先行研究の探し方 三つの基本

先行研究の探し方の三つの基本を表現した図 卒業論文

先行研究を探そう!

卒業論文などを書くときに苦労することのひとつが、先行研究を探すことではないでしょうか。

先行研究を調べてって言われたけど、どうやって調べればいいかよくわからないし、なんでそんなに先行研究って大事なの?

先行研究を確認することによって、自分の研究の 新規性と独自性 が主張できます。

新規性と独自性?

なぜ、先行研究を調べるの?

卒業論文を書くためには、自分の論文の 新規性と独自性 を主張する必要があります。

たとえば、自分が考えた研究テーマを、過去に、どこかの誰かがすでに取り組んでいるかもしれません。もしも、自分の研究がどこかの誰かがすでに行なった過去の研究とまったく同じであったら、新規性も独自性も主張できません。そのため、先行研究を調べる必要があります。

ただし、自分が考えた研究テーマと似たような研究テーマがあったとしても

・自分が行う研究手法は過去に行われた研究手法とは異なる
・自分は過去の研究とは違う視点に立って論じている

など、過去の研究と異なる点を明確にすることができれば 新規性や独自性 を主張することができます

自分の研究は過去に行われた研究と、ここが違うよ!と示す必要があるんだね

それに、先行研究をあれこれ調べていると「こういう方法で研究できるんだ!」など、研究を進めていくヒントを手に入れることもできます。

 

ということで、覚悟を決めて!先行研究を調べましょうね

 

先行研究を探す方法はいろいろありますが、まずは、取り組みやすい方法を三つあげます。

 


先行研究の探し方

まずは、定番です!大学の図書館を利用しましょう。

1. 大学の図書館

大学の図書館は知の宝庫です。先行研究を探すために、まずは、大学の図書館をのぞいてみましょう。一般の図書館や書店などには並んでいない難しそうな本が、ずらっと並んでいるはずです。

本が多すぎるよ!探すのが面倒…

大学図書館に所蔵されている本はデータベース化されています。そのため、パソコンを使って図書館の蔵書を検索することができます。検索用のパソコンが置かれていると思いますので、よくわからないときは図書館の人に聞いてみましょう。Google検索をするときと同様に、検索キーワードの選び方などにコツは必要ですが、効率よく本を探し出すことができるはずです

ただし、せっかく図書館に足を運んだのですから、自分の研究と関係ありそうな本棚に並んでいる本を眺めてみましょう。自分の研究テーマとは直接関係なさそうだけど面白そうだなと感じる本があったら、ぜひ、手にとってパラパラとめくってみてください。想像もしていなかった研究のヒントが見つかるかもしれませんよ。

 

パソコンを使って効率よく本を探すことも大切ですが、実際に手にとってパラパラと本を眺めてみると、思わぬ研究のヒントにめぐり合ったりします!

 

2. 検索サイト

論文や本などの文献を検索するサイトは多くありますが、まずは、次の三つの検索サイトから使ってみることをお勧めします

・CiNii Research
・国立国会図書館サーチ

・Google scholar

 

・CiNii Research (CiNii Articles)

CiNii Research
CiNii Articles - 日本の論文をさがす - 国立情報学研究所

CiNii Articles は、学術論文に関する情報を検索するデータベース・サービスとして普及しています。検索するのであれば、まずは CiNii Articles を使ってみましょう。
ただし、2022年4月1日より、CiNii Articlesは CiNii Research に統合され、論文検索はCiNii Researchに一本化されるようです。そのため、今から新たに利用するのであれば、CiNii Research を使ってみることをお勧めします。

・国立国会図書館サーチ

国立国会図書館サーチ(NDL Search)

国立国会図書館サーチ(NDL サーチ)は、国立国会図書館が提供している検索サイトです。国立国会図書館をはじめ、全国の公共・大学・専門図書館や学術研究機関等が提供する資料、デジタルコンテンツを統合的に検索できます。本だけでなく、記事や論文も検索できます。
ただし、日本で出版されるすべての本が保存されているとはいえ、実際に、本を手にとって中身を確認したいときは大学図書館の利用をお勧めします。

・Google scholar

Google Scholar
Mit Google Scholar können Sie ganz einfach nach wissenschaftlicher Literatur suchen. Sie können nicht nur viele verschiedene Fachrichtungen, sondern auch unters...

Google が提供する学術文献を検索するためのサイトです。多くの論文や本、要約や資料まで探すことができます。ネット上を隅から隅まで検索してくれるため、膨大な量の文献が候補としてあがってきます。そのため、文献をうまく絞り込んでいく必要があります。
ただし、ウェブ上のあちこちに散らばっている同一論文を一つにまとめて表示してくれるのは助かります。

 

自分の論文を上の検索サイトで検索してみたら、ちゃんと表示されました!

 

上記の三つの検索サイトの使い方に慣れてしまえば、他の検索サイトを使って検索することになっても、戸惑うことは少ないと思います。

 

3. 参考文献リストを活用

ひとつでも、自分の研究テーマと合う論文や本を見つけることができたら、その論文や本に載っている参考文献リストをフル活用しましょう。

利用できそうな論文や本を見つけたときは、その論文や本の末尾にある参考文献リストを確認します。次に、確認した参考文献リストに載っている論文や本を、検索していきます。検索した中から、新たに自分の研究で使えそうな論文や本を見つけ出すことができたら、また、その論文や本の末尾にある参考文献リストを確認します。そして、次の論文や本を探していきます。

参考文献リストを使って、次々、新しい論文や本を見つけていくんだね!

いわゆる、芋づる式に検索する方法です。参考文献リストを新たな手がかりとして、次々に新しい論文や本を見つけ出していきます

 

自分は、博士論文を書くときに芋づる式検索法にすごく助けられました!

 

おまけ

研究室の先輩に聞いてみましょう。

同じ研究室に所属している先輩の中に、研究テーマが似通っている先輩はいませんか?適切な先行研究をなかなか見つけることができないときは、所属している研究室の先輩に相談してみましょう。

 


まとめ

先行研究を探すときに取り組みやすい方法として、以下の三つを紹介しました。

・大学図書館の利用
・検索サイトの利用
・参考文献リストの利用

先行研究の探し方の三つの基本を表現した図

 

適切な先行研究をひとつ見つけ出すことさえできれば、あとは、見つけ出した論文や本に掲載されている参考文献リストを利用して、芋づる式に先行研究を見つけ出していけるかもしれません。大学の図書館を利用したり検索サイトを利用したりして、適切な先行研究を見つけ出しましょう。

いくつかの先行研究を見つけ出すことができれば、それらの先行研究で使われている研究手法や論じる視点を参考にしながら、自分の研究の新規性や独自性を主張していくことができますね!

 


 

先行研究を探す上で、一番難しいところが「適切」かもしれません。膨大な先行研究の中から「適切な先行研究を見つけ出す!」ここをクリアできるかどうかがおそらくポイントかなぁ

タイトルとURLをコピーしました