早稲田大学人間科学部eスクール 大学院への進学

早稲田大学 学生証 eスクール

大学院への進学

早稲田大学人間科学部eスクールから大学院の修士課程に進学することができます。

えっ!? eスクールに大学院があるの?

いえ、eスクールに大学院はありません

進学できる先は、人間科学研究科の修士課程2年制です。進学するには成績等の基準が設定されていますが、eスクール生でも内部選抜の入学試験を受ける資格が与えられます。内部選抜の試験に合格すれば、修士課程2年制に進学することができます。

すごい!大学院の修士課程で学ぶことができるんだ!

ただし、大学院は、単位取得のためにキャンパスに通うなど、eスクールの学び方とは違いますから注意してください

 

 



内部選抜入学試験に出願できる条件

まず、内部選抜の入学試験に出願資格を得るには、eスクールでの在籍年数や成績の縛りがあります。

きちんと学んでおく必要があるんだね

大学院は一般の通学生と同じ扱いです。しっかり学んでおきましょう!

 
内部選抜の入学試験に出願には、以下の条件を満たす必要があります。
 
αコースの場合は在籍年数5年以内の卒業見込者
βコースの場合は在籍年数6年以内の卒業見込者

で、さらに

学業成績の基準を満たしていること!

 

この条件を満たしていれば、人間科学研究科の修士課程2年制に進学するための内部選抜に出願できます。外部受験の形ではなくeスクールから進学することができますので、お勧めです。

 


研究計画書を書く

eスクールを受けるときには志望動機書を書きました。それと同様に、大学院の修士課程に進学するためには研究計画書が必要です。

研究計画書?

はい!研究計画書です。どのようなテーマの研究をどのような方法で行う予定であるかなど、自分がやりたい研究の計画をまとめて記述します

 

eスクールで卒業論文をきちんと執筆し、その卒業研究の内容に則って研究発表会の場でしっかり発表できた人ならば、研究計画書は書けるはずです。これまでにどのような研究を行ったか、この先、大学院の修士課程でどんな研究を行っていきたいか書けばいいだけですから。

う〜ん、でも、書き方の見本みたいなものがあるといいな

研究計画書には、ある程度、書き方のパターンはあります。知りたければ、書籍等を参考にするといいでしょう。ただし、研究分野によって研究計画書の書き方に多少差があるかもしれません。進学を希望する研究室がeスクールの所属研究室と同じであれば、先輩大学院生に相談することもできますね。

なるほど、そういうとき内部選抜は楽かも…

私の場合

・研究の背景
・研究の目的
・志望動機
・ここまでの研究成果
・これからの研究計画
・参考文献

などの内容を4000字程度にまとめました。

 


指導教員の存在

大学院の修士課程で自分の研究を進めるためには、その研究を指導する指導教員が必要です。自分が書いた研究計画書の内容を指導教員に認めてもらう必要があります。

指導教員?

大学院では、指導教員のアドバイスを受けながら自分の研究を進めていくことになります。そのため指導教員の研究室に入る必要があります。自分の研究を指導してくれる指導教員がいないと研究を進められないのです。

 

私は、大学院生活って『講義を受講する場』というより『指導教員のもとで研究する場』という感じでした

普通の講義はないの?

もちろん、講義を履修して単位を取得する必要はあります。でも、それは、あくまで研究を進めるために必要な専門分野についてより深く学んでいるという感じです。

 

講義を履修して単位を取得するだけでは大学院の修士課程を修了することはできません。指導教員のもとでしっかりと研究を進め、その研究内容を指導教員のもとで修士論文という形にまとめて初めて、大学院の修士課程を修了することができます。

なるほど、研究を進めるためには指導教員が必要なんだ

大学院生がメールを送るとき

「〇〇研究室の△△です」
(〇〇は指導教員の名前、△△は自分の名前)
と書きます。

そのくらい指導教員の存在は絶対なのです。

 



まとめ

早稲田大学人間科学部eスクールから大学院の修士課程に進学することができます。ただ、修士課程は一般の通学生と同じ扱いなりますので、eスクールでの学びとは異なりキャンパスへの通学が必要となる場面もでてきます。

修士課程への進学を考えている方は、以下のような点を確認しておくことをお勧めします。

 

・内部選抜の入学試験への出願条件を満たしている場合、内部選抜出願はお勧め
・研究計画書はしっかり執筆
・修士課程では指導教員の存在が不可欠

 

 

朝5時起きでキャンパスに通うこともあったなぁ…

 


 


タイトルとURLをコピーしました