研究の場で活躍する散布図 描画のコツ!

散布図を得点の上下別に描画 表・グラフ

研究の場で活躍する散布図 描画のコツ!

日常、棒グラフや円グラフ、折れ線グラフなどは目にする機会が多いと思います。でも、散布図を見る機会は少ないかもしれません。

たしかに、散布図はあまり見たことないかも…

散布図は、棒グラフや円グラフと比べて親しみにくいかもしれません。でも、研究の場では、散布図を扱う機会、多いです。散布図は、2つのデータの関係を検討するときなどにとても役立つからです。

2つのデータの関係?

散布図は、ある要素と別の要素の関係を検討したいときに使います。直感的に関係を把握しやすいグラフですから、データの関係性を検討したいときには散布図を積極的に利用することをお勧めします。

以下では、研究の場で描く機会が多い散布図について説明します。また、棒グラフと円グラフについては、下記の記事

意図を伝える棒グラフ 見栄えをよくする方法
研究論文や研究発表の場で利用するグラフは、自分が論じたいことが伝わりやすくなるよう、工夫することが大切です。その際、ExcelやPowerPointの得意なことを活用しながら、見栄えを整えていきましょう。
論文などで使いたい、意図が伝わる円グラフ
研究論文や研究発表の場で利用するグラフは、あくまで、自分が論じたいことを伝えるために描くものです。Excelで描いたグラフをそのまま使うと、自分の意図が伝わりにくいグラフになってしまいます。少し工夫して、自分の意図が伝わりやすいグラフを描くようにしましょう。

で説明しました。

 

以下

Excel(Microsoft Office for Mac 2011)を使って描画

しています。

 


 


散布図で検討したいことは何か!

散布図は、2つのデータの関係を検討したいときに役立ちます。

最高気温が上がるとエアコンの販売数が増えるみたいな感じだね!

そうですね。たしかに、暑いとエアコン欲しいです!

散布図は、ある要素と別のある要素とのあいだに「関係がある」ことを確かめるために使うことが多いです。でも、研究の場では、どう関係しているのか!どのように関係しているのかを検討するために、散布図を活用していきましょう。

どのように関係しているか?なんか、難しそう…

複雑な計算をしなくても、散布図を描くだけで関係性が見えてくることがありますよ!

 

散布図は、奥の深いグラフなのです。

以下のデータ(仮データです)を使って、実際に散布図を描いてみましょう。

 


使用したデータ

以下は、2回実施したテストの得点をまとめた表です(対象者40人)。

散布図を描くためのデータ表

 

散布図を描く目的は

上のデータを使って、新しい学習方法の効果を検討

することです。

そのために

新しい学習方法を実施する前の事前テストの点数と実施した後の事後テストの点数

を比較します。

散布図は、Excelのグラフ描画機能を使えば、簡単に描けます。
(横軸が事前テストの得点、縦軸が事後テストの得点)

とりあえずエクセルで描いた散布図

 


散布図から何がわかる?

なんか、いい感じの散布図が描けてる!

確かに、正の相関関係!っぽい、いい感じのグラフが描けています

でも、この散布図で表していることは

・事前テストで点の低い学生は、事後テストでも点が低い
・事前テストで点の高い学生は、事後テストでも点が高い

という関係です。

散布図を描いて検討したかった内容とは異なります。

 


散布図の描き方を工夫してみた!

今度は

新しい学習方法を実施する前の事前テストの点数と、新しい学習方法を実施したあとの事後テストとの得点差

を比較することにします。

Excelのグラフ描画を使って、得点がマイナスと得点がプラスの場合に分けてみました。

・得点がマイナスとは、事後テストで得点が下がったケース
・得点がプラスとは、事後テストで得点が上がったケース

 

 

赤のマイナスと黒のプラスがすごく偏ってプロットされてる!

上のグラフを見ると

・もともと、高得点を取ることができる学生に対しては、新しい学習方法は効果がありそう

でも

・もともと、低得点しか取れない学生にとっては、新しい学習方法は効果がなさそう

です。

なるほど!

このように、複雑な計算などをしなくても、散布図を描くだけでデータの関係性を検討することができます。散布図は、棒グラフうや円グラフなどより難しく感じるかもしれません。でも、散布図を工夫して描画することによって、隠れていた関係性が見えることもあります。

研究の場では、散布図を積極的に活用しましょう。

 

散布図は、研究の場にふさわしいグラフといえるかもしれませんね!

 


 


まとめ

研究の場では、ある要素とある要素の関係を調べて検討したいということが多いです。散布図は、データの関係を調べるときに役立つグラフです。積極的に活用していきましょう。ただし、散布図を描くときには、関係性の何が知りたいのかを明確に把握しておくことが重要です。

 


 


 

平均値の差の検定や相関係数の算出などの統計処理、今では、Excelを使ってササッと簡単にできてしまいます。でも、何について検討しているのか、という目的があやふやな状態でExcelを使っても、多分、意味ある結果は簡単に出ない気がします…


 


 

タイトルとURLをコピーしました