簡単な図形を組み合わせて図を描くと修正しやすくなりお勧め!

簡単な図形を使って実験の様子を描画した図を載せたスライド スライド

スライドの図は、簡単な図形を組み合わせて描画しよう

研究発表の機会が増えるにつれ、図入りのスライドを作成する機会が増えます。

研究発表のためのスライド作りで図が必要になったときは、なるべく簡単な図形を組み合わせて作るようにしましょう。

パワーポイントのSmartArtなんか使って、かっこよく作りたいな!

たしかに、SmartArtを使うと、簡単にかっこいい図が描けますね!

でも、研究発表用のスライドで図を使うときは、あとから、図を書き足したり消したりするなど修正を加えることが多いです。なるべく楽に図を修正できるよう、簡単な図形の組み合わせで作成することをお勧めします!

それに、研究発表用の図は、人目を引くための装飾よりも伝えたいことが的確に伝わることの方が大切です。

研究を発表するためのスライドは、華やかさよりもわかりやすさを重視しましょう。

ここでは、簡単な図形を使って図を作成するメリットを、PowerPointのSmartArtの図と比較しながら説明します。(※ 図は、PowerPoint(Microsoft Office for Mac 2011)を使って描画しています。)


描きたい図のイメージ

例えば

病院の総合窓口での受付から診察への流れを示した図(あくまで架空の病院です)

を描いてみましょう。

以下のような図です。

パワーポイントで描いた影なしのスライド

図で伝えたいこと

この図で伝えたいことは

・紹介状をもっていない人は相談窓口にいって相談しなければならないこと
・相談の結果、当日、診察を受けられるかもしれないし、受けられないかもしれないこと

です。

紹介状をもっていない人にとっては、当日診療してもらえるかもらえないか、結果が大きく変わってしまいます。

SmartArtで描いた図

PowerPointのSmartArtの機能を使って、診察までの流れを描画するとどうなるかやってみました。SmartArtを使うと、短時間で綺麗な図を描くことができます。

PowerPointに慣れてくると、SmartArtって使いたくなるよね!

いろいろな図を簡単に描くことができて、とても便利です

例えば、SmartArtを使うと、こんな感じの流れ図を短時間で描くことができます。

パワーポイントでSmartArtを使って描いた図

でも、この図だと

・紹介状をもっていない人は相談窓口にいって相談しなければならないこと
・相談の結果、当日、診察を受けられるかもしれないし、受けられないかもしれないこと

という、伝えたい内容は伝わりません。

SmartArtは、描画パターンに制限がありますから、イメージ通りの図を簡単に描くことには向かないかもしれませんね。もしかしたら、あれこれ工夫すことによって、SmartArtでもイメージ通りの図が描画できるかもしれません。でも、せっかく、SmartArtを使って短時間で描画しようとしているのに、手間をかけるのは本末転倒ともいえます。

線と四角形と三角形を使って描いた図

シンプルに、線と四角形と三角形だけを使って病院の窓口での手続きを描画してみました。

パワーポイントで描いた影付きのスライド

上記の図、塗りつぶし機能を使って色をつけたり、枠線を消したりなどの作業はしています。でも、使った図形は、線と四角形と三角形だけです。それほど、手間はかかっていません。

自分のイメージ通りの図を描きたいときは、簡単な図形を組み合わせて描きましょう。その方が、伝えたい内容が明確に伝わる図が描画できます。

また、図を書き足したり消したりするなどの修正作業も楽です。

研究発表をする機会は多いです。研究発表の場にいるオーディエンスに合わせるため、図を修正した方がいい場合もあります。修正が楽になるよう、簡単な図形の組み合わせで図を作成しておくことをお勧めします

おまけ

上記の図で完成で構わないのですが、ここで、もう少し工夫してみましょう。

上の図で使っている図形には影があります。影があるとボケて見えませんか?

たしかに、なんか、ボケてる!

なぜか、PowerPointで描画すると影がついてしまいますので、影は消すことをお勧めします。

影を消すと、以下のようになります。

パワーポイントで描いた影なしのスライド

ボケてないね!


まとめ

研究発表のスライドで使う図は、なるべく簡単な図形を組み合わせて描画することをお勧めします。

その方が、伝えたい内容を明確に伝えることができます。

また、研究を発表しなければならない機会は多いですから、それぞれの発表の場にいるオーディエンスに伝わりやすいよう、図を修正した方がいい場合もあります。

図を書き足したり消したりするなどの修正作業を楽にするためにも、スライドで使う図は、なるべく簡単な図形の組み合わせで作成しておくことをお勧めします。

簡単な図形を使って実験の様子を描画した図

四角と三角と丸を組み合わせただけでも、実験の様子を説明する簡便な説明図ぐらいは描けますよ!(※ただし、これは、PowerPointではなくKeynoteで描画しています)


SmartArtって使いたくなります!でも、結局、線と四角形と三角形と円で図を描いた方が早かったりするのです…

タイトルとURLをコピーしました