パラグラフ・ライティングを身につけて、修士論文を書こう!

パラグラフライティングのコンクルーディングセンテンスの図 修士論文・博士論文

修士論文の執筆 パラグラフ・ライティング

修士論文や博士論文などの論文形式の文章は、パラグラフ・ライティングで書きましょう。パラグラフ・ライティングを意識して書かれた文章は、論理的な文章になります。

また、修士論文や博士論文は、卒業論文や投稿論文と比較してボリュームがあります。そのため、論文の内容を要約したり修正したりする作業は大変です。パラグラフ・ライティングで修士論文や博士論文を書いておくと、要約や修正をするときに楽です。

修士論文や博士論文ってすごく長いから、どこに何を書いたか探すだけでも大変そう!

パラグラフ・ライティングで書いておくと、どこに何を書いたかが探しやすくなります!

パラグラフ・ライティングは、文章を論理的に書くことを重視する英語圏に由来したライティング方法です。論理的な文章を書く技術は、ビジネス場面でも役立ちますよ!


パラグラフ・ライティングの特徴

パラグラフ・ライティングは

1つのパラグラフに、1つのトピック(話題)のみ書く
ことを重視します。そして、パラグラフの先頭に
パラグラフ内で記述している内容を簡潔に要約した文(トピック・センテンス)を書く

ことになります。

「そんな簡単なこと?」と思われるかもしれません。でも、実際にやってみると、これがなかなか難しい!

下図は、パラグラフ・ライティングのイメージです。

たとえば、3つのトピックについて述べたいときは、以下のように3つのパラグラフを用意します。そして、パラグラフの先頭にトピック・センテンスを書きます。

パラグラフライティングのコンクルーディングセンテンスの図

パラグラフって、段落とは違うの?

パラグラフは、いわゆる段落よりも、パラグラフ内で記述している内容の扱いが厳密です。なぜなら、パラグラフ内で記述している内容を簡潔に要約した文「トピック・センテンス」をパラグラフの先頭に書かなければならないからです。

パラグラフ・ライティングは、文章を論理的に書くことを重視する英語圏に由来したライティング方法ですから、英語の論文を読んでいるとパラグラフの先頭にトピック・センテンスが書かれていることに気づくはずです。

英語の論文が「日本語の論文よりも読みやすいな…」と感じたこと、ありませんか?

ある!

それは、英語の論文がパラグラフ・ライティングで書かれているからです。各パラグラフの先頭にトピック・センテンスを置くことによって、それに続くパラグラフの記述内容が限定されます。トピック・センテンスの存在によって、トピック(話題)がアチコチに飛ぶことを防ぎます。

以下、パラグラフ・ライティングについて、もう少し詳しく説明していきます。


1. トピック・センテンスをパラグラフの先頭に書く

パラグラフ内で記述する内容を簡潔に要約した一文を、トピック・センテンスとしてパラグラフの先頭に書きます。

パラグラフライティングのコンクルーディングセンテンスの図

トピック・センテンスは各パラグラフの先頭に記述することが重要です。

でも、まとめ的な文章って、最後に出てくることが多くない?

文章を書く側の立場になると「今、何を書いたか!」と最後にまとめの文章を書く方が自然な流れです。でも、文章を読む側の立場になると「これから、どんなことを書くか!」を最初に教えてもらう方がわかりやすいです。

トピック・センテンスって、文章を読む人への案内文なんだね!

案内文は、最初に読みたいですよね!

また、トピック・センテンスは、パラグラフ内で記述されている内容を簡潔に要約した一文ですから、論文全体を要約するときには、トピック・センテンスを拾っていけばいいことになります。

パラグラフの先頭に書かれているトピック・センテンスを拾っていけば論文の要約もできる!

2.  各パラグラフのトピックが重複しない

パラグラフ・ライティングでは、各パラグラフで扱うトピックを重複させません。

パラグラフが独立している図

1つのパラグラフに、1つのトピックに関することだけ記述します。あくまで、3つのパラグラフのトピックは 重複することなく独立(異なるトピックについて記述)していることに注意しましょう。もしもトピックが変わるようであれば、必ずパラグラフを変えます。

このように、パラグラフ・ライティングにおけるパラグラフは、いわゆる段落と異なり、記述する内容(トピック)の扱いが厳密です。そのため、パラグラフ・ライティングで書かれた文章は、トピックがアチコチ散在した文章になりにくいです。

文章を修正するとき、修正箇所をアチコチ探し回らなくて済むわけだ!

1つのパラグラフで1つのトピックについてのみ言及している文章であれば、修正箇所を調べる範囲が限定されますね!

トピックを重複させることなく書いた文章は、修正が簡単になる!

3. トピック・センテンスを確認しつつ、トピックに関する詳細を記述

パラグラフの先頭に記述したトピック・センテンスを確認しながら、トピックの詳細を記述していきます。

パラグラフ内で文章を書くときに気をつけることは、書いている内容がトピック・センテンスから逸脱しないことです。常に、トピック・センテンスを意識しながら、トピックの詳細な説明や根拠、具体的な事例などを記述していきましょう。サポートする詳細文は、トピックに関する詳しい説明や根拠、具体的事例などを記述した文章です。

このような、トピック・センテンスをサポートする詳細文についてはこちらで説明しています。

説明や根拠、具体例を書いてトピック・センテンスをきっちりサポート!
パラグラフ・ライティングは論理的な文章を書くことに適したライティング方法です。パラグラフ・ライティングで、実際に読み手を納得させるセンテンスはサポート・センテンスです。サポート・センテンスをきっちり書いて読み手を納得させましょう。

4. 最後にコンクルーディング・センテンスを記述する

パラグラフの最後にそのパラグラフで記述した内容をまとめます。

まとめもいるの?

論理を通して読み手を納得させるためです。少々、くどいくらい書きましょう!

コンクルーディング・センテンスについては、こちらでも説明しています。

パラグラフ・ライティングで論理的な文章を書こう!
パラグラフ・ライティングは、論理的な文章を書くことに向いたライティング技術です。論理的な文章は読んでいる人を納得させる力があります。そのため、パラグラフ・ライティングを身につけておくと、ビジネス場面でもおおいに役立ちます。
スポンサーリンク

まとめ

修士論文や博士論文など論文形式の文章は、パラグラフ・ライティングを意識して書くことをお勧めします。パラグラフ・ライティングで修士論文や博士論文を書いておくと、要約や修正をするときに楽です。

パラグラフ・ライティングで特に重要なことは、パラグラフ内で記述する内容を簡潔に要約した一文「トピック・センテンス」をパラグラフの先頭に置くこと、そして、各パラグラフで扱うトピックを重複させないことです。

簡単そうにみえますが、実際にやってみると難しいです。日本では、論理的な文章の書き方を学ぶ機会は少ないですから、逆に、これを身につけておくとビジネス場面などできっと役立ちますよ!


書籍の紹介

加藤恭子、ヴァネッサ・ハーディ(1998)『英語小論文の書き方 英語のロジック・日本語のロジック』講談社

少々古い本ですが、英語と日本語の言語感覚の違いに着目して書かれており、パラグラフ・ライティングのイメージをつかみやすいです。


 

パラグラフ・ライティングを身につけておくと、英語の論文を読んだり書いたりするときに楽かもしれません。また、パラグラフ・ライティングで論文を書いて置くと、スライドを作るときにも重宝します。パラグラフ・ライティングは、なかなかのお買い得品ですよ!

タイトルとURLをコピーしました