シンプルで見やすい折れ線グラフ

大学院入学者数の推移(男女別)に示した折れ線グラフ 表・グラフ

シンプルで見やすい折れ線グラフ

卒業論文や修士論文、学会発表など、研究内容を発表する場で使うグラフはシンプルに描画して、直感的に伝わるよう工夫しましょう。なぜなら、限られたスペースや時間内に、研究内容を的確に伝えるためには、グラフを見ただけで伝えたいことがシンプルに伝わる必要があるからです。

発表する内容が難解であればあるほど、伝え方はシンプルな方がいいです。

たしかに、グラフなどは見ただけでわかるように描いて欲しい!

研究の内容そのものを伝えるためには、なるべく華美な装飾などは避けて、伝えたいことが直感的に伝わるグラフを描くよう工夫しましょう。

ここでは、シンプルで見やすい折れ線グラフとはどうようなものか説明します。

以下、ExcelとPowerPoint(Microsoft Office for Mac 2011)を使っています。


 


使用したデータ

以下のグラフは、仮のデータを作って描画しました。

意図を伝える棒グラフ 見栄えをよくする方法
論文や発表の場で利用するグラフは、自分が伝えたいことが伝わりやすくなるよう工夫することが大切です。その際、ExcelやPowerPointの得意分野を適宜使い分けながらグラフの体裁を整えていきましょう。
論文などで使いたい、意図が伝わる円グラフ
研究論文や研究発表の場で利用するグラフは、あくまで、自分が論じたいことを伝えるために描くものです。Excelで描いたグラフをそのまま使うと、自分の意図が伝わりにくいグラフになってしまいます。少し工夫して、自分の意図が伝わりやすいグラフを描くようにしましょう。
データの関係を検討したいときに役立つ散布図
散布図は、2つのデータの関係を検討したいときにとても役立つグラフですから、卒業論文や修士論文などの研究の場で使う機会は多いです。少し工夫すると、散布図を描画するだけで隠れていた関係が見えてくることもあります。積極的に活用していきましょう。

 

ここでは、実際のデータ

文部科学省のウェブサイト
科学技術指標2017 3.2高等教育機関の学生の状況

科学技術指標2017・html版 | 科学技術・学術政策研究所 (NISTEP)
科学技術・学術政策研究所は、国の科学技術や学術振興に関する政策立案プロセスの一翼を担うために設置された文部科学省直轄の国立試験研究機関です。

にある下記の 表3-2-6 の数値を利用して描画しています。

学部・修士課程・博士課程別入学者数が示された表

 


折れ線グラフで伝えたい内容は何か

上記 表3-2-6 の学部・修士課程・博士課程別入学者数(女性と男性)の数値をもとに、修士課程と博士課程に入学する男性と女性の人数の推移を折れ線グラフを描いてみましょう。

折れ線グラフを描画して伝えたい内容は

修士課程と博士課程に入学する男性と女性の人数の推移

となります。

グラフの横軸は年度、縦軸は人数となります。縦軸と横軸を逆にしないよう、注意しましょう!

また、「修士課程と博士課程に入学する男性と女性の人数の推移」を描画するためには、少しExcelの表を整理する必要があります。

グラフを描くために、まず、データを整理するんだね


Excelを使って作業

まずは、折れ線グラフを描く上で必要なデータだけを残し、使わないデータは外しておきます。

表のデータを整理

折れ線グラフを描画して伝えたい内容は「修士課程と博士課程に入学する男性と女性の人数の推移」ですから、表3-2-6 の学部の人数や全入学生(男性と女性を合わせた合計人数)などのデータは必要ありません。

グラフを描くために以下のデータを残しました。

修士課程・博士課程別 男性女性の入学者数が示された表

ここから「修士課程と博士課程に入学する男性と女性の人数の推移」を示す折れ線グラフを描いていきます。

Excelを使うと、以下のような折れ線グラフを描くことができます。

修士課程・博士課程別 男性女性の入学者数の折れ線グラフ オリジナル

これだと、どの線が何を表しているのか、よくわからない!

Excelは、簡単にグラフ描画してくれる優秀なソフトウェアですが、自分のイメージ通りのグラフを描画するためには、少し手を加える必要があります。

そこで、まずは、男性を表した折れ線グラフか、女性を表した折れ線グラフか、簡単に判別できるグラフになるように手を加えましょう。

折れ線グラフの書式を変更

各系列(折れ線)を選択して書式を変更します。

例えば

男性は、マーカーの塗りつぶし と 線 を使って、黒系の色に統一し、点線で表示
女性は、マーカーの塗りつぶし と 線 を使って、赤系の色に統一し、実線で表示

などと、ルールを決めて変更していくといいですね。

修士課程・博士課程別 男性女性の入学者数の折れ線グラフ

すべての系列(折れ線)の書式を変更していくと、かなり見やすい折れ線グラフができあがります。

書式の選択は好みの問題ですが、少なくともここでは、グラフを見ただけで「修士課程と博士課程に入学する男性と女性の人数の推移

がわかるよう工夫していく必要があります。

 

Excelで簡単にできる作業は、なるべくExcelで終わらせておきます。ただし、テキストを書き足すなど、グラフを見やすくする作業はPowerPointの利用をお勧めします。

折れ線グラフをExcelからPowerPointにコピペするんだね!


PowerPointを使って作業

Excelで描画したグラフをPowerPointに移しましょう。

まず、「それぞれの折れ線が何を表しているか!」を折れ線の横に表示します。

テキストボックスで説明文を追加

どの折れ線が修士課程で、どの折れ線が博士課程かなどが一見してわかるように、説明文を追加します。

各折れ線の横に以下の内容を、上から順に

男性(修士):自然科学
男性(修士):人文・社会科学・その他
女性(修士):人文・社会科学・その他
女性(修士):自然科学
男性(博士):自然科学
女性(博士):自然科学
男性(博士):人文・社会科学・その他
女性(博士):人文・社会科学・その他

テキストボックスで追加していきます。

グラフの書式を変更

次に、グラフの縦軸(垂直方向の軸)や横軸(水平方向の軸)の書式などを変更します。

PowerPointでも、グラフの書式変更はできますよ!

PowerPointを使って仕上げの作業をした結果が、以下の折れ線グラフです。

大学院入学者数の推移(男女別)に示した折れ線グラフ

それぞれの折れ線の真横に説明文を描きました。また、縦軸や横軸の書式も変更しています。

見やすい折れ線グラフになってる!

これで、表3-2-6 の学部・修士課程・博士課程別入学者数(女性と男性)のデータを使って、ExcelとPowerPointで

修士課程と博士課程に入学する男性と女性の人数の推移

を示す折れ線グラフを描くことができました。

 


まとめ

卒業論文や修士論文、学会発表など、研究内容を発表する場で使うグラフは、なるべくシンプルに描くことをお勧めします。なぜなら、限られたスペースや時間内に、研究内容を的確に伝えなければならないからです。グラフなどはシンプルに描画して直感的に伝わるよう工夫しましょう

Excelは、簡単にグラフ描画してくれる優秀なソフトウェアですが、自分のイメージ通りのグラフを描画するためには少し手を加える必要があります。Excelの描画機能だけを使って、シンプルで見やすい折れ線グラフを描くことは難しいです。

ここでは、Excelでグラフ描画したあと、PowerPointにそのグラフを移して仕上げ作業することをお勧めしました!


 

私は、PowerPointでグラフの体裁を整えるようになってから、グラフを描画するときの手間がすごく減ったような気がします!

タイトルとURLをコピーしました