学術雑誌への論文投稿:査読から採録までの流れ

査読の壁とその査読の壁を乗り越えたい人を描いた図 学会誌に投稿

投稿論文の、査読・修正・再投稿、採録への流れ

博士号取得をめざす大学院生、特に、自然科学分野の大学院生にとって、学術雑誌に投稿した論文が採択されるか採択されないかは重要な問題です。

論文の採択通知、本当に心待ちにするのです!

でも、この採択の前に立ちはだかるのが「査読の壁」なんだよね!

「査読の壁」が立ちはだかります。興味のある方は、こちらをどうぞ!

学術雑誌に論文掲載:その前に立ちはだかる「査読の壁」
学術誌に論文を掲載してもらうには査読の壁を突破しなければなりません。査読結果には、一般的に accept,minor revision,major revision,reject の4つがありますが、査読の壁を突破する頑張りどころは、major revisionです。

学会誌側が選出した専門家によって「学会誌に掲載できるレベルかどうかを詳細に吟味する」のですから、「査読の壁」を突破することは大変です。とはいえ、「査読の壁」を突破できれば、投稿した論文がめでたく学術誌に掲載されます。

以下は、私が論文を学会誌に投稿して採録されたときの流れです。専門分野や所属学会によって違いはあると思いますが、よろしければ参考にしてみてください。


査読の流れ

論文を投稿してから、その論文が学会誌で公開されるまでは、以下のような流れでした。

投稿論文の査読の流れを示した図

まず、論文を学会事務局に投稿します。投稿後、連絡を取る相手は編集委員です。私の場合、直接、査読者と接することはありませんでした。おそらく、ダブルブラインド(著者も査読者もお互いが誰であるかわからない状態)だと思います。

著者と査読者の間に、常に編集委員がいました!

そのため、査読結果は編集委員から伝えられます。

投稿論文の査読結果が要修正となった場合を示した図

査読結果が返ってきたとき、論文著者が気合を入れて対応する必要があるのは revision 、つまり 要修正 になったときです。なぜなら、査読結果が revision(要修正)になっても、その論文を適切に修正することができたら、まだ、採録されるチャンスが残っているからです。

一般的に、査読結果は

【accept】(採録)
論文をそのまま受理します。
【minor revision】(要修正)
若干、修正の必要があります。 正しく修正されれば受理します。
【major revision】(要修正)
大幅な修正の必要があります。 著者による修正後、再度査読しますが、修正後の査読次第で結果は変わります。
【reject】 (不採録)
掲載を拒否します。

の4ケースです。このうち、revision(要修正)への対応が重要となります。

accept(採録) に向けての勝負が始まるんだね!

査読結果が 要修正 、つまり【minor revision】と【major revision】になったときが、頑張りどころです。

スポンサーリンク

査読結果が revision(要修正)の場合

要修正 ①【minor revision】

マイナーリビジョンとは、文字通り、それほど重大ではないが修正箇所があるという査読結果です。

accept(採録)に向けて希望の光がみえています!

査読者が指摘している内容がどのようなものか丁寧に読み、その指摘に沿って修正を行います。

要修正 ②【major revision】

メジャーリビジョンは、文字通り、重大な修正箇所があるという査読結果になります。この場合は、論文修正に時間をとられます。

メジャーリビジョンの場合は、投稿した論文に対して多くの指摘があります。また、投稿した論文の根幹に関わるような深い指摘もあります。

たくさん修正したり、新たに調べ直して補筆したり、大変な作業になるんだね!

でも、査読者からの指摘に対して適切な対応ができたら、再投稿した論文が採録される可能性があります。

まさに、頑張りどころです!

revision(要修正)になったときの対応については、こちらでも説明しています。

投稿論文の査読結果がrevision(要修正)だったとき
査読結果が revision(要修正)になったときは、査読者の指摘内容を丁寧に読み込んで回答方針を立てましょう。その回答方針に則って投稿論文の修正・補筆作業を行います。また、修正・補筆した内容を査読者に伝えるための回答文も用意しましょう。

論文を修正して再投稿

査読結果がrevision(要修正)のときは、指摘された内容を精査して適切な修正・補筆を行い、論文を再投稿します。そして、再投稿した論文の査読結果を待ちます。

残念ながら、2度めの査読結果が reject(不採録)の場合もあります。でも、accept(採録)の連絡がきたら、出版に向けての最終チェックに進みます。

私の場合、査読のチャンスは2回でした!

査読結果が accept(採録)の場合

出版に向けての校正作業に入ります。採録が決まった論文の体裁などをチェックします。それほど負荷のかかる作業ではありません。

査読結果が reject (不採録)の場合

査読結果がreject(不採録)の場合は、ここで一旦終了です。

いろいろと、仕切り直しですね!

スポンサーリンク

まとめ

投稿した論文の査読結果が revision(要修正)の場合、その論文を修正したり補筆したりする作業は大変です。でも、査読者に指摘された箇所を丁寧に修正し、足りない部分を補筆する作業をおこなうことができたら、論文は採録される可能性があります。

返ってきた査読結果に対し、理不尽に感じることもあるかもしれません。でも、学術雑誌の質を保証する制度でもあります。頑張るしかないですね!


学術雑誌に論文を掲載してもらうことの大変さなど何も知らずに大学院に進学してしまったので、当時、少々後悔したものです…

タイトルとURLをコピーしました