エクセルで描画したグラフをパワーポントでアレンジ!

SMAPの全シングル曲の売上を示した棒グラフ 表・グラフ

エクセルで描画したグラフをパワーポントでアレンジ!

文字を連ねて長々説明するよりも、グラフなどを使って説明した方が、一目瞭然、わかりやすくなること、多いです。研究論文や研究発表の場も同じです。積極的に図を活用していきましょう。

研究論文や研究発表の場で、自分の主張が伝わりやすいようグラフを加工する方法については、以下にも書きました。

論文などで使いたい、意図が伝わる円グラフ
研究論文や研究発表の場で利用するグラフは、あくまで、自分が論じたいことを伝えるために描くものです。Excelで描いたグラフをそのまま使うと、自分の意図が伝わりにくいグラフになってしまいます。少し工夫して、自分の意図が伝わりやすいグラフを描くようにしましょう。
意図を伝える棒グラフ 見栄えをよくする方法
研究論文や研究発表の場で利用するグラフは、自分が論じたいことが伝わりやすくなるよう、工夫することが大切です。その際、ExcelやPowerPointの得意なことを活用しながら、見栄えを整えていきましょう。

ここでは、Excelでシンプルな棒グラフを描画して、ExcelとPowerPointを使いながら、その棒グラフの見栄えを整えていく方法について説明します。

 

 

以下の図は、ExcelとPowerPoint(Microsoft Office for Mac 2011)を使って描画しています

 


 


棒グラフで伝えたいこと

描画するときに大事なことは

何を伝えようとしているか

を事前にきちんと把握しておくことです。

 

何も考えずに図を描き始めてしまうことって、ある!

 

ただ、漠然と図を描き始めてしまうと、結局、漠然とした図しか描けなかったりします

図で何を表したいか!を明確にしてから、図を描くようにしましょう。


 

ここでは、以下の3点に関して描画したい!と仮定します。

グラフの描画目的

① SMAPの「世界に一つだけの花」のCD売上げは突出している!
② SMAPのメンバーは6人から5人に減ったが、そのときCDの売上げは特に変化していない!
③ SMAPは1991年から2000年の10年間に発売したCDは多いが、2001年から2010年は一気に減少する!

 

なんか、研究ぽくない気がする…

たしかに!研究らしくない…

 

ここでは、とにかく、ExcelとPowerPointを使って以下のようなグラフを描いていきましょう。

SMAPの全シングル曲の売上を示した棒グラフ

(データはオリコンランキングを使用)

描画の手順を示します。


 


Excelでグラフを加工

まずは、エクセルで棒グラフを描きます。

そのあと

① SMAPの「世界に一つだけの花」のCD売上げは突出している!

ことが伝わりやすくなるようグラフを加工しましょう。

・「世界に一つだけの花」の要素だけ別の色に変更する

棒グラフの色を変える方法
Excelの[データ系列の書式設定]を使って塗りつぶし色を変更!

これは、簡単!

・ 棒グラフの幅は拡大する
棒の幅が細いと貧相なイメージになります。棒グラフの幅を拡大しましょう。

SMAPの全シングル曲の売上を示した棒グラフ

 

棒グラフの幅を広げる方法
[データ系列の書式設定]のオプションを使って
グラフの幅を広げる →  グラフ同士の間隔を狭める

 

ここでは、数値の増減のイメージが棒グラフの幅の増減と逆になることに注意しましょう。

数値を小さくすると隣接するグラフ同士の間隔が狭くなります。そうすると、棒グラフ自体の幅は広がります。逆に、数値を大きくすると隣接するグラフ同士の間隔が広くなります。そうすると、棒グラフ自体の幅は狭まります。

 

これは、ちょっと面倒!

[データ系列の書式設定]のオプションで、150%を50%に変更しました。

データ系列の書式設定の変更箇所を示した図 エクセル

 

これで

① SMAPの「世界に一つだけの花」のCD売上げは突出している!

グラフが描けました。

SMAPの全シングル曲の売上を示した棒グラフ

 

以降では、ExcelではなくPowerPointを使います。Excelを使う方はPowerPointも使える場合が多いです。それぞれのソフトウェアの得意分野をうまく活用していきましょう。


 


PowerPointでグラフを加工

ここからは

② SMAPのメンバーは6人から5人に減ったが、そのときCDの売上げは特に変化してない!
③ SMAPは1991年から2000年の10年間に発売したCDは多いが、2001年から2010年は一気に減少!

 

このことが伝わりやすくなる図に加工していきましょう。Excelで描いたグラフをPowerPointにコピー&ペーストし、そこに、伝えたい情報を書き足していきます。

 

具体的には、上の棒グラフの背景を作成する作業です。

・ SMAPメンバーが6人から5人に減ったことを、6人時代と5人時代に分け、グラフの背景色を変えて表現

 

四角を描く
描いた四角の配置を再背面に移動する

これだけです。

えっ?それだけ?

それだけです

なんか、簡単すぎる…

では、もう少し工夫しましょう

 

・ グラフの上部に ←→ を描き、そこに「6人時代」と「5人時代」とテキストで説明を加える

 

SMAPの全シングル曲の売上を示した棒グラフを背景色で区分け

 

テキストボックスを使って、テキスト書いただけだよ…

物足りないですか?では、もう少し作業を続けましょう

 

・ グラフの下部を使って、1991年から2000年の10年間に発売したCDは多いが、2001年から2010年は一気に減少!したことを説明する

発売されたCDシングルの曲数を、←→  の幅の長短で表現
1991年~2000年
2001年~2010年
という同じ10年間にもかかわらず、←→  の幅が違うことにより、発売されたCDシングルの曲数の多少を 、←→ の幅の長短で表現

 

なんで、こんなことするの?

Excelで描画した棒グラフを、この背景と重ね合わせて

 

SMAPの全シングル曲の売上を示した棒グラフ

 

上記のような図にしたいからです。

これで、終了です。


 

グラフを描画するとき、直感的に伝えたい情報がわかるよう工夫することをお勧めします。Excelでグラフを描画してから、PowerPointを使ってグラフに必要な情報を書き加えていくと、伝わりやすいグラフを描くことができます。

上記の棒グラフ、ただの棒グラフに見えるかもしれませんが、実際は、PowerPointを使って工夫しています。文字を連ねて長々説明するよりも、グラフなどを使って説明した方が、一目瞭然、わかりやすくなること、多いです。研究論文や研究発表の場も同じです。積極的に図を活用していきましょう。

 


 


まとめ

ExcelやPowerPointを適宜使い分けて、伝えたい情報が簡潔に伝わるグラフを描いていきましょう。

 

結局、何が言いたかったのかよくわからない。SMAPについて語りたかっただけ?

たしかに、研究論文や研究発表の場は何かを主張するところだから、何かしらの主張がないといけませんね。これでは、グラフを掲示しただけかも、、、反省します!

 


 


 

学会発表とMr.S のライブが重なったあの年の自分に会うことができたら「何とかやり繰りして、Mr.S のライブには絶対に行かなきゃダメだよ。行かないと後悔するよ!」と伝えたい


 


保存保存

保存保存

保存保存

タイトルとURLをコピーしました