学術誌への論文投稿 査読の流れ

投稿論文の査読結果が要修正となった場合を示した図

学術誌への論文投稿 査読の流れ

社会人大学院生として大学院に進学して、はじめて 査読 ということばの重みを知りました!

これについては、

学術論文の査読とは?

でもふれています。

査読 とは

[名](スル)
学術誌に投稿された学術論文を専門家が読み、その内容を査定すること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

です。

つまり、 査読 とは、学術誌に投稿された論文をその分野の専門家が読み、そこに書かれている内容をアレコレ査定することです。

このような 査読 を突破すれば自分が書いた論文は採択され、晴れて学術誌に掲載されます!でも、この 査読 を突破できないと、残念ですが学術誌に掲載してもらえません。

学術誌に自分の論文が採択されるか採択されないかは、自分の研究の評価と密接に関わっていきます。そのため、学術の世界では 査読 ということばにとても重みがあります。

以下は、私が論文を学会誌に投稿し、その論文が採択されたときの 査読 の流れです。専門分野や学会ごとに多少違いはあると思いますが、一般的な流れは以下のようなものだと思います。

査読の流れ

下の図は、論文を投稿してから論文が公開されるまでの流れを示しています。

投稿論文の査読の流れを示した図

上の図で示したように、査読は、編集委員が依頼した査読者によって行われることになります。論文著者と査読者のあいだに編集委員が入りますから、論文著者は査読者が誰であるかがわかりません。また、査読者は2名のときが多いようですが、私は、査読者1名のときもありました。


さて、ここで重要となるのが査読結果です!

一般的に、査読結果は

【accept】
論文をそのまま受理します。
 *(OK!何も修正しなくていいよ!論文をこのまま受け付けるよ!)

【minor revision】
若干、修正の必要があります。
正しく修正されれば受理します。
 *(ちょっと修正する箇所あるから指摘するね!指摘にきちんと対応してくれれば論文受付けるよ!)

【major revision】
大幅な修正の必要があります。
著者による修正後、再度査読しますが、修正後の査読次第で結果は変わります。
 *(いっぱい修正箇所指摘しといたから、頑張って修正してね。
 うまくいけばacceptの可能性あるけど、下手したらrejectだよ!)

【reject】
掲載を拒否します。
 *(バイバイ!またね!ご検討をお祈り致します!)

の4パターンです。

注、上記 *( )は、私の意訳です!


査読結果が一発で【accept】の場合もあるようですが、実際、そのようなケースは少ないでしょう。また、査読結果が【reject】の場合は、ここで終了です。

著者の頑張り次第で【accept】か【reject】か、大きく結果が変わることになるケースが、【minor revision】と【major revision】、つまり、査読結果が 要修正 になったときです。この 要修正 には、大きく二つのパターンがあります。

投稿論文の査読結果が要修正となった場合を示した図

要修正 ①【minor revision】

マイナーリビジョンとは、文字通り、それほど重大ではないが修正箇所があるという査読結果です。マイナーリビジョンの場合は、査読者の指摘に沿って丁寧に修正していきましょう。

その後、修正した論文を、再度、投稿します!

要修正 ②【major revision】

メジャーリビジョンは、文字通り、重大な修正箇所があるという査読結果です。この場合は、論文修正に時間をかなりとられることになります。

メジャーリビジョンの場合、おそらく、投稿した論文に多くの指摘がなされているはずです。また、投稿した論文の根幹に関わるような深い指摘もあるでしょう。

このような、多くの深い指摘に対応することは大変です。しかし、査読者からの指摘にきちんと対応することができたら、論文が採択される可能性があります。ここは、腹を据えて自分の論文を修正しましょう。さらに、何か足りない部分があれば補筆もしましょう。

その後、修正した論文を、再度、投稿します!



学術誌に投稿した論文の査読結果が 要修正 の場合、修正には時間がかかります。でも、査読者に指摘された箇所を修正したり、また、足りない部分を補筆したりすれば、論文が採択される可能性があります。ここは、腹を据えて頑張るしかありませんね!

また、私が論文投稿した学会では

オンライン投稿審査システム Editorial Manager

を利用していました。

そのため、論文の査読に関するやりとりは、インターネット上ですべて行うことができました!社会人大学院生としては、とても助かるシステムだと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする