論文で使用する表の作成 見栄えをよくする方法

平均点との差と前回の得点との差 2つの表 表・グラフ

論文で使用する表の作成 見栄えをよくする方法

研究論文やその論文の発表の場では、積極的に表を活用していきましょう。数字を文章で説明するよりも、表にまとめて説明する方が、一目瞭然でわかりやすいです。

表といえば、エクセルだね!

そうですね!表といえばエクセルです

 

Excelは表計算ソフトです。当然、表の作成は得意です。Excelで表を作成して、あれこれ体裁を整える方は、多いと思います。とはいえ、やはり、Excelはセルに入力した数字を使ってアレコレ計算することが本業のソフトウェアです。

私は、研究論文や研究発表の場で使う表の体裁は、PowerPointで整えています。PowerPointはプレゼンテーションをするために作られたソフトですから、表の見栄えをよくする作業に向いています。

Excelを使っている人は、PowerPointも使っていると思いますので、表の見栄えを整える作業では、PowerPointを使ってみてはどうでしょうか。

また、計算はExcel、表の体裁はPowerPointと、作業を分けることによって、元データが壊れてしまったなどのミスを防ぐこともできます。

 

PowerPointのスキルも積極的に利用していきましょう。

 


 


Excelで計算する

以下のような、教科別得点データがExcel上にあるとします。

得点の表

 

このデータをもとに、研究論文や研究発表の場で使う表を整えていきましょう。

 

ここで、重要なことは

自分が論じたい内容が伝わりやすいよう表を整える

ことです。この目的を忘れないようにしましょう。

表を整える目的は何かを考えながら作業するんだ!

闇雲に表を整えただけでは、伝えたいことがうまく伝わりません

 


 

実際に、やってみましょう。

例えば、自分が論じたい内容が、次の2パターンだと仮定すると、表の体裁はどのように整えればいいでしょうか。

① 自分が論じたい内容は、今回の得点と平均点との差である
② 自分が論じたい内容は、今回の得点と前回の得点との差である

 

そのために、まず、Excelで

①の平均点との差
②の前回の得点との差

を計算しておきます。

得点の差を計算した後の表

 

 


PowerPointで表の体裁を整える

Excelで必要な計算を済ませ、データがすべて揃いました。ここからは、PowerPointにデータをコピー&ペーストして体裁を整えていきましょう。

 

①の場合は

① 自分が論じたい内容は今回の得点と平均点との差である

ですから、以下のような表にします。

 

平均点との差を追加した表

 

今回の得点と平均点との差が並んでる!

隣同士にあるので、わかりやすいです


② の場合は

② 自分が論じたい内容は今回の得点と前回の得点との差である

ですから、以下のような表にします。

 

前回との差を追加した表

①のときと、列の並び方が違う!

はい!今回の得点と前回の得点との差を隣同士に並べました

確かに、わかりやすい!でも、わざわざPowerPointを使わなくてもいい気がする…

 

でも、この方法だと
「Excelであれこれ表の体裁をいじくっているうちに、元データがわからなくなってしまった!」
などのミスを避けることができるのではありませんか?

Excelを使って、表の体裁を整えるために、行や列の順番を入れ替えたりセルを結合したりなどしているうちに元データがわからなくなってしまうことは、ありがちです。

元データがわからなくなるのは、困る!

万が一にも、元データが壊れてしまったら取り返しがつきません

 

 

計算はExcel、表の体裁はPowerPointと、分けて作業すると元データがわからなくなるなどのミスを防ぐこともできますね。

 

 

ここでは、ExcelとPowerPointは、Office for Macを使用しています

 


 


まとめ

研究論文や研究発表の場で利用する表の体裁を整えていく上で大事なことは

自分が論じたい内容が伝わりやすいよう表を整える

ことです。

ExcelやPowerPointなどのソフトウェアの得意分野を適宜使い分けて、自分が論じたい内容が伝わりやすい表の作成をお勧めします。

 


 


 

PowerPointは工夫次第で色々と役立つソフトウェアです。プレゼンテーションのスライド作りに利用するだけでは、ちょっともったいない気がします!

 


 


 

タイトルとURLをコピーしました