卒業研究発表会のコツ(早稲田大学eスクール) 

早稲田大学 学生証 eスクール

卒業研究発表会のコツ

早稲田大学のeスクールは、インターネットを利用して講義を受講し、単位を取得できる学びの場です。でも、卒業研究発表会で自分の研究結果を発表して口頭試問を受けなければ、卒業できません

 

eスクールを卒業するためには、自分の研究結果を皆の前で発表して、その発表内容についての質問に応える必要があるんだね!

 

口頭試問に合格することが最終目標ですね!

 

eスクールを卒業するためには

・通常の講義を受講して卒業に必要な単位を取得する
・自分で決めた研究テーマについて研究する
・最終的に、卒業研究発表会で自分の研究を発表し、そこで合格する

必要があります。


そもそも、卒業研究発表会って何?

卒業研究発表会とは、自分の研究の成果を、担当教員や教育コーチ、学友たちの前で発表する場です。その卒業研究発表会では、口頭試問(質問されてそれに応える)が実施されます。卒業するためには、そこで合格しなければなりません。

口頭試問って、具体的にどんなことするの?

たとえば、自分が発表した内容について
「なぜ、その研究テーマを選んだか」
「実験環境について、もう少し詳しく説明してほしい」
「何がわかって何がわからなかったのか、聞きたい」

など、いろいろな質問をされますので、その質問に応えます。

卒業研究発表会は、とても緊張する場です。でも、質問に丁寧に応えることができれば乗り越えられると思います。以下は、卒業研究発表会を無事に乗り切るためのちょっとしたコツ です。

 


宿泊先の検討

卒業研究発表会に参加することが決まったら、まずは宿泊先の検討をしましょう。宿泊先の検討は、eスクールならではかもしれません。

eスクールには、キャンパスから離れた遠隔地に居住している学生が多いです。

卒業研究発表会当日、まず、発表者は、所沢キャンパスに行きます。さらに、発表を見にくるゼミ仲間などの学友も、所沢キャンパスに集まります。教員や教育コーチなど、多くの関係者が集まりますので、結果的に、かなり多くの人が、卒業研究発表会の当日はキャンパスに集うことになります。

また、発表当日のタイムテーブルもすぐには確定しません。「朝、9時から発表!」となって慌てることのないよう、遠方に住んでいて不安のある方は、取り敢えず、宿泊先を確保しておくことをお勧めします。

思いの外、大学近隣のホテルは混みあいます。

使い勝手のいいホテルから予約されていきますので、卒業研究発表会への参加が決まったら、まずは、宿泊先の検討をしましょう

私は、通えないほどの遠隔地に居住していたわけではありませんが、卒業研究発表当日は、安心のためにホテルを取りました!

スライドの作成

例年、卒業研究発表会では、研究内容の発表時間は10分、質疑応答の時間は5分となっています。
取り敢えず、10分間の発表用スライドを作成してみましょう

社会人の方は、スライド作りに慣れていると思います。でも、研究を発表するためのスライド作りには、それなりの作法があります。

また、発表時間も厳守です。頑張って研究した人ほど、あれもこれもとスライドに詰め込んでしまい、とても10分では発表しきれないスライドを作成してしまいがちです。

まずは、研究発表に即したスライドとはどのようなものか、10分間で発表できるスライドとはどのような量かなどを確認しましょう。

作成したスライドを教育コーチや研究室の先輩に見てもらいましょう。作成したスライドを見ながらあれこれ指摘してもらう方が、より具体的なアドバイスをもらえます。

自分の研究について、教育コーチや研究室の先輩と気軽に相談できる環境を築いておくことをお勧めします。そうすれば、より具体的なアドバイスをもらえるのではないでしょうか。

 

発表練習は自己チェックと他者チェック

卒業研究発表会では、指導教員や教育コーチ、学友などの前で発表します。さらに、ビデオカメラによる収録も行われますから、しっかり発表練習をしておきましょう

収録あるんだ!

発表練習は、以下のように、自己チェック他者チェックの複数回行うことをお勧めします。

まずは、自己チェック

今は、スマートフォンやパソコンを利用して簡単に自撮り撮影ができますから、自分で自分の発表を録画して自己チェックしてみましょう!最初は少し照れるかもしれませんが、すぐに慣れます。

 

次に、他者チェック

ゼミ仲間や先輩、教育コーチの前で発表練習をしましょう。ゼミ仲間や先輩、教育コーチからいろいろアドバイスをもらえるはずです。また、本番さながらに、発表時間の経過を知らせるベルなどをチリーンと鳴らしてもらうのもいいかもしれません。緊張した気分でリハーサルできます。

自己チェックと他者チェック、面倒がらずに複数回やることをお勧めします。そうすれば、本番で頭の中が真っ白!などという危機は避けられるはずです。
卒業研究を学会で発表したり論文に投稿する予定がある人は、ゼミ関係者以外の人前で発表練習をしない方がいいです

 


まとめ

早稲田大学のeスクールは、卒業研究発表会で自分の研究結果を発表して口頭試問を受けなければ卒業できません

卒業研究発表会で発表することが決まったら

・宿泊先の検討
・次に、スライドの作成
・発表練習では、自己チェックと他者チェック

をお勧めします。


 

卒業研究発表会

時間が余って困る人よりも、時間が足らなくなって、発表の最後が超早口になる人の方が多かった印象です。10分ぴったりで発表することって、結構、難しいことなのかもしれませんね!

 

 

タイトルとURLをコピーしました