などには、研究に関する今後の展望も書きたいですね。

今後の展望 に関しては、結論部分と章を分けて書くことをお勧めします。でも、ここまでの研究結果を今後の研究にどう繋いでいくか、その流れを強調したい場合は、結論部分に書いても大きな問題はないと思います。

ただし、今後の展望を記述する際は、ここまでの研究結果と今後の展望の記述が混同しないように注意しましょう。

 

「過去」と「未来」は別物です。パラグラフをきちんと分けましょう!

 


 


まとめ

結論(コンクルージョン)で記述する内容は

・本論で記述した内容の要約
・序論で掲げた言いたいこと(論文を書く目的)の結果

大きく、この2点です。

 

本論部分で、読み手を納得させるために、適切な根拠や具体的な根拠を積み上げました。
まずは、本論で記述した、それら根拠の要約をします。

次に、序論部分で掲げた言いたいこと(論じる目的)の結果を、簡潔に記述しましょう。

また、今後の展望を結論部分で記述する場合は、パラグラフをきちんと分けるようにしましょう。

 

 


 


 

これで、論文の本体を書き終えました。お疲れ様です!

ただし、ここで安心せずに、論文本体の後に、参考文献リストをつけましょう!参考文献リストをつけないと、剽窃疑いになって大変な事態になるかもしれません…怖い!怖い!

 


 


 

 

 

タイトルとURLをコピーしました