大学院の博士課程は、修士課程とは違った!

学士・修士・博士の学位記を並べた写真 修士課程・博士課程

大学院の博士課程が修士課程と異なる点

社会人という立場で大学院の修士課程を終えたとき、自分の研究をもう少し進めたくなって博士課程に進学しました。でも、博士課程は修士課程と全然違いました!

えっ?同じ大学院でしょ?

修士課程は、大学(学部)時代の学び方とあまり変わりません。学部時代よりも専門的な内容を学ぶことにはなりますが、基本的に、教室で講義を受けたり学期末にレポートに取り組んだりする生活です。また、学部時代に取り組んだ卒業研究等を修士課程で発展させる必要はありますが、指導教官や先輩などからアドバイスを受けながら研究を進めることができます。

でも、博士課程になると、教室で講義を受けたり学期末にレポートに取り組むことはなくなります。誰かに何かを教えてもらうという学び方ではなく、ひたすら、自分の研究に取り組みながら、指導教官や研究室の先輩とディスカッションをします。また、博士課程では、自分の研究分野に関係する学会や研究会などに所属して、自分の考えを披露したり研究に関するヒントを得たりする機会をもちます。

活動の場が、大学内から大学外へ変わっていくイメージです。

また、博士号取得を目指すのであれば、学会で自分の研究を発表し、自分が筆頭著者となる論文を学会誌に掲載する必要があります。つまり、大学外の場で自分の研究を認めさせることが重要になるわけです。たとえ博士論文を書いて大学に提出したとしても、大学外での研究業績がないと、おそらく論文審査に通らないでしょう。

博士課程に進学してから「あれっ?自分、すごく無謀なことに挑戦してない?」って、実はちょっと後悔しました!

早稲田大学人間科学研究科の要綱について知りたい方は、こちらをどうぞ!

以下では、社会人大学院生という立場で、私が個人的に感じた博士課程と修士課程の違いについて、もう少し詳しく説明します。


修士課程

大学院の修士課程は、大学の延長に近いイメージです。

社会人大学院生にとっての修士課程とは

・専門分野の知識を得る
・専門分野の研究をする
・専門知識を仕事に活かす
場でしょう。

修士課程は、大学よりも専門的なことを学べる場所だね!

そうです!そして、専門的とはいえ、大学時代と同様に「何か」を教えてくれる「誰か」が存在する場所です。

教えてくれる人がいるところ

大学時代と同様、大学院の修士課程には教えてくれる人がいました。

たとえば

修士課程では、講義を受講して単位を取得します

えっ?それ、普通のことだよね!

多分、学びのスタイルとして、これが一般的なイメージですよね!

修士課程では、大学が決めた必要単位を取得しなければ修士を修了できません。そのため、複数の講義を受講して、レポート課題や試験に取り組む必要があります。決められた時間に決められた教室に行かなければなりません。

えっ?それも、普通のことだよね!

そうです!大学時代と同様、大学のキャンパスに通って学びます!

大学のキャンパスに行って、大学が敷いてくれたレールにうまく乗っていくことができれば、修士課程修了というゴールに到達できます。また、そのレールにうまく乗っていくことができるよう指導してくれる人もいます。

もちろん

自分の研究を進めて、修士論文に取り組む必要はあります

修士課程を修了するためには、最終的に、修士論文を書いて提出しなければなりません。ただし、修士課程では、自分の研究に関することを、所属している研究室である程度指導してもらえます。

修士課程の学生は、研究者としてまだ「初心者」ですから、指導してくれる人がいないと迷子になってしまいます!

初心者には、誰かが教えてあげないとね!

たとえば、文献の探し方をはじめ、研究の発表方法や論文の執筆方法などには、ある程度決まったやり方があります。所属している研究室の指導教員や先輩等がそれらを教えてくれるはずです。教えてくれる通りに自分の研究を進めることができたら、修士論文を執筆して提出できるでしょう。

つまり、修士課程は、指導者のもと、大学内で学ぶ場所です


博士課程

博士課程では、大学内で講義を受けて単位を取得する類いの学びはありません。学内で行うことは、研究作業と博士論文を書いて論文審査を受けることぐらいです。

それだけ?

ほぼ、それだけです

研究室に所属している後輩の学部生や大学院生に対して、彼ら彼女らの研究がうまく進むようアドバイスしたり、研究室の運営に携わったりすることはあります。でも、自分の研究は基本的に自分で進めます。

大学外に自分の研究を認めさせるところ

博士課程では、自分の研究を自分で進めます。

もちろん、指導教員や他の大学院生と、自分の研究に関するディスカッションは行います。ディスカッションの場で自分の研究のヒントを得ることはありますが、具体的に何かを教えてくれるということはありません。

教えてくれる人がいなくなるってこと?

博士課程の学生は、身分的には学生ですが、扱いは、研究者です!

 

また、博士課程で書く論文には、明確な「新規性」が求められます。

新規性?

「今までにはわかっていないこと、新しくわかったこと」が論文に書かれている!というイメージかな?

博士論文を認めてもらうためには、論文に、新しくわかった知見が記述されている必要があります。このような新規性があってはじめて、自分が行なっている研究を他の研究者に認めてもらうことができるのです。

自分の研究内容について教えてくれる(すでに知っている)人が存在したら、新規性はないですよね!

博士課程では、自分の研究は自分で進めていくしかありません。そのため、自分の研究に関係がありそうな学会や研究会などを探します。そして、そのような場所で、自分の考えを披露したり研究のヒントを得たりするのです。自分の研究を学会で発表し、また、学会誌に論文を投稿するなどの活動を通して、大学外で研究業績を積み上げます。

このように、博士課程では、大学外の場で自分の研究を認めさせることが中心になります。

スポンサーリンク

まとめ

社会人生活を送りながら、大学院に所属して専門的なことを学んだり研究をしたりする生活は、総じて楽しかったです。でも、博士号を取得して博士課程を修了することは想像以上に大変でした。

大学院の修士課程は専門的なことを学ぶ場とはいえ、大学の延長に近いイメージです。また、修士の学生は研究分野の初心者として扱ってもらえます。

でも、博士課程になると、単位取得のための講義受講などはなくなり、ひたすら、自分の研究を自分で進める生活です。研究者の端くれとして、学会に参加したり学会誌への投稿論文を書いたりします。このような大学外での研究業績を積み上げて、博士号を取得するのです。

博士課程は修士課程とは全然違いました!!!


まぁ、結果的に博士号を取得できたので、今は、博士課程に進学したことを後悔していません!

タイトルとURLをコピーしました