図形とテキストを使ってシンプルなスライドを作成しよう

簡単な図形とテキストを使って描いた組織図と手順の例 スライド

図形とテキストをイメージ通りに配置して図式化する!

研究発表をするときに使うスライドはシンプルに作成することをお勧めします。シンプルなスライドを作成するため、図式化できるものはできるだけ図式化しましょう。口頭でアレコレ説明するより直感的でわかりやすくなります。

パワーポイントのSmartArtとか使うと、かっこいい図が描けるよ!

SmartArtを使うと簡単にかっこいい図が描けますね。

SmartArtの詳細については、Microsoftのサイトで確認できますので、興味のある方はそちらをご覧ください。

SmartArtのグラフィックについて

SmartArtは便利ですが、自分のイメージ通りの図を描こうとすると、うまくいかないことも多いです。描画パターンによって、いろいろと制約もあります。

簡単に描画できるけど、簡単だからこそ制約もあるんだね!

SmartArtの達人であれば、SmartArtを使って図を描く方が簡単かもしれません。でも、達人とまで言えない方は、自分のイメージしている形に文字や図形を配置していく方法をお勧めします。自分で作成した図であれば、修正作業も簡単です。

ここでは、簡単な図形を使って図を作成するメリットを、PowerPointのSmartArtと比較しながら説明します。(※ PowerPoint(Microsoft Office for Mac 2011)を使って描画しています。)


描きたい図のイメージ

例えば

病院の総合窓口での受付から診察への流れを示した図(あくまで架空の病院です)

を描いてみましょう。以下のような図です。

パワーポイントで描いた影なしのスライド

図で伝えたいこと

この図で伝えたいことは

・紹介状をもっていない人は相談窓口にいって相談しなければならないこと
・相談の結果、当日、診察を受けられるかもしれないし、受けられないかもしれないこと

です。紹介状をもっていない人にとっては「当日診療してもらえるかもらえないか」という結果が大きく変わってしまいます。

SmartArtで描いた図

SmartArtを使うと、短時間で手順を示す図を描くことができます。

テキスト入りの綺麗な図が簡単に描けるね!

パワーポイントでSmartArtを使って描いた図
SmartArtで描いた手順
パワーポイントで描いた影なしのスライド
描きたかった手順

でも、SmartArtの手順は描きたかった手順とは異なります。

線と四角形と三角形を使って描いた図

シンプルに、線と四角形と三角形だけを使って病院の窓口での手続きを描画してみました。

パワーポイントで描いた影付きのスライド

上記の図、塗りつぶし機能を使って色をつけたり、枠線を消したりなどの作業はしています。でも、使った図形は、線と四角形と三角形だけで、それほど手間はかかっていません。

自分のイメージ通りの図を描きたいときは、簡単な図形とテキストを組み合わせて作成することをお勧めします。その方が、図を書き足すなどのレイアウト変更も簡単です。

また、研究内容に直接関係しないような装飾は消しておくことをお勧めします。

たとえば、図形に影などがついていると、図がボケて見えてしまいます!

パワーポイントで描いた影付きのスライド
影あり
パワーポイントで描いた影なしのスライド
影なし

影を消した方が図全体が鮮明になるね!

スポンサーリンク

おまけ

四角形や丸など、簡単な図形を組み合わせるだけで下図のような絵を描くこともできます。下図のような簡略化された絵であっても「実験参加者がタブレットを使って作業する様子をカメラ2台で撮影した。カメラ-1はテーブルに固定し・・・」などと口頭のみで説明するより、わかりやすいです。

簡単な図形を使って実験の様子を描画した図

まとめ

研究発表のスライドで使う図は、なるべく簡単な図形とテキストを組み合わせて自分のイメージ通りに描画することをお勧めします。

簡単な図形とテキストを使って描いた組織図と手順の例

簡単な図形とテキストを組み合わせて描画すると、あとから修正が必要になったときにも手間がかかりません。


簡単な図形を組み合わせるだけで、思った以上にいろいろな図が描けてしまいます。よろしければ、お試しあれ!

タイトルとURLをコピーしました