論文形式でレポートを書くコツ

大隈講堂の時計 レポート

大学でレポートを書くときは論文形式で書こう!

大学でレポートを書くときには、論文形式で書くようにしましょう。

一般的に、大学で書く文章は、論文形式です。
そのために、論文形式の文章を書くことに早く慣れる必要があります。

 

論文形式の文章って、書けるようになるまで時間がかかります。レポートを書きながら、早くその書き方に慣れていきましょう!

 

レポートを書くときに、論文形式で書くことを意識する必要があるね!

 

自分の感想を並べただけの感想文しか書けないと、論文形式で書かなければならない卒業論文を書くときに困ります。

 

論文形式の文章とは、論理的な筋道に沿って書かれた文章です。
このような文章を書くスキルを身につけるには時間がかかります。

 

大学でレポートを書くときは、意識的に、論文形式の文章を書くようにしましょう。
そうすれば、卒業論文など論文形式の文章を書かなければならなくなったときにきっと役立ちます。

 


 


論文と感想文の違い

論文形式で書かれた文章の大きな特徴は、主観的感想を書かないことです。いわゆる、自分が感じたことを感じままに文章化する感想文とは異なります。

う〜〜〜ん、よくわからない…

感想文を書いたことはあるよね?

ある!

 


 

感想文は

自分の主観を軸にして、ある事柄に対して自分が感じたり思ったりしたことを書く文章

です。

感想文には、論理的であらねばならぬという制約がありませんから、主観のみで書かれていても問題ありません。

 

感想文では、たとえ他の人が納得しなくても「自分の感想はこうなんだ!」と書けますよね!

 

でも、論文は

自分の主張を他者に納得させるため、論理的な筋道に沿って論じていく文章

です。

そのため、論文には、他者を納得させる客観性が求められます。

 

「自分の主張を他者に納得させる…」とか、難しいね!


 

・感想文は、ある事柄に対して自分が感じたり思ったりしたことを書く文章
・論文は、ある事柄について論理的な筋道に沿って書く文章

ですから、論文を感想文のように書くことはできません。

過去に、感想文をたくさん書いた経験がある人ほど、身につけてしまった感想文的な文章を書くクセは抜けないかもしれません。そのような場合、普段、講義で課されたレポートを書くときに論文形式の文章を意識的に書くようにしましょう。回を重ねるうちに、コツをつかんでいくことができると思います。

 


論文形式の文章には主張と根拠がある

論文形式の文章では

少なくとも

① あるテーマに対して何かしらの主張がある
② その主張を支える根拠を示している

必要があります。

主張? 根拠?

はい!何かのテーマに対して自分の考えを主張し、その根拠を示します

 

まず、自分の主張を明確にします。そして、その主張を他者に納得させるために根拠を示します。根拠を示すことによって、他者を納得させる論理的に筋道の通った文章にするわけです。

 

主張することの大切さについては、こちらでも触れています。興味のある方は、参考にしてみてください。

 

 


 

自分の主張を明確にして、その主張を他者に納得させるために根拠を示す

これが、論文形式の文章です。
根拠を示すことによって、他者を納得させる論理的に筋道の通った文章になります。

たとえば、論文では、末尾に必ず参考文献リストが載っています。
あの 参考文献リストは他者を納得されるための根拠の塊 といえます。

根拠の塊!

自分の主張を支える根拠がこんなにあるぞ!と示しているわけですから

なるほど!


 

さて、レポート課題の場合、すでに何らかのテーマが設定されていることが多いです。そのため、つい、課されたテーマに対して自分の感想を書いてしまいがちです。

そのような感想文にしないために

「設定されたテーマに賛成か反対か!」
「設定されたテーマの問題点は何か!」
「設定されたテーマを改善する方法はあるか!」

など、まずは、設定されたテーマに対して自分の立場を明確にしましょう。それが主張になります。そのあと、他者(課題を出した教師)を納得させる根拠を示していきます。

 

レポート課題が出されたら

・出されたレポートのテーマは何か?
・そのテーマに対する自分の主張は何か?
・主張の根拠は何か?

を、考えましょう!

 

レポートのテーマに対する自分の主張を明確に示し、そのあと、主張の根拠を書いてくことができれば、それは論文形式の文章になります

 


論文形式で書く、ちょっとしたコツ

語句の使い方や、一つの文章を簡潔に記述するなどのちょっとしたコツをつかむだけで、文章のイメージは大きく変わります。

たとえば

簡潔に書かれていない文章

大学院の講義で課されたレポートに取り組むときは、論文形式の文章で書く練習をするといいと思うが、理由は、論文形式の文章を書く技術を身につけておくと、修士論文や博士論文を書くときに役立つからである。また、論文形式の文章を書く技術を身につけるためには繰り返し練習する必要があるから、大学院でレポート課題に取り組むときには常に論文形式の文章で書くことを意識するとうまくいくと思うし、論文形式の文章を書く経験を積むこともできるし、いろいろとうまくいくと思う。

 

簡潔に書かれている文章

大学院の講義で課されたレポートに取り組むときは、論文形式の文章で書く練習をするべきである。
なぜなら、論文形式の文章を書く技術を身につけておくと、修士論文や博士論文を書くときに役立つからである。また、論文形式の文章を書く技術を身につけるためには繰り返し練習する必要がある。そのため、大学院でレポート課題に取り組むときには、常に論文形式の文章で書くことを意識するとよい。
そうすれば、論文形式の文章を書く経験を積むことができる。

 

左右の文章、書かれている内容は同じです。でも、文章から受ける印象はかなり違いますね!

 

左は、一つの文章が長くて、何を言いたいのかよくわからない…

 

論文形式の文章を書く技術は、簡単に身につけることができる技術ではありません。普段、大学の講義でレポートを書くときは、論文形式でレポートを書くよう、常に意識しておくことをお勧めします。

 

私は、今でも論文書くの苦手です!トホホのホです…

 


 


まとめ

大学でレポートを書くときには、論文形式で文章を書くよう意識しましょう。

普段から、論文形式の文章を書いておけば、いざというときに役立ちます。大学の講義で課されるレポートを論文形式の文章で書いて、早く書き方に慣れることをお勧めします。

 

少なくとも、論文形式の文章を書くためには

① あるテーマに対して何かしらの主張をしている
② その主張を支える根拠を示している

ことが大切です。レポートを書いたら、確認してみましょう。

 

 


 


 

バットもっていきなりバッターボックスに立っても、ホームランなんて打てないですよね! 大谷選手だって、バッティングの練習、いっぱいしてるから、あんなにホームラン打てるんだと思う…練習は大事!


 


 

タイトルとURLをコピーしました