修士論文などの執筆 パラグラフ・ライティング

パラグラフライティングのコンクルーディングセンテンスの図 修士論文・博士論文

修士論文などの執筆 パラグラフ・ライティング

修士論文など論文形式の文章を書くときには、パラグラフ・ライティングを意識して記述します。

基本的なことは

卒業論文執筆 パラグラフ・ライティング
卒業論文などを書くときには パラグラフ・ライティング の技能を使いましょう。パラグラフとは、ある1つのトピック(話題)について述べた文の集合のことです。パラグラフ・ライティングの書き方を身につけると、曖昧さが少ないわかりやすい文章を書けるようになります。

で説明しました。

修士論文や博士論文は、卒業論文よりも量的、質的に求められるレベルがかなり上がります。

修士論文って、グッと上がる感じがする!

そして、博士論文はググ〜〜〜〜〜ッと上がります!

 

そのため、修士論文や博士論文などは、卒業論文以上に論点をきちんと整理して執筆する必要があります。そのときに、役立つライティング技能がパラグラフ・ライティングです。パラグラフ・ライティングを意識して記述すると、論点が整理された文章を書くことができます。

以下で、パラグラフ・ライティングについて説明します。

 



パラグラフ・ライティング

パラグラフ・ライティングでは

・1つのパラグラフには、1つのトピックについてだけ書く
・パラグラフは、いわゆる段落よりもトピックについての扱いが厳密である

ことに注意しましょう。

各パラグラフの記述内容が重複することなく独立した状態の文章は、論点が明確で読みやすい文章となるはずです。

以下で、パラグラフ・ライティングの記述方法について説明していきます。

 


 

 

パラグラフ・ライティングのイメージ

下図は、パラグラフ・ライティングのイメージです。

たとえば、3つのトピックについて述べたいとき、以下のように3つのパラグラフを設定して記述します。

 

パラグラフライティングのコンクルーディングセンテンスの図

 

英語の論文を読んでいると「日本語の論文よりも読みやすいな…」と感じること、ありませんか?

ある!

 

英語の論文はパラグラフ・ライティングを意識して書かれていることが多いです。各パラグラフごとに言いたいことが明確に整理されています。そのため、読みやすく感じます。

 

1.  各パラグラフのトピックは独立

上図の3つのパラグラフ、パラグラフ①とパラグラフ②とパラグラフ③では、それぞれのトピックが重複することなく独立(異なるトピックについて記述)しています。

1つのパラグラフには、ある1つのトピックに関してだけ記述します。トピックが変わるときは、パラグラフを変えます。

あくまで、3つのパラグラフのトピックは 重複することなく独立 しています。

 

2. トピック・センテンスを記述

トピック・センテンスで、そのパラグラフ全体で言いたいこと(主張)を簡潔に要約します。

上図の、パラグラフ①のトピック・センテンス、パラグラフ②のトピック・センテンス、パラグラフ③のトピック・センテンスは、それぞれのパラグラフで言いたいことを簡潔に要約した文です。

各パラグラフのトピックが重複することなく独立して記述されていれば、トピック・センテンス(パラグラフ全体で言いたいこと)を簡潔にまとめられるはずです。

 

パラグラフに書かれている内容の案内文がトピック・センテンスとして書かれているんだ!

案内があった方が、読みやすいでしょ?

 

もしも、簡潔なトピック・センテンスが書けなかったとしたら、そのパラグラフの中で複数のトピックについて書いている可能性があります。確認してみるといいですね。

パラグラフの先頭に、そのパラグラフで記述する内容を簡潔に要約したトピック・センテンス を書きましょう!

 

3. トピック・センテンスをサポートする文を記述

トピック・センテンスを記述したら、そのあとに、トピック・センテンスをサポートする文を記述していきます。

トピックの詳細な説明や根拠、具体的な事例などを記述していきましょう。

 

トピック・センテンスに
「〇〇である!」
とパラグラフ全体で言いたいことを要約しておく。
そして
「なるほど!」
とトピック・センテンスの内容を納得させるサポート文を記述していく。

 

トピックの詳細な説明や根拠、具体的な事例などを記述してトピック・センテンスをサポートしましょう。

 

4. コンクルーディング・センテンスを記述

パラグラフの最後にそのパラグラフで記述した内容をまとめます。

そこまで、やるの?

読み手が納得せざるを得ないよう、押しまくるのです

 

トピック・センテンスやサポート文がきちんと書けていれば、コンクルーディング・センテンスは、まとめをするだけですから、あまり悩まずに記述できるはずです。

 

パラグラフの最後で、そのパラグラフで 記述した内容のコンクルード(まとめ) をしましょう。

 

 

ここに、次のパラグラフの記述内容に関する予告的な文を書いてもいいかもしれません

 


 


まとめ

修士論文や博士論文は、論点をきちんと整理して執筆する必要があります。パラグラフ・ライティングを意識して記述すると、論点が整理された文章を書くことができます。

パラグラフ・ライティングは次のようなライティング技能です。

1.  各パラグラフのトピックは独立
2.  先頭にトピック・センテンスを書く
3.  トピック・センテンスをサポートする文を記述
4.  最後にコンクルーディング・センテンスを書く

 

簡単そうにみえますが、実際にやってみると難しさを実感すると思います。

修士論文や博士論文に限らず、論文形式の文章を執筆しなければならない、または、読まなければならないという機会がある方は、パラグラフ・ライティングの技能を身につけておくことをお勧めします。

また、パラグラフ・ライティングの技能を身につけておくと、英語の論文を読んだり書いたりするときにも役立ちます!

 

書籍の紹介

論文の書き方について書かれている本はたくさんありますが、英語と日本語の言語感覚の違いに着目して書かれている本は少ないです。以下の本は、英語で小論文を書くときの参考にもなり、お勧めです。
加藤恭子、ヴァネッサ・ハーディ(1998)『英語小論文の書き方 英語のロジック・日本語のロジック』講談社

少々古い本ですが、パラグラフ・ライティングのイメージをつかみやすいです。

 


 


 

パラグラフ・ライティングで論文を記述すると、その論文を発表するためのスライド作りも楽でした!パラグラフ・ライティング、お得です!

 


 


 

タイトルとURLをコピーしました