散布図を重ね合わせてみよう!

散布図を得点の上下別に描画 表・グラフ

散布図を重ね合わせてみよう!

散布図は、棒グラフや円グラフよりも接する機会が少ないかもしれませんが、散布図は2つのデータの関係を検討するときに役立つグラフです。描き方に慣れることをお勧めします。

さて、下記で描いた散布図、実は、2つの散布図を重ね合わせて描画しています。

データの関係を検討したいときに役立つ散布図
散布図は、2つのデータの関係を検討したいときにとても役立つグラフですから、卒業論文や修士論文などの研究の場で使う機会は多いです。少し工夫すると、散布図を描画するだけで隠れていた関係が見えてくることもあります。積極的に活用していきましょう。

散布図を重ねる?

2つの散布図を1つの散布図にまとめて描画しています。何気なくやったらできてしまった方法です。以下で説明します。

以下、Excel(Microsoft Office for Mac 2011)を使って描画しています。

 


使用したデータ

使用したデータは、以下の仮データです。
40人の学生に新しい学習法を試みたと仮定して、新しい学習法を試みる前と試みた後のテストの点数をまとめています。

散布図を描くためのデータ表

 

ここで、散布図を描く目的は

新しい学習方法とテストの得点に関係があるかどうか

です。

そのために

新しい学習方法を実施する前の事前テストの点数と、新しい学習方法を実施したあとの事後テストとの得点差

の関係をみます。

 


2種類の散布図を描画

新しい学習方法を実施したあとに、得点が下がった学生と得点が上がった学生に分けて散布図を描画します

・事後テスト(今回の得点)が事前テスト(前回の得点)から 下がった 学生
・事後テスト(今回の得点)が事前テスト(前回の得点)から 上がった 学生

にデータを分けます。

 

散布図を描くためのデータ 得点上下別

 

それぞれのデータを使って散布図を描画すると、以下のようになります。

散布図を得点上下別にとりあえず描画

 


散布図を重ねる

上で描画したマイナスの散布図全体をコピーします。プラスの散布図にそのままペーストすると、以下のような散布図が描画されます。コピー&ペーストしただけです。

 

散布図を得点の上下別にとりあえず描画

 

えっ?それだけ?

それだけです。Y軸もいい感じに調整されてますね!

 


書式を変えてお好みのグラフを作成

あとは、Excelのグラフ描画の書式設定機能を使って、お好みの書式に変更していくだけです。

 

散布図を得点の上下別に描画

 

なんとなく、Excelで描いたグラフっぽく見えない…

マーカーやフォントなどを変更し、余計な影を消しました!

 

Excelは、簡単にグラフ描画できる優秀なソフトウェアですが、グラフを描いたときの色使いが自分の趣味と少々合わなくて…そこだけが残念です。

 


まとめ

散布図は、棒グラフや円グラフよりも接する機会が少ないため、難しく感じるかもしれません。でも、散布図は、2つのデータの関係を検討するときに役立つグラフです。

例えば、ここで紹介したように、2つの散布図を重ね合わせてまとめてみると興味深い結果が見えてくることもあります。

また、今回やってみた 散布図のコピー&ペースト のように「やってみるとできてしまうこと!」がExcelには結構あります。いろいろ試してみましょう。

 


 

Excelでグラフを描画する便利な方法っていろいろあるみたいです。何気に、面白い方法を発見できたときは結構嬉しいですよ!

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました