早稲田大学人間科学部eスクール 志望動機書

早稲田大学 学生証 eスクール

早稲田大学人間科学部eスクール 志望動機書の作成

「早稲田大学人間科学部eスクールに入って学ぶ!!!」
そう決心したら、次にやることは出願手続きです。

決められた出願期間内に諸々の書類を提出しなければなりません。

この提出書類の中で頭を悩ますのが 志望動機書 です

志望動機書の作成 には、時間がかかると思います。

「社会人生活を送りながら大学に進学したいという熱い想いをもっているのだから志望動機書を書くなんて楽勝!楽勝!」という方もいらっしゃるかもしれませんが……… いざ書こうとするとこれがなかなか大変なのです。

志望動機書? どんな風に書くの?

まず、字数が決められています。

志望動機書は2700字から3000字ほどで書きます

普段、文章を書く機会が少ない人にとっては、2700字から3000字の文字といってもピンとこないかもしれません。すごく熱い志望動機をもっている方であれば、2700字から3000字の文字量くらい軽くクリアかもしれませんが、この決められた文字数に志望動機をまとめる作業、かなり神経を使います。

なぜなら、指定された用紙に手書きしなければなりません。

手書き!? 

そう、黒のボールペンで手書きね!

ということで、以下、志望動機の書き方のアドバイスです。
よろしければ、参考にしてみてください。



1. まず、志望動機書(記入上の注意)を読む!

まずは、 志望動機書(記入上の注意) をきちんと読みましょう。
目を通さずに勝手な思い込みで志望動機書を書くと、取り返しのつかないミスをしてしまう危険があります。

例えば、

志望動機書はすべて手書き!(コピー不可)

という注意書きを見落としてコピー版を提出してしまった!…などというミスをしてしまいます。

パソコンを使って志望動機書を書く人は多いと思います。提出期限ギリギリで、そのまま印刷して送ってしまった!などということにならないように!


2. 「書いてください」と指示されている内容を素直に書く!

志望動機書(様式) で指示されている内容を素直に書きましょう。

素直?

そう、素直は大事! 素直に指示にしたがいましょう

志望動機書には、以下の3つの内容を書くよう明確に指示されていますよね。

① 志望に至った経緯
② この課程で学ぶ目的
③ 卒業後の展望

ですから、この指示通りに、上の3つの内容を素直に 2700字から3000字 で書けば十分です。

そのとき、ちょっとしたコツがあります。

① 志望に至った経緯
② この課程で学ぶ目的
③ 卒業後の展望

上の3つの内容が、それぞれ 1つのかたまり になるよう、まとめて書くようにします。
そうすると志望動機書が格段に読みやすくなります。

以下のような かたまり を作りましょう!

早稲田大学人間科学部eスクール _志望動機書の書き方

①、②、③の記述内容がゴチャゴチャに混ぜ合わさって書かれている志望動機書は読みにくいです。

1つのかたまり1つの内容 を書く!
このことを意識して書くと、とても読みやすい文章になります。


3. 下書きをして最低1回は読み直す!

いきなり、指定された用紙に黒のボールペンで志望動機を書き始める人は少ないと思います。
おそらく、何だかの方法で下書きをされるはずです。

まずは、下書きね!

はい、下書きです。そして、下書きが完成したら最低1回は読み直しをしましょう!

読み直してみると、思わぬミスに気づくことができます。
志望動機書は大学に提出する書類です。誤字や脱字は避けたいですよね。また、志望動機書は手書きしたものを提出しますから、下書きの段階でミスはつぶしておきましょう。

たしかに、手書きしちゃったら、もう修正はしたくない!

志望動機書は手書きと指定されています。
下書きの段階で最低1回は読み直しをして、ミスのない手書きの志望動機書を提出しましょう

 



まとめ

志望動機書を書くときは

1. まず、志望動機書(記入上の注意)を読む!
2. 「書いてください」と指示されている内容を素直に書く!
3. 下書きをして最低1回は読み直す!

ようにしましょう。

「想像もしていなかったミスをしてしまった!」
などと慌てることのないよう、時間的な余裕をもって志望動機書に取り掛かることをお勧めします。

 

 

 

書類選考突破したら、次は面接試験です。ファイト!

 


 


タイトルとURLをコピーしました