博士課程と修士課程の違い

2015年度の大学院の研究科要項の写真 博士課程

博士課程は修士課程とは全然違った!

大学院に進学して気づいたことの一つが、修士課程での学びと博士課程での学びは全然違うことでした。

進学するまで知らなかったの?

大学院の仕組みとか何も知らずに進学してしまいました…

博士課程に進学してみて初めて知ったことはたくさんありますが、博士課程での学びはそれまで経験した学びとは、全然違うものでした。

 

人間科学研究科での学びの詳細は

をご覧ください。


 


修士課程

修士課程では、講義を受けて単位を取得します

えっ?それ、普通のことだよね!

修士課程での学びは、学部時代の学びのスタイルとあまり変わりません

修士課程では、学部時代と同様に、選択した科目を履修します。そして、講義に出席します。教員から出されたレポート課題に取り組んだり、課された試験を受けたります。

修士課程での学びは、敷かれたレールに乗っていれば目的に連れて行ってくれる学びですから、学部時代までの学び方と大きく変わりません。

 

ただし

修士論文には取り組まなければなりません

修士論文執筆のために、自分の研究テーマを決めて研究をします。でも、修士課程では、研究の仕方を指導してもらえます。研究の仕方など、わからないことは指導教員や先輩が助言してくれます。

たとえば、文献の探し方や学会での発表の仕方、投稿論文の書き方などの助言を受けられます。それらの助言を受けながら、自分の研究を少しづつ進めていくことができます。

最終的に修士論文を執筆できるよう、誰かに導いてもらえるわけです。

教えてくれる人がいるんだね!

 

修士課程での学びは、学部時代同様 誰かに教えてもらう ことができます。

 


博士課程

博士課程では、講義を受けて単位を取得する類いの学びはなく、研究指導博士論文 だけです。

それだけ?

それだけ!です。でも、それだけ!がとても大変なのです

博士課程での学びは、自分の研究を自分で進めていく形です。当然、研究指導 はありますが、修士課程のときとは異なります。指導教員や先輩は、自分の研究について教えてくれる人というより、自分の研究に関する悩みを聞いてくれる人というイメージです。

教えてくれる人がいなくなるんだ…

たとえば、博士学位論文の評価基準の一つに、独自性 があります。

独自性?

「他にはない、特有の内容が書かれていること」でしょうか

 

博士学位論文には、他とは異なる特有の内容が記述されている必要があります。そのような 独自性 があるから、学術の世界に寄与できると認めてもらえるわけです。

そのような 独自性 のある研究について、教えてくれる人は残念ながらいません。

自分で見つけていくしかないんだね…

博士課程では、修士課程のときのように誰かに教えてもらうことができません。自分で何もかも進めていかなければならないのです。

博士課程での学びは、すべて自分でする でした。

 


 


まとめ

博士課程に進学すると修士課程とは異なり、すべて自分でしなければならなくなります。

修士課程では、教えてくれる人がいる状態で学びを進めていくことができますが、博士課程では、すべて自分でしなければなりません。

つまり

修士課程での学びは 教えてくれる人がいる学び
博士課程での学びは すべて自分でする学び

です。

博士課程での学びは大変です。遅々として研究が進まないときは、指導教官への研究報告ができず、焦ります。でも、何かしらの光明が見えたときには、やる気がみなぎります。

博士課程で研究を進めることはとても大変です。でも、その大変さが、私の場合、博士課程での学びを続ける原動力になりました。

 


 


 

自分の研究の問題点を見つけ出すのも自分!その問題点を解決できるのも自分!ぜ〜〜〜んぶ、自分でやるのが博士課程です。大変だけど、だから、楽しいともいえる!


 


 

タイトルとURLをコピーしました