大学のレポート課題には主張と根拠を書こう!

論文形式の文章に必要な問い・主張・根拠を示した図 ライティング

大学のレポート課題を論文形式で書く!

大学のレポート課題は、論文形式の文章の書き方に則って書くようにしましょう。論文形式の文章の書き方に慣れておくと卒業論文などを書くときに役立ちます。

論文形式の文章?

論文形式の文章とは、何かしらの問いに対し自分の主張を述べる文章です。そして、その自分の主張を他者に納得してもらうために根拠を示します。

問いに対して主張をし、その主張を支えるのが根拠です!

論文形式の文章に必要な問い・主張・根拠を示した図

いわゆる「感想文」とは、書き方が異なることに注意しましょう。

大学のレポート課題で感想文のような文章を書き続けていると、いざ、卒業論文を書くときに何をどうしていいかわからなくて、多分、慌てます!

論文形式の文章の書き方を身につけるには時間がかかります。大学の講義で課されるレポートなどに取り組むときは、主張と根拠を意識して書くようにしましょう。


まずは、基本:感想文を書かない

レポート課題の場合、すでに何かしらの問いが設定されていることが多いため、つい、課された問いに対する感想を書いてしまいがちです。でも、自分が感じたことを感じたままに文章化した感想文を論文形式の文章とは呼べません。感想文には他者を納得させる論理性が求められていないからです。

他者を納得させる論理性?う〜〜〜ん、よくわからない…

感想文には、自分の感じたことを感じたままに自由に書くことができますから、たとえ他の人が納得しなくても「自分の感想はこうなんだ!」と書くことができます。でも、論文は、自分の主張を他者に納得させるための論理的な筋道が必要です。つまり、論文には、他者を納得させるだけの客観的な根拠を書く必要があるわけです。

わかったような、わからないような… 具体的にはどうすればいいの?

まずは

「〜思う」「〜感じる」を使わない!

ようにしましょう。「思う」や「感じる」は自分の主観を述べるときに使われがちな表現ですから、この表現を避けるだけでも感想文的な文章になりにくいです。

レポート課題の場合、すでに何かしらの問いが設定されていますので、課された問いに対する感想を書きたくなってしまいます。

たしかに「〜の問題は重要だと思う。」とか「〜に対する早急な対策の必要性を感じた。」とか書いてしまいそう!

たとえば「感じた。」をとって「〜に対する早急な対策が必要である。」と主張すると、それに続けて「なぜなら〜」って根拠を書きたくなりませんか?

大学の講義で課されたレポートに取り組みながら、主張と根拠が明確な論文形式の文章を書けるよう、少しずつ練習していくことをお勧めします。


論文形式の文章に必要なもの:主張と根拠

論文形式の文章では、少なくとも

① ある問いに対して何かしらの主張がある
② その主張を支える根拠を示している

必要があります。

主張と根拠ね!

はい!何かしらの問いに対して自分の考えを主張し、その根拠を示します。

まず、自分の主張を明確にしましょう。そして、その主張を他者に納得させるために根拠を示しましょう。根拠を示して、他者を納得させる論文形式の文章にしていくわけです。

主張することの大切さについては、こちらでもふれています。

主張とは

論文形式の文章にするためには、何かしらの主張をする必要があります。

そのために、まずは

「設定された問いに賛成か反対か!」
「設定された問いの問題点は何か!」
「設定された問いを改善する方法はあるか!」

など、設定された問いに対して自分の立場を明確にしましょう。それが主張になります。そのあと、他者(課題を出した教師)を納得させる根拠を示していきます。

レポート課題が出されたら

・出されたレポートの問いは何か?
・その問いに対する自分の主張は何か?
・主張の根拠は何か?

を考えることがポイントです。レポートの問いに対する自分の主張を明確に示し、そのあと、主張の根拠を書いてくことができれば、それは論文形式の文章になります。

論文形式の文章に必要な主張・根拠を示した図

根拠とは

自分の主張が明確になったら、他者(レポート課題を出した教員)を納得させる根拠を示していきます。

レポート課題の場合は、参考とする文献が教員から紹介されるケースもあります。そのような場合は、紹介された文献を使って根拠を示していきましょう。参考とする文献が紹介されていなければ、自分の主張の根拠に使えそうな文献を探します。

実は、論文の末尾にある参考文献リストは、他者を納得させるための根拠の塊なんですよ!

自分の主張の根拠となる文献を参考文献リストとして示しているわけです。

おまけ:文章は簡潔に!

語句の使い方や、一つの文章を簡潔に記述するなど、ちょっとした工夫をするだけで文章のイメージは変わります。

たとえば

簡潔に書かれていない文章

大学院の講義で課されたレポートに取り組むときは、論文形式の文章で書く練習をするといいと思うが、理由は、論文形式の文章を書く技術を身につけておくと、修士論文や博士論文を書くときに役立つからである。また、論文形式の文章を書く技術を身につけるためには繰り返し練習する必要があるから、大学院でレポート課題に取り組むときには常に論文形式の文章で書くことを意識するとうまくいくと思うし、論文形式の文章を書く経験を積むこともできるし、いろいろとうまくいくと思う。

 

簡潔に書かれている文章

大学院の講義で課されたレポートに取り組むときは、論文形式の文章で書く練習をするべきである。
なぜなら、論文形式の文章を書く技術を身につけておくと、修士論文や博士論文を書くときに役立つからである。また、論文形式の文章を書く技術を身につけるためには繰り返し練習する必要がある。そのため、大学院でレポート課題に取り組むときには、常に論文形式の文章で書くことを意識するとよい。
そうすれば、論文形式の文章を書く経験を積むことができる。

二つの文章を比較すると、書かれている内容は同じですが文章から受ける印象は異なりますね。

赤い方は一つの文章が長くて、何を言いたいのかよくわからない…

文章を簡潔に記述する!
このことを意識するだけでも伝えたいことが伝わりやすい文章になります。つまり、他者をより納得させることができる文章になるわけです。
スポンサーリンク

まとめ

大学でレポートを書くときには、主張と根拠が明確な論文形式の文章を書くよう意識しましょう。

論文形式の文章では、少なくとも「① ある問いに対して何かしらの主張をしている」「② その主張を支える根拠を示している」必要があります。この点を意識して、レポートを書いてみましょう。

論文形式の文章の書き方を身につけておくと、卒業論文を書くときに役立ちます。大学の講義で課されるレポートを論文形式の文章で書いて、少しずつ書き方に慣れておくことをお勧めします。


バットもっていきなりバッターボックスに立ってもホームラン打てないですよね?大谷選手だってバッティングの練習をいっぱいしているだろうし、日頃の練習、やっぱり大事ですね!

タイトルとURLをコピーしました