早稲田大学人間科学部eスクール 卒業研究

早稲田大学 学生証 eスクール

卒業研究へのアドバイス(早稲田大学人間科学部eスクール)

早稲田大学人間科学部eスクール(通信教育課程)は、インターネットを利用して講義を受講し、単位を取得していく学びの場です。さらに、卒業するためには研究活動もしなければなりません。

自分の研究テーマをみつけ、それを自分で研究するんです!

研究? ひとりで?

卒業研究は、講義を受講する という受け身の姿勢ではできません。
卒業研究は、自分の研究テーマを自分で決め、そして、自分で決めたテーマを研究していくための方法もあれこれ自分で決めていきます。そして、最終的になんらかの結論を自分で出します。

卒業研究は、パソコンの前に座って講義を受講しているだけじゃダメなんだ

卒業研究には、積極的な学びの姿勢が必要です

さらに、自分がやった卒業研究の内容は、卒業研究発表会で発表しなければなりません。

みんなの前で発表するの?

そう、発表するのです!

しかも、その発表の場で口頭試問が行われます。

口頭試問? なんか不安になってきた…

いきなり、卒業研究だの口頭試問だの聞かされたら不安になりますよね!
でも、卒業研究や口頭試問をクリアできるよう、専門ゼミや卒業研究などのカリキュラムが組まれています

私の経験をもとに、以下で説明します。



自分の研究テーマを自分で決める!

卒業研究は、専門のゼミ(研究室)に所属して行います。
そして、卒業研究の方法等は所属したゼミ(研究室)で学ぶことになります。

所属するゼミ(研究室)は、どうやって決めるの?

ふつう、自分の研究テーマに合ったゼミ(研究室)を選び、希望を出します

 

そのためには、まず、自分が研究したいテーマを決めなければなりません。社会人学生の場合、eスクールに進学すると決めたときから何かしらの研究テーマを持っている方は多いです。すでに、自分の研究テーマを持っている方は、この 研究テーマに合うゼミ(研究室) を選べばいいですね。

でも、自分の研究テーマについて何も考えてなかったという方にとっては、この研究テーマを決める問題 かなり難しい問題となります。

 

適当に研究テーマを決めることもできるといえばできますが、研究のモチベーションを維持するのが大変かと…

自分の研究テーマを決めないと、学びたい専門分野や所属ゼミが選択できないし、研究のモチベーションも続かないってことか…

 

自分の研究テーマを自分で決める!まずは、これが重要です。


希望するゼミ(研究室)に必ず入れるとは限らない

無事に研究テーマが決まり所属したい専門ゼミ(研究室)や取り組みたい卒業研究が決まれば一安心ですね。ただし、必ずしも希望するゼミ(研究室)に入れるとは限らないことに注意しましょう。専門ゼミや卒業研究の指導は手がかかるので、各ゼミ(研究室)では定員を設けています。

定員? それじゃ、試験があるの?

試験というほど厳しいものではありませんが、希望者が定員オーバーすると、選考に通るために「こんな研究がしたいです!」ってアピールする必要があります。

 

どうしても、希望者が殺到するゼミ(研究室)と、そうでもないゼミ(研究室)というものが存在してしまいます。希望者が多く定員オーバーしてしまう研究室もありますので、しっかり確認することをお勧めします。

 


教育コーチの存在

無事に、専門分野を学ぶためのゼミが決まり、卒業研究に取り組む環境が整ったとしても、研究を進めていく上でわからないことは次々に出てきます。教員の指導も、もちろんありますが、eスクールの指導で大きな比重を占める存在は 教育コーチ です。卒業研究の場でも教育コーチの存在は重要です。

一般の講義だけでなく、卒業研究でも教育コーチがついてくれるんだ。それは、心強いね!

 

卒業研究の場でアレコレ悩んだ時、最初に相談する相手は教育コーチです。社会人であるeスクール生から見ると教育コーチが年下で頼りなく感じることもあるかもしれませんが、研究の場では先輩です。研究活動に行き詰まったときは素直に相談しましょう。

 

若い大学院生の方だから、逆に相談しやすいということもあります!実際、私は、教育コーチにたくさん助けてもらいました



まとめ

eスクール を卒業するためには、卒業研究をしなければなりません。
以下のことを確認しておきましょう。

・自分の研究テーマを自分で決めておく
・希望するゼミ(研究室)に必ず入れるとは限らないことに注意する
・教育コーチと相談しながら研究を進める

そうすれば、卒業研究発表会の口頭試問も無事に乗り越えることができます。

早稲田大学人間科学部eスクールカリキュラム にも、カリキュラムについての説明が載っていますので、きちんと目を通しておくことをお勧めします。

 

 

 

私は、今でも当時の教育コーチと仲良くさせていただいてます!

 


 


タイトルとURLをコピーしました