卒論やレポート課題の書き方 序論 本論 結論とは?

序論で記述する論じるテーマと背景を表現した図 卒業論文

卒論やレポート課題の書き方 序論 本論 結論とは?

大学で書く卒業論文やレポート課題は、文章全体の構成を序論・本論・結論にします。

序論・本論・結論の文章構成は、書き手の主張を読み手に納得させる「論文形式の文章」に適します。「論文形式の文章」は、調べたことを単純に並べて書く「調べ学習」のような文章の書き方や自分の個人的感想を綴る「感想文」とは異なることに注意しましょう。

卒論を書くときの書き方については、こちらでも説明しています。

卒業論文執筆へのアドバイス 序論・本論・結論
卒業論文を書くときにまず戸惑うことが「文章全体の構成をどうすればいいか?」ではないでしょうか。卒業論文など論文形式の文章は、序論・本論・結論で文章全体を構成します。では、実際、序論・本論・結論部分には何を書けばいいでのしょうか?

序論・本論・結論という言葉は知っているけど、いざ、書こうとするとできない!特に、序論が謎!!!

「序論」の「序」は「はじめ」という意味ですから、どうしても序論部分から書き始めることになります。でも、序論部分で、論じるテーマやそのテーマに関する背景を読み手にわかりやすく説明することは難しいです。

でも、読み手の立場になるとどうでしょうか?

読み手は、本論を読む前に、序論部分で論じるテーマやそのテーマに関する背景などを知りたいです。予備知識をもった上で本論を読む方が、書かれている内容を理解しやすいからです。

そして、ここが、卒論とレポート課題の大きな違いでもあります。レポート課題の場合、論じるテーマは教員が指定しますので、少なくとも読み手である教員は論じるテーマを知っています。


序論・本論・結論で書くこと

まずは、下の見取り図を使って、序論について説明します。

序論で記述する論じるテーマと背景を表現した図

序論で論じることの全体像を示す

序論部分で、卒論やレポート課題で論じる内容の全体像を示します。

① 研究のテーマはAである
② テーマAの背景はBとなっている
③ 背景B1,B2,B3のもとテーマAについてCと論じる
まずは、①研究のテーマがAであることを明確に示します。そして、②その研究テーマAの背景がどのようになっているか、たとえば、現状や問題点など背景Bを書きます。背景BのもとでテーマAについて論じるという見取り図を示すことができたら、③自分が論じたいことはCであると宣言します。

上の見取り図のように、論文の全体像を知った上で本論部分を読むことができると、本論部分で書かれている内容を理解しやすくなります!

序論で、見取り図を手に入れると本論部分を読むときに楽になるんだ!

レポート課題の場合は論じるテーマを教員が指定しているため、卒論ほどテーマAの背景を詳細に示す必要はありません。でも、テーマAに関して自分が言いたいことC、つまり「論じたいこと:C」を明確に示す必要はあります。

言いたいことがよくわかっていない状態で、本論は書けません!

本論で読み手を納得させる

序論部分で「Cについて論じる!」と宣言しましたから、本論部分でそれを実行します。

読み手を納得させる根拠を書いていきましょう!

たとえば、本論部分では以下のように根拠を書くことになります。

・「学生に10万円給付することに賛成だ!」と主張するのであれば、賛成する根拠
・「自動車免許の更新に年齢上限を定めるべきだ!」と主張するのであれば、定めるべき根拠
・「新種の〇〇を発見した!」と主張するのであれば、〇〇が新種であることの根拠

このように、序論で「論じたいこと:C」を明確に示し、本論部分でその根拠を書きましょう。過去の文献や実験した結果、考察内容などを根拠として本論部分に記述します。複数の根拠を書いて読み手を納得させましょう。

結論で結果とその根拠を簡潔に示す

結論部分では、序論で示した「論じたいこと:C」の結果を書きます。そして、結果に至った根拠を簡潔に記述します。

結論部分で根拠を示すときには、長々と、本論部分のまとめをしないように注意しましょう。序論部分で書いた「論じたいこと:C」の結果に至った根拠を簡潔に示します。

結論部分はシンプルだね!

結論部分は、序論で示した「論じたいこと:C」の結果とその根拠を簡潔に示してあればOKです!

スポンサーリンク

まとめ

大学で書く卒業論文やレポート課題などは、序論・本論・結論で文章を構成しましょう。序論・本論・結論の文章構成は、書き手の主張を読み手に納得させる「論文形式の文章」に適します。

読み手は、本論を読む前に、序論部分で研究のテーマやそのテーマに関する背景などを知りたいのです。ただし、レポート課題の場合、論じるテーマは教員が指定しますので、少なくとも読み手である教員はテーマを知っています。そのため、卒論ほどテーマの背景を詳細に示す必要はありません。でも、自分が言いたいこと(主張)は序論部分で明確に示しておく必要があります。

本論部分には、自分が言いたいこと(主張)の根拠を書きます。複数の根拠を書いて読み手を納得させましょう。

そして、結論部分には、序論部分で明確にした論じたいことの結果とその結果に至った根拠を簡潔に書きます。


 

読み手を納得させる文章の書き方を身につけておくと、大学外でも使えます!

タイトルとURLをコピーしました