卒業研究発表会 早稲田大学人間科学部eスクール

大隈講堂の時計

卒業研究発表会のアドバイス
(早稲田大学人間科学部eスクール)

大学の通信教育課程でも卒業論文執筆を卒業要件に指定している大学は多いです。
大学のウェブサイトで確認すると、卒業論文の面接試問や卒業研究の発表を必須にしている大学、かなりありますね!

例えば、早稲田大学人間科学部eスクール(通信教育課程)は卒業研究発表会での研究発表が必須となっています。本格的な卒業研究発表の場となりますので、eスクールに在学している方は、卒業研究発表会ための準備をしっかりしておくことをお勧めします。


早稲田大学人間科学部eスクールの卒業研究発表会

早稲田大学人間科学部eスクール (通信教育課程) では、卒業研究発表会が実施されます。

卒業研究発表会は、所属している研究室で2年間行った研究の成果を発表することによって、確かにその研究を本人が行ったと確認する場です。そのために、口頭試問が実施されます。口頭試問を実施することによって、研究の成果を評価します。

ですから、卒業研究発表会はなかなか厳しい場となります!

また、卒業研究発表会の様子は収録されます。収録された映像はオンデマンドコンテンツ化して、教職員による発表内容の確認やeスクールの在学生の研究の参考などに使用されます。

ですから、卒業研究発表会はかなり緊張する場となります!

卒業研究発表会のための準備は、しっかりしておく必要がありますね。
以下で、卒業研究発表会を無事に乗り切るためのアドバイスを3点ほど紹介します!


① 宿泊先の確保

卒業研究発表会に参加することが決まったら、宿泊先を確保しましょう。これは、eスクール(通信教育課程)ならではのアドバイスです!

eスクールのウェブサイトに、卒業研究発表会は「毎年1月下旬と7月下旬の土日に実施され、例年100名を超える学生がこの発表会に臨んでいます。」と書かれているように、卒業研究発表会当日は大勢の学生が遠方から所沢キャンパスに集まることになります。

そのため、卒業研究発表会の頃、所沢キャンパスの近隣ホテルは混みます。

卒業研究発表会に参加することが決まったら、ホテルの予約を取ることをお勧めします。


② スライド作成

卒業研究発表会では、例年、研究内容を発表する時間が10分、質疑応答が5分です。そのため、10分間のスライドを作成する必要があります。

「10分間もプレゼンするのかぁ…」
と思われるかもしれませんが、実際にプレゼンしてみると10分間はアッという間(ま)です。発表の最後になって
「超早口で喋らなければプレゼンが終わらない!」
と焦る人も多いです。

したがって、発表用のスライドは、発表時間10分をきちんと守ることができるよう作成しましょう。ただし、この作業、なかなか大変です。2年間行った研究の成果を、10分のプレゼンに1人でまとめていると、あれもこれもとスライドに書き込んでいきたくなるからです。そんなときは、教育コーチに相談 しましょう。教育コーチは、こういうときのために居るのですから!

私の個人的な意見としては、研究発表のためのスライド作成のコツ で示したように、なるべくシンプルなスライドを作成することをお勧めします。

教育コーチと相談しながら、10分のプレゼン用のスライドを作成しましょう!


③ 発表の練習

卒業研究発表会の当日は、指導教員や教育コーチ、ゼミ仲間などかなりの人数の前で発表することになります。また、ビデオカメラによる収録も行われますので、しっかり発表練習をしてから本番に臨みましょう!

しっかり発表練習をしておけば、緊張で頭の中が真っ白!!!などという状態にはならないと思います。

発表練習は、以下のように、自己チェック他者チェック を複数回実施するといいですね。

・まずは、自己チェック
今は、スマートフォンやパソコンを利用して簡単に自撮り撮影ができますから、自分で自分の発表を録画して自己チェックしてみましょう!
最初は少し照れるかもしれませんが、すぐに慣れます。

・次に、他者チェック
ゼミ仲間や教育コーチの前で発表練習をしましょう。いろいろと発表に関するアドバイスをもらえるはずです。また、本番さながら、発表時間の経過を知らせるベルなども鳴らしてもらうと、緊張したリハーサル気分を味わえるかもしれません。

このような、自己チェックと他者チェックを複数回実施しておけば、本番で頭の中が真っ白になることは避けられると思います。

注意 自分の研究成果を学会発表したり論文投稿する予定の人は、ゼミ関係者以外の人まえでは発表練習をしない方がいいかもしれません。


まとめ

早稲田大学人間科学部のeスクールが実施する卒業研究発表会は、かなり緊張する場です。

そこを無事に乗り切るためには

まずは、遠方の人は宿泊先を確保
次に、教育コーチと相談しながらスライドを作成
そして、自己チェックと他者チェックの二通りの発表練習

をしましょう!
そうすれば、自信をもって卒業研究発表会に臨むことができます。

今年度、卒業研究発表会に臨まれる方、ファイトです!!!