卒業論文のアドバイス タイトル(題目)のつけ方がわからないとき

卒業論文のタイトルのつけ方を説明した図 卒業論文

卒業論文のアドバイス タイトル(題目)のつけ方

卒業論文を書き終えたら、タイトル(題目)をつけましょう!大学によっては、卒業論文のタイトル(題目)に字数制限が設けられていることもあります。そのような場合は字数制限を守りましょう。

どんなタイトルをつけたらいいか、よくわからない!

では、卒業論文のタイトル(題目)のつけ方について簡単に説明しますね


先輩の卒論のタイトルを参考にする

所属しているゼミ(研究室)の先輩方が提出した卒論のタイトルを参考にしてみましょう。

ゼミ(研究室)には、先輩方の卒論が保管されていると思います。同じゼミ(研究室)の先輩方の卒論であれば、研究内容や研究手法などが似通っているのではないでしょうか。先輩方の卒論のタイトルのつけ方を参考にしてみましょう。

自分らしく工夫したいときは?

では、卒論のタイトルらしくなる方法を紹介しますね

卒論らしいタイトル表現を使う

卒業論文のタイトルのつけ方を説明した図

これをつけると卒論のタイトルっぽくなる名詞

卒論のタイトル末尾に「解明」「検討」「考察」「分析」「調査」などの名詞をつけると(他にもいろいろあるから調べてみてね!)卒論らしいタイトルになります。

たしかに、卒論のタイトルっぽくなる!

ただし、修士論文や投稿論文などにタイトルをつけるときは、ここで紹介したような論文らしい名詞を多用しない方がいいです。研究してわかった結果そのものをタイトルに入れましょう。

たとえば、論文では「何かについて考察する」ことは当たり前です。当たり前のことをタイトルにわざわざ書く必要はありません。そのため、「考察」という語句を使わずに考察した結果それ自体をタイトルに書きます。何かについて分析や調査などをしたときも同様です。分析した結果や調査した結果そのものを、タイトルに入れるよう工夫しましょう。

論文のタイトル末尾につけない記号

一般的に、論文のタイトル末尾に、句点「。」疑問符「?」感嘆符「!」はつけません。

スポンサーリンク

取り敢えず書いてみる!

論文らしいタイトルの表現方法を知った上で、取り敢えず、自分の卒業論文のタイトルをつけてみましょう。つまり、〇〇の解明、〇〇を検討、〇〇について考察、〇〇に関する調査、〇〇の分析 などの〇〇部分を考えます。

〇〇に入れることばが浮かんでこない!

〇〇は、自分が実際にやったことやその結果だよ!

最初は論文のタイトルっぽくなくてもいいので

△△が問題だと思った。そのため、△△を解決するにはどうしたらいいか考えた。考えて□□をやってみた。□□をやってみたら◎◎ということがわかった。

などと、自分が実際にやったことやその結果を卒業論文を見ながら書き出してみましょう。

書き出した文章を見ると、「自分が考えたこと」「自分がやったこと」「やってみてわかったこと」などが見えてきませんか?

ここまでできたら、あと一息です。書き出した文章から自分の研究らしい語句をピックアップします。ピックアップした語句が自分の研究のキーワードになります。

キーワード?

ピックアップしたキーワードを使って、タイトルの〇〇部分を埋めます。うまく埋めることができたら卒業論文のタイトルが完成します。

最初は、指定されている文字数よりも長いタイトルになってしまうかもしれません。でも、長く書かれたタイトルの文字数を減らす方が、短いタイトルの文字数を増やすより、多分、楽です!

どうしても卒業論文のタイトルをつけられないときは、自分が実際にやったことやその結果を書き出して、自分の研究のキーワードを探しましょう。


まとめ

卒業論文を書き終えたら、タイトル(題目)をつけましょう!

大学によっては、卒業論文のタイトル(題目)に字数制限が設けられていることもあります。そのような場合は字数制限を守りましょう。その際、所属しているゼミ(研究室)の先輩の卒業論文のタイトルのつけ方を参考にするといいかもしれません。

また、卒業論文レベルであれば、論文らしい表現の名詞を使ってタイトルをつけてみることをお勧めします。それでも、タイトルがつけられないときは、自分が実際にやったことやその結果を卒業論文を見ながら簡潔に書き出します。書き出した文章から、自分の卒業論文を表現しているキーワードをピックアップしましょう。ピックアップしたキーワードをタイトルに入れると、自分の卒業論文のタイトルになりませんか?


自分で書いた論文に自分でタイトルをつけるだけなのに「なんで論文にタイトルをつける作業っていつも時間がかかるんだろう?」と思います。

タイトルとURLをコピーしました