簡単な図形を組み合わせて、発表用スライドに載せる図を作ろう!

簡単な図形とテキストを使って描いた組織図と手順の例 スライド

簡単な図形とテキストの組み合わせで、イメージ通りの図を作る

発表内容が聞き手に伝わりやすくなるよう、図式化できるものはなるべく図式化してスライドに載せましょう。図を使うと、シンプルで見やすいスライドになります。

パワーポイントのSmartArtを使うと、かっこいい図が描けるよ!

たしかに、SmartArtを使うと、かっこいい図が簡単に描けますね!

でも、自分のイメージ通りの図を描こうとすると、SmartArtではうまく描けない場合があります。もしも、SmartArtの達人を目指すのであれば挑戦する価値はあります。でも、そうでないならば、簡単な図形とテキストを組み合わせて描画する方法をお勧めします。

たとえば、簡単な図形やテキストを配置するだけで、下記のような図が描けます。

簡単な図形とテキストを使って描いた組織図と手順の例

SmartArtに興味のある方は、Microsoftのサイトで確認できますのでそちらをご覧ください。

SmartArtのグラフィックについて

以下、PowerPointのSmartArtと簡単な図形を組み合わせて描画する方法について、例をあげながら説明しています。(※ PowerPoint(Microsoft Office for Mac 2011)を使用)

スポンサーリンク

描きたい図のイメージ

ここでは、受付から診察までの流れを示す、下記のような簡単な図を描きたいと仮定します。

パワーポイントで描いた影なしのスライド

図で伝えたいこと

この図で伝えたいことは

・紹介状をもっていない人は相談窓口にいって相談しなければならないこと
・相談の結果、当日、診察を受けられるかもしれないし、受けられないかもしれないこと

です。紹介状をもっていない人にとっては「当日診療してもらえるかもらえないか」という結果が大きく変わってしまいます。

SmartArtで描こうとすると

SmartArtで、とりあえず流れ図を描いてみましょう。

SmartArtを使うと、テキスト入りの綺麗な図が簡単に描けるね!

パワーポイントでSmartArtを使って描いた図
SmartArtで描いた手順
パワーポイントで描いた影なしのスライド
描きたかった手順

SmartArtを使うとかっこいい図を描くことができます。でも、本来、描きたかった手順とは異なります。

こういうときは、スパッとあきらめて、簡単な図形を使って描いてしまいましょう!

線と四角形と三角形を使って描いた図

下記の図は、線と四角形と三角形だけを使って受付から診察までの手順を示し、そこにテキストを書き込んでいるだけです。

パワーポイントで描いた影付きのスライド

上記の図、塗りつぶし機能を使って色をつけたり、枠線を消したりなどの作業はしています。でも、使った図形は、線と四角形と三角形だけで、それほど手間はかかっていません。

自分のイメージ通りの図を描きたいときは、簡単な図形とテキストを組み合わせて作成することをお勧めします。その方が、図を書き足すなどのレイアウト変更も簡単です。

また、研究内容に直接関係しないような装飾は消しておくことをお勧めします。

たとえば、図形に影などがついていると、図がボケて見えてしまいます!

パワーポイントで描いた影付きのスライド
影あり
パワーポイントで描いた影なしのスライド
影なし

影を消した方が図全体が鮮明になるね!

スポンサーリンク

おまけ

四角形や丸など、簡単な図形を組み合わせるだけで下図のような絵を描くこともできます。

簡単な図形を使って実験の様子を描画した図

簡略化した絵でも「実験参加者がタブレットを使って作業する様子をカメラ2台で撮影した。カメラ-1はテーブルに固定し・・・」などと口頭のみで説明するより、わかりやすくなります。

まとめ

研究発表をするときは、図式化できるものをなるべく図式化してスライドに載せましょう。発表内容が聞き手に伝わりやすくなります。

簡単な図形とテキストを組み合わせて、自分のイメージ通りの図を描いているうちに、いろいろなパターンの図を描くことができるようになります。

イメージ通りの図を使ってシンプルで見やすいスライドを作成し、聞き手に伝わりやすい発表をしましょう。


簡単な図形とテキストを組み合わせて描画しておくと、レイアウトの変更などの修正も楽ですよ!

タイトルとURLをコピーしました