スライドで重要ポイントを強調する方法:パラパラ漫画

次のスライドを表示するためにマウスをクリックしている図 スライド

パラパラ漫画風スライドで重要ポイントをアピール!

卒論や修論、投稿論文などの研究発表をするときに使うスライドは、なるべくシンプルに作成することをお勧めします。PowerPointなどを使ってスライドを作成することに慣れてくると、いろいろなアニメーション機能を使ってみたくなります。重要なポイントにアニメーションを設定しておくと、発表するときに注目してもらえます。でも、アニメーション機能の多用は避けましょう。

アニメーション機能って、面白いから使いたくなる!

動きのあるスライドを簡単に作ることができますから、多くのアニメーションを入れたくなりますね!

でも、発表の主役は、あくまで、研究している内容そのものです。研究内容を説明するためにアニメーションをどうしても使う必要がある場合は、もちろん、使ってかまいません。でも「いろいろなアニメーション機能を試してみたい」など、研究発表と直接関係ない理由でアニメーションを多用することは避けましょう。

でも、やっぱり、重要ポイントをアニメーションぽくして、強調したいな!

そんなときは、スライドをパラパラ漫画風に作成し、重要ポイントを強調してみてはどうでしょうか。


パラパラ漫画風に見えるスライドの作り方

スライドの複製を利用する

パラパラ漫画風に見えるスライドは、スライドを複製するだけで簡単に作ることができます。複製したスライドに、文字を付け足したり色を変えたりするだけです。

1:パラパラ漫画風に見せたいスライドを複製します。
2:複製したスライドを使って、強調させたい部分に手を加えます。たとえば、文字を出現させたければ、出現させたい場所にテキストを表示します。色を変えたい部分があれば、その場所の色を変更します。
3:パラパラ漫画風に見せたい元スライドと複製したスライドを順に並べ、クリックします。

次のスライドを表示するためにマウスをクリックしている図

そうすれば、クリックしただけで文字が出現したり色が変わったりします。

こんな、感じです!

アニメーション機能ほど複雑な動きは作れませんが、重要なポイントを強調するぐらいは可能です。

パラパラ漫画風のメリット

何度もアニメーションを再生するような事態に陥らない!

研究発表をするときにアニメーションを設定したくなるスライドは、聞き手に注目してもらいたい部分です。そのため、発表後の質疑応答で、たとえば「あのグラフについてですが…」などとアニメーションを設定したスライドに関して質問されることがあります。そのとき、アニメーションを設定したスライドを再表示すると、また、アニメーションが再生されてしまう事態に陥ります。

もう一度、同じアニメーションを見るってことだ!

しかも、凝ったアニメーションを設定していると、再生時間が長いです!

でも、パラパラ漫画風スライドであれば、テキストを付け加えたり色を変えたりした複製後のスライドを映し出すだけです。パラパラ漫画風アニメーションを、再度見るような事態には陥りません。

スポンサーリンク

おまけ:余裕があれば、質疑応答用のスライドも作成しておこう

卒論や修論、投稿論文などの発表が終わると質疑応答の時間になります。

質疑応答とか、なるべくしたくない!

質問してもらうために研究発表しているのですから、質疑応答の時間は避けられません!

研究発表は、質疑応答の前座のようなものです。もしも、聞き手から有益な質問が出て、そこから活発なディスカッションへと発展したら、発表は大成功といえます。質問されることを怖がらず、堂々と発表しましょう!

そのため、余裕があれば、質疑応答の時間にスクリーンに映しだしておくスライド、たとえば、研究内容をまとめたようなスライドを準備しておきましょう。

スライドを映しておくことによって、質問しやすい環境をつくります!

質問がたくさんあるということは、ありがたいことなんだね!


まとめ

卒論や修論、投稿論文などの研究発表をするときに使うスライドは、なるべくシンプルに作成することをお勧めします。PowerPointなどを使ってスライドを作成することに慣れてくると、いろいろなアニメーション機能を使ってみたくなりますが、アニメーションを多用することは避けましょう。

動きのあるスライドを使って重要なポイントを強調したいときは、パラパラ漫画風に作成することをお勧めします。スライドを複製して文字を付け足したり色を変えたりするだけで作成することができますし、何度もアニメーションが再生されてしまうような状況にもなりません。

研究発表でもっとも大事なことは、発表している内容それ自体です。質疑応答の時間を必要以上に怖がらず、堂々と発表しましょう。


よくわからない難しい質問が飛んでくると、やっぱり、頭の中、真っ白になりますけどね!

タイトルとURLをコピーしました