散布図を重ね合わせてみよう!

散布図を得点の上下別に描画 表・グラフ

散布図を重ね合わせてみよう!

散布図は、棒グラフや円グラフよりも接する機会が少ないかもしれません。でも、散布図は2つのデータの関係を検討するときに活用したいグラフです。描き方に慣れることをお勧めします。

さて、以前に描いたこの散布図、実は、2つの散布図を重ね合わせて描画しています。

研究の場で活躍する散布図 描画のコツ!
研究の場では、ある要素とある要素の関係を調べて検討したいということが多いです。散布図は、データの関係を調べるときに役立つグラフです。積極的に活用していきましょう。ただし、散布図を描くときには、関係性の何が知りたいのかを明確に把握しておくことが重要です。

 

散布図を重ねる?

2つの散布図を1つの散布図にまとめています

何気なくやったらできてしまった方法です。以下で説明します。

 

以下、Excel(Microsoft Office for Mac 2011)を使って描画しています

 


使用したデータ

以下のような、学生40人のテストの得点をまとめたデータ(仮データ)を使って散布図を描画します。

散布図を描くためのデータ表

 

ここで、散布図を描く目的は

上のデータを使って、新しい学習方法の効果を検討

することです。

そのために

新しい学習方法を実施する前の事前テストの点数と実施した後の事後テストの点数

を比較します。

「新しい学習方法の効果を検討したい!」が目的なんだね

目的があやふやなまま散布図を描いても、意味ない気がします…

 

 


データを加工して2種類の散布図を描画

2種類の散布図を描くために

・事後テスト(今回の得点)が事前テスト(前回の得点)から 下がった 学生
・事後テスト(今回の得点)が事前テスト(前回の得点)から 上がった 学生

にデータを分けます。

 

散布図を描くためのデータ 得点上下別

 

それぞれのデータを使って散布図を描画すると、以下のようになります。

散布図を得点上下別にとりあえず描画

 


コピー&ペースト

上で描画したマイナスの散布図全体をコピーします。プラスの散布図にそのままペーストすると、以下のような散布図が描画されます。

 

散布図を得点の上下別にとりあえず描画

 

えっ?それだけ?

それだけです。Y軸もいい感じに調整されてます!

 


お好みのグラフ書式を設定

あとは、Excelのグラフを描画するための書式設定機能を使って、お好みの書式に変更していくだけです。

 

散布図を得点の上下別に描画

 

なんとなく、Excelで描いたグラフっぽく見えない…

マーカーやフォントを少し変更しただけです!

 

上のグラフを見ると

もともと、高得点を取ることができる学生に対しては、新しい学習方法は効果がありそう
でも、もともと、低得点しか取れない学生にとっては、新しい学習方法は効果がなさそう

であることがわかります。

 


 


まとめ

散布図は、棒グラフや円グラフよりも接する機会が少ないため、難しく感じるかもしれません。でも、2つのデータの関係を検討するときに活用したいグラフです。

例えば、今回説明したように、2つの散布図を重ね合わせてまとめると、興味深い結果が見えてくることもあります。

そのためには、何を検討したくて散布図を描いているかという目的を、きちんと把握しておくことが大切です。目的が明確であれば、それに適した散布図が描けるかもしれません。

散布図は、けっこう奥が深いグラフです。

 


 


 

Excelでグラフを描画する便利な方法っていろいろあるみたいですね。何気に、面白い方法を発見できたときは嬉しい!

 


 


 

タイトルとURLをコピーしました