卒業論文の研究テーマが決められないとき:社会的意義か自分の興味か!

卒業論文の研究テーマを決めるときに興味優先か意義優先かを主張する図 卒業論文

卒業論文の研究テーマを決めるときに優先することは?

卒業論文を書くためには自分の研究テーマを決めなければなりません。所属しているゼミ(研究室)によっては、卒業論文執筆にあたり、ある程度、形式に則った研究計画書を書かせるケースもあります。

研究計画書?

卒業論文のための研究計画書の書き方:基本事項
研究計画書の書き方は所属する大学や研究室によって異なりますが、共通の約束事は、文末表現を「である」調にすること、自分の主観を語る表現を避けること、また「自分の意見か」「他者の意見か」を明確に区別することです。全体の構成は例を参考にしてみましょう。

所属しているゼミ(研究室)の先輩などに頼んで、参考までに、研究計画書や卒業論文を見せてもらうことはできます。でも、コピペは絶対にやめましょう。

悔やんでも悔やみきれないことになりますよ!

卒業論文を書くためには、まず、自分の研究テーマを決めます。何を基準に研究テーマを決めればいいのでしょうか。

社会的に意義のある研究か!それとも、自分の興味を優先するか!

以下、研究テーマを決めるためのヒントです。


社会的意義を取るか!興味あるテーマにするか!

せっかく卒業論文を書くのですから「社会的な問題を研究テーマに選び、その解決策を提案するようなすごい論文」を書きたいですよね。でも「自分にとって興味あることを研究対象に選び、それをひたすら追求するような論文」も捨てがたいです。

卒業論文の研究テーマを決めるときに興味優先か意義優先かを主張する図

卒業論文では、興味あるテーマを研究テーマに選ぼう

卒業論文では、自分の興味を優先することをお勧めします。

もちろん、大学生活の集大成として卒業論文を書くのですから、社会的な意義のある卒業論文を書きたいです。でも、実際に多くの先行研究を調べていくうちに気づくと思いますが、社会的意義のあるすごい論文を書くためには、2年間という期間は短かすぎます。

卒業論文を書くためには、まず、研究テーマに関する多くの文献を探さなければなりません。さらに、どのような先行研究が行われているか調べる必要があります。それから、参考にする文献や先行研究などを比較検討します。さらに、質問調査や現地調査、インタビュー調査を行ったり、実験を行ったりすることもあります。その後、結果を分析し考察します。

たった2年間で、これ全部やるの?

これだけのことに2年間取り組まなければなりませんから、自分の興味を優先することをお勧めします。もしも、社会的意義を優先してあまり興味がない研究テーマを選んでしまうと、途中で研究を放棄したくなるかもしれません。

でも、社会的意義も少しは意識しよう

研究活動を続けて無事に卒業論文を書き終えるためは、自分の興味を優先して研究テーマを決めることをお勧めします。でも、社会的意義を無視するわけにもいきません。自分の興味を優先して研究テーマを決めても、やはり卒業論文を書くのですから、ある程度、社会的意義は必要です。

研究テーマを選ぶための2軸を興味と社会的意義に設定した4象限の図

 

社会的意義がない状態とは、たとえば

・自分のサークル活動の素晴らしさについて延々書き綴っているだけ
・おいしいパンケーキを食べ歩きして各店舗の味やコスパなどのデータを比較しただけ

のような文章です。これでは、社会的な問題を提起している文章とはいえません。

でも、どうすれば社会的意義のある研究になるんだろう

まずは、自分の興味ある研究テーマに関する文献を探しましょう。いろいろと調べていくうちに、何かしらの問題を見つけ出すことができるはずです。卒業論文を書くからには、社会的に何かしらの問題提起をして、その解決に向けて何かしらの検討をする必要があることを忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

とにかく、文献を探してみよう

研究テーマの候補が決まったら、その研究テーマに関わりがありそうな文献を探します。たとえば、最近話題になったピクトグラム、↓こんな感じの視覚に訴える図のことですね。

非常口のピクトグラムを簡易的に描いた図

このピクトグラムに関する文献をGoogle Scalar(Googleが提供する学術文献を検索するサイト)で検索してみると

Google Scholar
Google Scholar では、さまざまな学術文献を簡単に検索できます。多岐にわたる分野と出典の論説、論文、書籍、要約、法律関係資料をお探しいただけます。

約1500件ヒットします(2021/8/9調べ)。

自分の研究テーマに関係しそうなことばをキーワードにして、とにかく文献を探します。卒業論文の執筆は文献探しから始まります。そして、先行研究を見つけていきましょう。

卒業論文のアドバイス 先行研究の探し方 三つの基本
卒業論文を書くときには、自分の論文の独自性と新規性を主張する必要があります。そのめに先行研究を探します。適切な先行研究を見つけ出すことができたら、その論文の末尾にある参考文献リストを活用して、芋づる式に他の先行研究を探し出すこともできます。

まとめ

卒業論文を書くためには、まず、自分の研究テーマを決めなければなりません。2年間、研究に取り組まなければなりませんから

自分の興味を優先して研究テーマを探す

ことをお勧めします。興味ある研究テーマでないと、2年間、研究活動を続けることが難しいからです。ただし、自分の興味を優先して研究テーマを決めたとしても、やはり卒業論文を書くのですから

社会的に何かしらの問題提起をして、その解決に向けて何かしら検討をする

ことも忘れないようにしましょう。

まずは、自分の研究テーマに関わりがありそうな文献を探すことから始めましょう!


「案ずるより産むが易し」始める前は、あれこれ心配ばかりしてしまいがちですが、とにかく、文献探しにトライしてみましょう。手と頭を動かしているうちに少しづつ前に進んでいけるはずです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました