修士課程と博士課程の違い

修士課程と博士課程の違い

社会人大学院生として大学院に進学して気づいたことの一つに、修士課程での学びと博士課程での学びが大きく異なることが上げられます。

修士課程と博士課程では学び方が全然違う!

と、博士課程に進学してみて初めてわかりました。

以下は、私が博士号を取得した 早稲田大学人間科学研究科 での例です。


修士課程では、講義を受けて単位を取得する!

修士課程での学びは、学部時代とあまり変わりません。研究指導はありますが、学部時代同様に講義を受講し、試験を受け、レポートを書く学びが基本です。よって、修士課程での学び方は、学部での学び方と大きく変わることはありませんでした。

修士課程での授業科目の履修方法については、下記の記事でもふれています。
よろしければ、参考にしてみてください。
授業科目の履修方法

もちろん、修士論文は執筆しなければなりません。
そのために、自分の研究テーマを決めて研究を進めていきます。でも、研究指導ということばの通り、修士課程では、研究の仕方を指導してもらうというイメージです。たとえば、文献の探し方を学んだり、学会での発表の仕方を学んだり、投稿論文の書き方を学んだりするイメージです。それらを学びながら、修士論文を執筆していきます。

つまり、修士課程での学びは、学部時代同様 誰かに教わる ことがメインでした。


博士課程では、講義を受けて単位を取得する必要がない!

博士課程では、講義を受講して単位を取るなどという学び方は行いません。あるのは「研究指導」と「博士論文の執筆」これだけです。とにかく、自分の研究を進め、研究成果を形にすることが求められます。

博士課程では、最終的に「博士論文を執筆」することになります。この「博士論文を執筆」して論文審査に合格することが博士課程の最終目標です。そのために「研究指導」を受けているわけです。

ただし、修士課程のときのような 誰かに教わる というイメージはなくなり、とにかく自分で何もかも進めていかなければならなくなります。

・自分の研究にとって必要な文献を探すのも自分自身!
・学会での発表も、論文の投稿も、とにかくすべて自分が主体で執り行う!

こんな感じです。

指導教官はいます。でも、自分の研究のことを一番よく知っているのは自分自身ですから、自分の研究の問題点は自分で見つけだし、その問題点の解決方法も自分で模索するしかありません。

博士課程での学びは、 すべて自分でする でした。


つまり

修士課程での学びは 誰かに教わる
博士課程での学びは すべて自分でする

ですね。


博士課程に進学すると、修士課程とは異なり、すべて自分でしなければならなくなります。これは、かなり辛いことです。遅々として研究が進まないときは、指導教官への研究報告ができない!と焦ります。でも、ほんの少しでも光明が見えると歓喜の雄叫びをあげることができます。

そんなとき、博士課程での研究の醍醐味を味わうことができます。

せっかく、社会人生活を送りながら大学院で研究するという道を選んだのですから、この醍醐味をぜひ楽しんでください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする