学術誌への論文投稿 査読の流れ

論文を投稿

学術誌への論文投稿 査読の流れ

一般人には馴染みのうすい「査読」という言葉が、大学院生になるととても重い言葉に変身します。査読については、学術論文に投稿するときの査読って? でもふれました。

学術論文に投稿するときの査読って?
公表学術論文に自分の論文を掲載してもらうためには査読の壁を突破しなければなりません。この査読の壁を突破しないと博士の学位が取得できません。査読の結果には、一般的に accept、minor revision、major revision、reject の4パターンがあります。

たしか、学術誌に投稿された論文をその分野の専門家が読み、そこに書かれている内容をアレコレ査定することだよね

 

自分の投稿した論文が査読を突破することができれば、学術誌に掲載されて公表学術論文となります。でも、査読を突破できないと、学術誌に掲載してもらえませんので公表学術論文となりません。

査読の壁だ!

学術誌に自分の論文が採択されるか採択されないか!

この採択されるかされないかが、自分の研究の評価に大きく関わってきます。採択の前に立ちはだかるのが査読の壁ですから、査読という言葉は本当に重い言葉となります。

 

以下は、私が論文を学会誌に投稿したときの査読の流れです。専門分野や学会ごとに多少違いはあるかもしれませんが、一般的な流れは以下のようなものだと思います。

たしか、査読結果のポイントは、revision にあるんだよね?

覚えてくれてるんだ。ありがとう!

 

 


 

査読の流れ

下の図は、論文を投稿してから論文が公開されるまでの一般的な流れです。

 

投稿論文の査読の流れを示した図

 

上図でわかるように、私は論文を事務局に投稿しただけで、あとは、編集委員が回しているという状態でした。著者である私に、査読結果を連絡してくる人は編集委員です。直接、査読者が連絡してくることはありませんでした。

ふ〜〜〜ん、査読する人と直接連絡を取ることはないんだ!

誰が査読者かわからないようにしているのかな? 私と査読者の間に、常に編集委員がいるという状態でした

 

 

さて、編集委員から査読結果が連絡されてきたとき、著者が対応を迫られるのが revision 、つまり要修正です。

投稿論文の査読結果が要修正となった場合を示した図

 

一般的に、査読結果は

【accept】(採録): 論文をそのまま受理します。
【minor revision】(要修正): 若干、修正の必要があります。 正しく修正されれば受理します。
【major revision】(要修正): 大幅な修正の必要があります。 著者による修正後、再度査読しますが、修正後の査読次第で結果は変わります。
【reject】 (不採録):掲載を拒否します。

の4パターンです。

もしも、要修正と連絡がきたら、そこから 査読の壁突破 への本番が始まります。

accept(採録) に向けての勝負って感じかなぁ?

そうですね…

 


査読結果が reject (要修正)の場合

査読結果が一発でaccept(採録)の場合もあるようですが、実際、そのようなケースは少ないと思います。また、査読結果がreject(不採録)の場合は、ここで一旦終了して仕切り直しです。

ですから、頑張りどころは【minor revision】と【major revision】のとき、つまり、査読結果が 要修正 になったときです。

 

投稿論文の査読結果が要修正となった場合を示した図

 

この 要修正 、大きく2つのパターンがあります。

 

要修正 ①【minor revision】

マイナーリビジョンとは、文字通り、それほど重大ではないが修正箇所があるという査読結果です。マイナーリビジョンの場合は、査読者の指摘に沿って丁寧に修正していきましょう。

希望の光がみえます

 

査読者が指摘している内容がどのようなものか丁寧に読み取り、その指摘に沿った修正を行います。修正後、再度、投稿します。

 

無事にaccept(採録)されることを祈る感じだね…

 

要修正 ②【major revision】

メジャーリビジョンは、文字通り、重大な修正箇所があるという査読結果になります。この場合は、論文修正に時間をとられることになるでしょう。

おそらく、メジャーリビジョンの場合は、投稿した論文に対して多くの指摘があるはずです。また、投稿した論文の根幹に関わるような深い指摘もあるでしょう。

たくさん修正したり、新たに調べ直して補筆したり、いろいろしないといけないんだ…

修正したり補筆したり、ほんとつらいです…

 

でも、査読者からの指摘にきちんと対応することができたら、投稿論文が採択される可能性があるわけですから、ここは、腹を据えて投稿論文を直していくしかありません。

修正後、再度、投稿します。

そして、accept(採録)を祈るんだ!

 

 



まとめ

 

学術誌に投稿した論文の査読結果が revision(要修正)の場合、その論文を修正したり補筆したりする作業は大変です。でも、査読者に指摘された箇所を修正したり、足りない部分を補筆したりする作業がきちんとできたら、論文が採択される可能性があります。

腹を据えて頑張りましょう!

 

ちなみに、私が論文投稿した学会では

オンライン投稿審査システム Editorial Manager

を利用していました。すべて、インターネット上のやり取りだけで進んでいくので、その点は楽でした。

 


 

どこのどなたか存じませんが「査読者さま、あの時はお世話になりました!」


 


 

タイトルとURLをコピーしました