卒業論文など、論文にタイトル(題目)をつけるとき

卒業論文のタイトルのつけ方を説明した図 卒業論文

論文らしいタイトル(題目)のつけ方

卒業論文などを書き終えたら、書いた論文の内容に即したタイトル(題目)をつけましょう。大学によっては、タイトル(題目)に字数制限などのルールが設定されていることもあります。論文を提出するときは、タイトル(題目)に関するルールが設定されていないか必ず確認しましょう。

以下、卒論らしいタイトル(題目)のつけ方について説明します。

卒論らしいタイトルになる名詞

タイトル末尾に句点や符号をつけない

まずは基本です。論文のタイトル末尾に、句点「。」疑問符「?」感嘆符「!」はつけません。一般的に、末尾は名詞で終わります。

卒論のタイトルっぽくなる名詞を探し、末尾につける

卒業論文のタイトルのつけ方を説明した図

卒論のタイトル末尾に「解明」「検討」「考察」「分析」「調査」などの名詞をつけると卒論らしいタイトルになります。

たしかに、卒論らしい!

自分の研究分野では「比較」「提案」「評価」「構築」「適用」「検証」「試み」などを見かけますね

何かを作る分野の人は「制作」もありそう!

ほかにも、卒論のタイトル末尾によく使われる名詞はあります。自分が書いた卒論の内容と合いそうな名詞を探してみましょう。

【卒論ではなく、修士論文や投稿論文の場合】

修士論文や投稿論文の場合は、安易に「考察」を使わない方がいいかもしれません。論文で「何かについて考察することは当然のことだからです。修士論文や投稿論文の場合は、「考察」を使わず、考察した結果それ自体を書くよう工夫することをお勧めします。
スポンサーリンク

自分の研究のキーワード

末尾の名詞と組み合わせるキーワードを探す

卒業論文のタイトルのつけ方を説明した図

卒論らしくなる名詞と組み合わせるキーワードを探します。〇〇の解明、〇〇を検討、〇〇について考察、〇〇に関する調査、〇〇の分析 などの〇〇部分に入るキーワードを自分の卒業論文から探し出します。

キーワードは、自分が実際にやったことやその結果を表す適切なことばです。最初は論文のタイトルっぽくならなくても構いません。

△△が問題だと思った。そのため、△△を解決するにはどうしたらいいか考えた。考えて□□をやってみた。□□をやってみたら◎◎ということがわかった。

などと、自分が実際にやったことやその結果を卒業論文を見ながら書き出してみましょう。

書き出した文章を見ると、「自分が考えたこと」「自分がやったこと」「やってみてわかったこと」などが見えてきませんか?

書き出した文章から自分の研究らしい語句をピックアップします。ピックアップした語句が自分の研究のキーワードになる可能性が高いです。

ピックアップしたキーワードを、タイトルの〇〇部分に入れてみるんだね!

うまく埋めることができたら、卒業論文のタイトルが完成します

最初は、指定されている文字数よりも長いタイトルになってしまうかもしれません。でも、長く書かれたタイトルの文字数を減らす方が、短いタイトルの文字数を増やすより、楽です。

卒業論文のタイトルをつけるときは、自分が実際にやったことやその結果を書き出して、自分の研究のキーワードを探しましょう。

スポンサーリンク

おまけ:時間がないとき

先輩のタイトルのつけ方を参考にする

所属ゼミ(研究室)の先輩方が提出した卒論のタイトルのつけ方を参考にしましょう。

手っ取り早い方法だね!

同じゼミ(研究室)の先輩方の卒論であれば、研究内容や研究手法などが似通っていることが多いです。ゼミ(研究室)に過去の卒論が保管されていたら、先輩方のタイトルのつけ方を参考にしてみましょう。

まとめ

卒業論文を書き終えたら、卒業論文に適切なタイトル(題目)をつけます。

大学によっては、卒業論文のタイトル(題目)に字数制限などのルールが設けられていることがあります。必ず確認しましょう。

卒業論文など、論文には論文らしいタイトルの付け方があります。まずは、タイトル末尾につける名詞を探し、さらに、卒論のために実際にやったことや研究結果などから自分の研究のキーワードを探し出しましょう。そのキーワードと論文末尾の名詞を組み合わせると、自分の卒業論文に合ったタイトルとなるはずです。


論文にタイトルをつける作業は、意外と手間がかかりますよね…

タイトルとURLをコピーしました