修士論文などの執筆 本論(ボディ )

論文の構成 本論で根拠を示している図 修士論文・博士論文

修士論文などの執筆 本論(ボディ )

卒業論文や修士論文、博士論文などの論文形式の文章は、基本的に序論・本論・結論で文章全体を構成します。量的にたくさん記述しなければならない部分は 本論(ボディ)部分 だと思います。

私が何度も書き直した部分は序論部分ですが…

修士論文などの執筆 序論(イントロダクション)
修士論文や博士論文などの論文は、 基本的に序論・本論・結論で文章全体を構成します。量的にたくさん記述しなければならない部分は本論部分の場合が多いと思いますが、質的にしっかりと記述しなければならない部分は序論(イントロダクション)部分です。

 

私の場合は、実験系の研究をしていましたから、以下のような構成で論文を書きました。

量的にたくさん記述した部分は本論(ボディ)部分です。


 

序論部分

研究の背景
研究の目的
論文の構成

本論部分

研究1の目的
実施した実験の説明・分析・考察・結果など
研究2の目的
実施した実験の説明・分析・考察・結果など



各研究内容の総括

結論部分

研究全体の総括
今後の展望

 

目次を序論部分の前につけて、参考文献や付録などは結論部分の後に書きました。

 


 

ここでは、論文の中で多くのボリュームを占めた本論部分について、私の経験をもとに説明します。

 


 

本論(ボディ)

序論(イントロダクション)部分で

・論文のテーマ
・テーマの重要性
・論文の目的

を記述しました。

本論(ボディ)部分では、序論(イントロダクション)で明確にした論じる目的を達成するため、具体的な根拠を積み上げていきます。

相手が納得する具体的な根拠を本論部分で積み重ねていくことによって、論じる目的を達成するのです。

「ほら!私の言うとおりでしょ!」って、相手を納得させるわけか

「有無は言わせないぞ!」って勢いでいいかも…

 

 

1.  適切に根拠を示す

とにかく、本論(ボディ)部分では、論じる目的を達成することに集中しましょう。つい、論じる目的から外れた内容を記述したくなります。

 

頑張って研究してきたから、やったこと全部書きたい!

それは…書きたくなっても仕方がないよ

 

脈絡なく全部書いてしまうと、根拠のパワーが弱まってしまう可能性があります。論じる目的に関わることであれば失敗例なども記述して構いません。でも、まったく関わりのないことは書かない方がいいと思います。

ここは、ぐっと堪えて、序論(イントロダクション)で明確にした論じる目的から逸脱しない内容を記述することをお勧めします。

大事なことは

序論(イントロダクション)で明確にした論じる目的を達成するべく、本論(ボディ)で適切に根拠を積み上げていく

ことです。

 

論文の構成 本論で根拠を示している図

 

 

多くの適切な根拠を積み上げていくと説得力が増します。

確かに、適切な根拠がたくさん示されると納得する気がする

有無を言わせぬパワー、大事です!

 

2.  具体的に書く

また、本論部分は、なるべく具体的に記述するよう心がけましょう。

根拠として記述する、調査結果や実験結果、参考にした文献やモデルなどは、なるべく具体的に記述することをお勧めします。

どんな調査や実験をしたのか、参考にした文献やモデルなどはどのようなものか

これらを、丁寧に説明します。

そして、それらの結果を

参考にした文献やモデルと関連させながら分析・考察をします

その際、できるだけ具体的にわかりやすく記述することを意識しましょう。

 

論文って、難しい文章のイメージだけど…

確かに、書いてある内容は難しいかもしれませんが、書き方はわかりやすい方がいいですよね!

 

論文は、抽象的概念で記述された文章のイメージかもしれません。でも、調査結果や実験結果、分析や考察などは、具体的にわかりやすく書いた方がいいと思います。その方が説得力が増すのではないでしょうか。

また

図表なども積極的に取り入れましょう

具体的に数字が書かれた表や概念をまとめた図などは、相手を納得させる根拠として有効です。

 

大事なことは

序論(イントロダクション)で明確にした論じる目的を達成するべく、本論(ボディ)で具体的な根拠を積み上げていく

ことです。

 


 

【書籍の紹介】
論文の書き方について書かれている本は、たくさん出版されています。大学の図書館や本屋さんに多くの書籍が並んでいますので、その中から読みやすいと感じる本を選んで参考にするといいと思います。
とはいえ…
「本をゆっくり読む時間はもうないから、なるべく具体例をあげてやさしく説明している本がいい!」
という方には、以下の本が読みやすいかもしれません。
現役の大学准教授が学部生向けに執筆しているので読むやすいです。
酒井聡樹(2017)『これからレポート・卒論を書く若者のために 第2版』共立出版
https://www.kyoritsu-pub.co.jp/bookdetail/9784320005983

タイトルに卒論って書いてあるよ?

何事も、悩んだときには基本に戻る!

 


 


まとめ

卒業論文や修士論文などの論文は、 序論・本論・結論 で文章全体を構成します。

質的にしっかり執筆しなければならない部分は 序論(イントロダクション)ですが、量的にたくさん執筆しなければならない部分は本論(ボディ)です。

本論(ボディ)部分では、序論部分で明確にした論じる目的を達成するため、具体的な根拠を積み上げていきます。

本論(ボディ)部分では

・適切に根拠を示す
・具体的に書く

ことをお勧めします。

 

 


 

 

本論部分まで記述できれば、あとは結論部分を書くだけです。(多分) 楽勝 (のはず) !

 

 


 


 

 

タイトルとURLをコピーしました