卒業論文やレポート課題の構成:序論 本論 結論

序論で記述する論じるテーマと背景を表現した図 卒業論文

大学で書く卒論やレポート課題は、序論 本論 結論を意識して書こう!

卒業論文や大学のレポート課題は、序論・本論・結論の構成で書きましょう。

論文形式の文章を書くときは、序論・本論・結論の構成で書くことをお勧めします。序論・本論・結論という構成で文章を書くと、論理の流れがわかりやすくなるからです。自分の個人的な感想を綴る「感想文」や調べたことだけを記述する「調べ学習」のような形で、卒業論文や大学で書くレポート課題を書かないよう注意しましょう。

特に、卒論は「論文」です。序論・本論・結論で文章全体を構成しましょう。

卒業論文執筆へのアドバイス 序論・本論・結論
卒業論文など論文形式の文章は、序論で論じる目的を明確に示すことが大切です。自分は何を論じたいのか、何を主張したくて論文を書いているのか、そこをはっきりさせましょう。序論で論文のゴールがはっきりすれば、あとは、ゴールに向かって本論と結論を記述するだけです。

序論・本論・結論という言葉は知っているけど、いざ、書こうとするとよくわからない。特に、序論が謎!!!

序論部分で、これから論じるテーマや自分が論じたいこと、また、そのテーマに関する背景などを説明します。

「こんなことをこれからこんな風に書きますよ」と、まず最初に読み手に教えてあげます。そうすると、読み手はそれ以降の文章を読みやすくなりますね!

論理の流れがわかりやすい文章の書き方を身につけておくと、ビジネス場面でもきっと役立つはずです。卒業論文や大学で書くレポート課題は、序論・本論・結論を意識して書くようにしましょう。

スポンサーリンク

序論・本論・結論で書くこと

序論部分でこれから論じる内容を示す

序論部分で、これから論じる内容を示します。序論部分は、論文やレポートを読む人の立場になって書くことが大切です。これから何について論じるのか、その背景はどのようなものかなど、まず最初に読み手に教えてあげましょう。

ただし、序論で書く内容は、卒論とレポート課題では異なります。卒論は、自分で自分の卒論のテーマを決めますから、どのようなテーマについて書くかを序論で詳細に説明する必要があります。でも、レポート課題の場合は書くテーマがすでに決まっていますので、序論で詳細に説明する必要がありません。

卒業論文の場合

序論部分で、これから何について論じるのか丁寧に説明しましょう。

序論で記述する論じるテーマと背景を表現した図

まず、①卒論の研究テーマがAであることを明確に示します。そして、②その研究テーマAの背景がどのようになっているか、たとえば、現状や問題点などの背景B1,B2,B3などを示します。背景BのもとでテーマAについて論じるという卒論全体の見取り図のようなものを示すことができたら、③自分が卒論で論じたいことはCであると宣言しましょう。

① 研究のテーマはAである
② テーマAの背景はBとなっている
③ 背景B1,B2,B3のもとテーマAについてCと論じる

説明しなければならないことがたくさんあるから、序論部分は長くなりそう!

序論部分に丁寧な説明があると、読み手は、卒業論文の全体像を知ることができます。

全体像を知った上で本論部分を読むと、本論部分に書かれている内容を理解しやすくなりますね!

レポート課題の場合

レポート課題の場合、教員によってレポートで論じるテーマは、すでに決められています。そのため、卒論のようにテーマAの背景を詳細に説明する必要がありません。

レポート課題は、卒論を書くよりもずっと楽ですね!

でも、テーマAに関して自分が言いたいこと、つまり「論じたいこと:C」はきちんと示すようにしましょう。それがないと、自分の個人的な感想を綴るだけの「感想文」や調べたことを記述するだけの「調べ学習」のようなレポートになってしまいます。

論じたいこと?

たとえば、「〇〇という提案には賛成だ」「〇〇には改善点がある」「〇〇という手法を提案する」など、これから自分は何を論じるのかという主張を明確に示します。そして、その主張を読み手に納得させるために、本論部分を書きます。

スポンサーリンク

本論部分で読み手を納得させる

序論部分で「Cについて論じる!」と宣言したら、本論部分でそれを実行します。

読み手を納得させる根拠を書いていきましょう!

たとえば、本論部分では以下のように根拠を書きます。

・「学生に10万円給付することに賛成だ!」と主張するのであれば、賛成する根拠
・「自動車免許の更新に年齢上限を定めるべきだ!」と主張するのであれば、定めるべき根拠
・「新種の〇〇を発見した!」と主張するのであれば、〇〇が新種であることの根拠

このように、序論で「論じたいこと:C」を明確に示し、本論部分でその根拠を示しましょう。過去の文献や実験した結果、考察内容などを根拠として記述していきます。複数の根拠を書いて読み手を納得させましょう。

レポート課題の場合は、本論部分がメインかな?

主張と根拠については、こちらでも説明しています。

レポート課題を論文形式で書くときには主張と根拠を明確に示そう
大学でレポートを書くとき、論文形式の文章の書き方にチャレンジしてみましょう。論文形式の文章とは、何かについて論じる文章です。そのため、自分の主張や、その主張を裏付ける根拠を明確に示す必要があります。「思う」や「感じる」という表現は避けた方がいいです。

結論部分で結果とその根拠を簡潔に示す

結論部分には、序論で示した「論じたいこと:C」の結果を書きます。そして、結果に至った根拠を簡潔に記述します。結論部分で根拠を示すときには、長々と、本論部分のまとめをしないように注意しましょう。

結論部分はシンプルですね!

まとめ

卒業論文や大学で書くレポート課題などは、序論・本論・結論で文章全体を構成しましょう。

卒業論文の場合は、序論部分で、まず、研究のテーマやそのテーマに関する背景などを記述します。そして、自分が言いたいこと(主張)を明確に示しましょう。レポート課題の場合は、論じるテーマを教員が指定しているため、卒論のようにテーマの背景を詳細に説明する必要はありません。でも、自分が言いたいこと(主張)は明確に示しておきましょう。

本論部分では、自分が言いたいこと(主張)の根拠を示します。複数の根拠を書いて読み手を納得させましょう。

そして、結論部分には、序論部分で主張したことの結果と本論部分で示した根拠を簡潔にまとめます。

卒業論文や大学で書くレポート課題は、序論・本論・結論を意識して書くようにしましょう。序論・本論・結論の書き方を身につけておくと、いつか、ビジネス場面でも役立ちますよ。


自分の場合、大学院に進学して初めて、序論・本論・結論の文章の書き方を体系的に学びました。もっと、早く知りたかったです!

タイトルとURLをコピーしました