パラグラフ・ライティングを身につけて、修士論文を書こう!

パラグラフライティングのコンクルーディングセンテンスの図 修士論文・博士論文

修士論文の執筆 パラグラフ・ライティング

修士論文や博士論文などの論文形式の文章は、パラグラフ・ライティングを意識して書きましょう。

パラグラフ・ライティングを意識して文章を書くと、論理的な文章が書ける

ようになります。

また、パラグラフ・ライティングを使って修士論文や博士論文を書くと

・論文を要約
・論文を修正

するとき、楽です。

修士論文や博士論文は、卒業論文や投稿論文と比較して、かなりのボリュームがあります。
論文の内容を要約したり、修正したりする作業は大変ですから、パラグラフ・ライティングを意識して論文を記述しておくことをお勧めします。

論文を修正する作業とか、大変そう…

大変です!
だからこそ、パラグラフ・ライティングを意識して書きましょう!

 


 


パラグラフ・ライティングの特徴

まず、パラグラフ・ライティングでは

1つのパラグラフに、1つのトピック(話題)のみ
書きます。

 

そして、パラグラフの先頭に

パラグラフ内で記述している内容を簡潔に要約した文(トピック・センテンス)

を書きます。

 


 

下図は、パラグラフ・ライティングのイメージです。

たとえば、3つのトピックについて述べたいときは、以下のように3つのパラグラフに分けます。
そして、パラグラフの先頭にトピック・センテンスを記述します。

 

パラグラフライティングのコンクルーディングセンテンスの図

 

パラグラフって、段落とは違うの?

パラグラフは、いわゆる段落よりも、パラグラフ内で記述している内容の扱いが厳密です。
なぜなら、パラグラフ内で記述している内容を簡潔に要約した文(トピック・センテンス)がパラグラフの先頭に書かれているからです。

パラグラフ・ライティングは、文章を論理的に書くことを重視する英語圏に由来したライティング方法です。そのため、英語の論文を読んでいるとパラグラフの先頭にトピック・センテンスが書かれていることに気づくはずです。

 

英語の論文が、「日本語の論文よりも読みやすいな…」と感じたこと、ありませんか?

 

ある!

 

英語の論文はパラグラフ・ライティングを意識して書かれているため、各パラグラフの先頭にトピック・センテンスがあります。そのトピック・センテンスの存在によって、1つのパラグラフに1つのトピック(話題)のみ書かなければならなくなります。

 

1つの話題に絞られてるから、読みやすいわけか!

 

以下、パラグラフ・ライティングについて、もう少し詳しく説明していきます。

 


1. トピック・センテンスをパラグラフの先頭に書く

パラグラフの先頭にトピック・センテンスを記述します。
トピック・センテンスは、パラグラフ内で記述する内容を簡潔に要約した文です。

つまり

パラグラフ①のトピック・センテンス
パラグラフ②のトピック・センテンス
パラグラフ③のトピック・センテンスは、
それぞれのパラグラフで言いたいことを簡潔に要約

した文です。

 

トピック・センテンスって、パラグラフを読むときの案内文みたいなものだ!

 

先頭に案内文があると、それ以降の文が読みやくなりますね!

 

パラグラフの先頭に、そのパラグラフで記述する内容を簡潔に要約したトピック・センテンスが書かれていることが大切です。

 


2.  各パラグラフのトピックが重複しない

パラグラフ・ライティングで、重要なことは

パラグラフ①とパラグラフ②とパラグラフ③で、それぞれのトピックが重複しない

ことです。

パラグラフが独立している図

 

とにかく、1つのパラグラフに、1つのトピックに関することだけ記述します。
あくまで、3つのパラグラフのトピックは 重複することなく独立(異なるトピックについて記述)していることに注意しましょう。

以下の図ように、トピックが重複しないように記述することが大切です。

パラグラフが重複している図

 

 

トピックが重複しないよう、トピックが変わるときは必ずパラグラフを変える

ことに注意しましょう。

 

 


3. トピック・センテンスにしたがって、パラグラフを充実させる

パラグラフの先頭に記述したトピック・センテンスをサポートする形で、パラグラフ内の文章を充実させていきましょう。トピック・センテンスをサポートする詳細文を記述します。

サポートする詳細文とは、たとえば、トピックに関する詳しい説明や根拠、具体的事例などを記述した文章です。

 

つまり

トピック・センテンス

「〇〇である!」
とパラグラフで言いたいことを簡潔に要約

して

サポート文

「そういうことか!」
とトピック・センテンスの理解を助ける

わけです。

トピックの詳細な説明や根拠、具体的な事例などをパラグラフ内に記述して、トピック・センテンスをサポートしていきましょう

 


4. 最後にコンクルーディング・センテンスを記述する

パラグラフの最後にそのパラグラフで記述した内容をまとめます。

トピック・センテンスやそれをサポートする文がしっかり書けていれば、コンクルーディング・センテンスは悩まずに記述できるはずです。

まとめをするだけだから、簡単ですよね!

 

パラグラフの最後で、そのパラグラフで記述した内容のコンクルード(まとめ)をしましょう。

 

 


 

読み手に対する配慮として、コンクルーディング・センテンスの場所に、次のパラグラフの内容に関する予告文を書いてもOKです。

 


 


まとめ

修士論文や博士論文など論文形式の文章は、パラグラフ・ライティングを意識して書くことをお勧めします。

パラグラフ・ライティングを意識して論文を記述しておくと、論文を要約するときや修正するときに役立ちます。また、1つのパラグラフで1つのトピック(話題)が論じられているので、論点が整理されます。

 

パラグラフ・ライティングの特徴は、次のようなものです。

1. トピック・センテンスをパラグラフの先頭に書く
2. 各パラグラフのトピックが重複しない
3. トピック・センテンスにしたがって、パラグラフを充実させる
4. 最後にコンクルーディング・センテンスを記述する

 

簡単そうにみえますが、実際にやってみるとなかなか手強いライティング方法です。論理的な文章の書き方を学ぶ機会、日本では少ないからかもしれませんね。

 


書籍の紹介

加藤恭子、ヴァネッサ・ハーディ(1998)『英語小論文の書き方 英語のロジック・日本語のロジック』講談社

少々古い本ですが、英語と日本語の言語感覚の違いに着目しているため、パラグラフ・ライティングのイメージをつかみやすい一冊です。英語で小論文を書くときにも、日本語との違いがわかり、お勧めです。

 

 


 


 

パラグラフ・ライティングを身につけておくと、英語の論文を読んだり書いたりするときに楽かもしれません…また、パラグラフ・ライティングは論点が整理されているので、スライドを作るときも楽です!

パラグラフ・ライティングは、なかなかのお買い得品です!

 


 


 

タイトルとURLをコピーしました