研究発表のためのスライド 簡単な図形で描く 

パソコン画面にパワーポイントの文字が書かれたイラスト スライド

研究発表のためのスライド 簡単な図形で描く

大学院に進学すると、自分の研究を発表する機会が多くなります。発表のためのスライド作りに慣れてくると、あれこれ、身につけたスライド作成技術を試したくなります。

 

派手なスライドの方が、目立つよね!

華美な装飾を施したスライドの方が、目立つことは目立つでしょう。でも、研究を発表するためのスライドは、華やかさよりも わかりやすさを重視 した方がいいと思います。

 

以下、わかりやすいスライドとはどんなものか、図の作成を例にして説明していきます。

 

PowerPoint(Microsoft Office for Mac 2011)を使って描画しています。

 


 


描きたい図のイメージ

例えば

病院の総合窓口での受付から診察への流れを示した図(あくまで架空の病院です)

を描いてみましょう。

以下のような図です。

パワーポイントで描いた影なしのスライド

 

図で伝えたいこと

この図で伝えたいことは

・紹介状をもっていない人は相談窓口にいって相談しなければならないこと
・相談の結果、当日、診察を受けられるかもしれないし、受けられないかもしれない

です。

 

病院を訪れた人にとって、当日診察を受けられるか受けられないかは重要な問題です。上記の図は、相談の結果が2つのケースに分かれることを示しています。

 

 

SmartArtで描いた図

PowerPointのSmartArtの機能を使って、診察までの流れを描画するとどうなるかやってみました。SmartArtを使うと、簡単に綺麗な図を描くことができます。

PowerPointに慣れてくると、SmartArt、すごく使いたくなる!

いろいろな図を簡単に描くことができて、便利ですね

 

ただ、SmartArtは、ある程度、描画パターンが決まっています。あまり、融通が利きません。

例えば、SmartArtを使うと、こんな感じの流れ図は、簡単に描くことができます。

 

パワーポイントでSmartArtを使って描いた図

 

かっこいい!

 

でも、この図だと

・紹介状をもっていない人は相談窓口にいって相談しなければならないこと
・相談の結果、当日、診察を受けられるかもしれないし、受けられないかもしれない

という、伝えたい内容が伝わりません。

 

工夫すれば、SmartArtを使ってイメージ通りの図を描画できるかもしれません。でも、せっかくSmartArtを使って簡単に描画しようとしているのに、あれこれ工夫しなければならないのは、本末転倒です。

 

 

線と四角形と三角形を使って描いた図

シンプルに、線と四角形と三角形だけを使って病院の窓口での手続きを描画してみました。

 

パワーポイントで描いた影付きのスライド

 

上記の図、塗りつぶし機能を使って色をつけたり、枠線を消したりなどの作業はしています。でも、使った図形は 線と四角形と三角形 だけです。それほど、手間はかかっていません。

自分のイメージ通りの図を描きたい場合、シンプルな図形を組み合わせて描くことをお勧めします。その方が、伝えたい内容が明確に伝わる図を描画できます。

 

おまけ

上記の図で完成で構わないと思います。

でも、ここで、もう少し、工夫してみましょう。

 

影あり

パワーポイントで描いた影付きのスライド

影なし

パワーポイントで描いた影なしのスライド

 

 

左の図には影があります。影があると、図がボケて見えませんか?

たしかに、なんか、ボケて見える

なぜか、PowerPointで描画すると影がついてしまいます。

ということで、「影」は消すことをお勧めします

影を消して、完成です。

 


 


まとめ

研究を発表するためのスライドは、華やかさよりもわかりやすさを重視しましょう。

たとえば、自分のイメージ通りの図を描きたいときなど、なるべくシンプルな図形を組み合わせて描画することをお勧めします。シンプルな図形を組み合わせて描くことによって、伝えたい内容が明確に伝わります。

また、PowerPointで描画すると、図にいろいろと装飾されてしまうことがあります。発表内容をアピールするためには装飾機能も必要でしょう。でも、わかりやすさを重視する研究発表の場では装飾機能を抑えることも必要です。

伝えたい内容を的確に伝えるためには、余計な装飾を削除することも大切です。

 


 


 

思い切って何かを削除する作業は、加えていく作業より、決断力を問われるかも…

 


 


 

タイトルとURLをコピーしました