卒論や修論を発表するとき スライドの枚数・フォント・図

12ポイントから44ポイントのフォントを使った例を実際に表現したスライドの図 スライド

伝わりやすいスライドを作成しよう!

卒論発表や修論発表などで自分の研究を発表するときには、発表用のスライドを用意する必要があります。

スライドの作成って、大変そう…

発表用のスライドを作成するときの基本事項は、所属しているゼミ(研究室)の指導教員や先輩など、まずは、周りにいる人に確認することをお勧めします。卒論や修論を発表するときのスライドサンプルが用意されているかもしれません。もしも、見本となるようなサンプルが用意されていたら、それをもとに、自分の発表スライドを作成すると楽です。

ここでは、卒論や修論を発表するときに使うスライドの 見栄えをよくするためのちょっとしたコツ を紹介します。大切なことは

「研究の中身をわかりやすく伝えるスライド」を作成することです。

そのために、意識的にスライド上に空白部分を残しましょう!

スライドに空白部分が残っていると、何か書き込みたくなるよ!

書き込みたくなりますが、ここは我慢しましょう! 空白部分を文字や画像で埋め尽くしてしまうと、一番伝えたいことが伝わりにくくなってしまいます。

一番伝えたいことを伝えるために、スライド上に空白部分を残しておきましょう。その方が、読んでもらいたい文字を読んでもらうことができますし、見てもらいたい画像を見てもらうことができます。

スポンサーリンク

スライドの枚数

スライドの枚数は、発表時間を目安にします。タイトルスライドなどは別にして、発表時間が10分ならば10枚、15分ならば15枚程度を目安にして、発表用スライドを作成しましょう。

実際にスライド作りに取り掛かると、スライドの枚数が増えてしまいがちです。伝えたい内容を厳選して、目安とするスライドの1.2倍くらいまでの枚数に押さえるようにします。10枚を目安にしているのであれば12枚くらい、15枚を目安にしているのであれば18枚くらいまでです。

発表のとき、スライドの枚数が多過ぎると、最後の方は「ただスライドをめくるだけ!」となってしまいます。そうなってしまうと、伝えたかった内容を伝えきることができません。


フォントの大きさ

スライドに文字を書くときは、フォントの大きさに注意しましょう。フォントの大きさは、発表会場にいる人が読むことができる大きさにします。

スライド上で、12ポイントから44ポイントのフォントを使うと以下のようなイメージになります。

12ポイントから44ポイントのフォントを使った例を実際に表現したスライドの図

発表会場で読める大きさは、ギリギリ24ポイントぐらいまででしょうか?

読んでもらうことが目的で文字を書いているのですから、読める大きさで書かないと意味がないですよね!

12ポイントくらいの大きさの文字でも、パソコン画面でスライドを見ているときは読めてしまいます。そのため、つい、小さなポイントを使ってしまいがちです。でも、発表会場でスライドを見ている人には、12ポイントくらいの大きさの文字は小さすぎて読めません。

また、小さなポイントを使って文字を書くと、長々とした文章を書いてしまいがちです。発表用のスライドを作成するときは、長々とした文章ではなく、一番伝えたいことが伝わるキーワードを厳選します。そして、そのキーワードを大きなポイントで書くようにしましょう。

大きなポイントを使うとスライドに空白部分が増え、キーワードが伝わりやすいスライドになりますよ!

スライドを作成するときは、意識して大きなポイントを使うようにしましょう!


図を活用する

言いたいことは、なるべく図で表しましょう。

文字ではなく図で説明

たとえば、研究の背景について説明したいのであれば

研究の背景を図で表現したスライドと文字で表現したスライドを並べて描いた図

左のように、なるべく図で表現します。右のように文字だけで表現すると、文字を読むことに集中してしまいます。作図できるものは、なるべく作図して、伝えたい内容が直感的に伝わるよう工夫しましょう。

たしかに、図で表現してある方が直感的でわかりやすいね!

スライド上に、伝えたい内容を図で表示しながら、それに関する細かな説明を発話で補う発表スタイルをお勧めします。

図を使うと、スライドの空白部分が自然に多くなり、伝えたいことが伝わりやすいスライドになりますね!

スライドでは積極的に図を使い、細かな説明は発話で補いましょう!

配置を工夫

作図するときに文字や図の配置を工夫すると、さらに、伝えたいことが伝わりやすくなります。

図や文字の配置を工夫したスライドと工夫していないスライドを並べて表示した図

たとえば、左図の方が右図よりも、何と何を比較しているかわかりやすいのではないでしょうか?

伝えたいことが伝わりやすくなるよう、文字や図の配置を工夫しましょう!


スポンサーリンク

おまけ

本記事に載せた図は、以下のようなフォントやポイント、線の太さを使ったスライドで使用したものです。よろしければ参考にしてみてください。

スライドに描かれた図のフォントの大きさと線の太さを説明した図

まとめ

卒論発表や修論発表などで自分の研究を発表するときには、発表用のスライドを用意しなければなりません。スライドを作成するときは、自分の伝えたいことが伝わりやすくなるよう工夫しましょう。

 たとえば

・大きなポイントを使って文字を書く
・スライド上に図を表示して、細かな説明は発話で補う
・作図するときは、文字や図の配置を工夫する

などです。

このような工夫をすることによって、スライド上に空白部分が残ります。空白部分が残っていると、読んでもらいたい文字を読んでもらうことができますし、見てもらいたい画像を見てもらうことができます。伝えたいことが伝わりやすいスライドになりますよ。


スライドの何も書かれていない部分、つまり、空白部分って無駄な部分のように感じますが、実は無駄ではないんです!

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

タイトルとURLをコピーしました