修士論文の執筆 本論(ボディ )で思う存分根拠を示そう!

論文の構成 本論で根拠を積み上げている図 修士論文・博士論文

修士論文の執筆 本論(ボディ )

卒業論文や修士論文、博士論文などの論文形式の文章は、基本的に序論・本論・結論で文章全体を構成します。
量的にたくさん記述しなければならない部分は 本論(ボディ)でしょう。

序論部分については、よろしければ、以下を参考にしてください。

修士論文の執筆 序論(イントロダクション)の沼から抜け出そう!
修士論文や博士論文などの論文を書くときは、 卒業論文と同様、序論・本論・結論で文章全体を構成します。この中で、特に頭を悩ませ、試行錯誤して執筆するのが序論(イントロダクション)部分です。序論では、論じるテーマは何か!論じるテーマがいかに重要なものか!などを記述します。ここを曖昧にしたまま、論文を書き始めないようにしましょう。

 


 

私の場合は、実験系の研究をしていましたから、以下のような構成で論文を書きました。

 


 

目次

序論部分

研究の背景
研究の目的
論文の構成

本論部分

研究1の目的
実施した実験の説明・分析・考察・結果など
研究2の目的
実施した実験の説明・分析・考察・結果など



各研究内容の総括

結論部分

研究全体の総括
今後の展望

参考文献
付録


 

 

研究分野によって書き方は多少異なるかもしれませんが、論文の中で多くのボリュームを占める部分は本論部分だと思います。

以下は、 本論(ボディ)の書き方についてです。

 


 


 

本論(ボディ)

まず、序論(イントロダクション)部分で

・論文のテーマ
・テーマの重要性
・論文の目的

などを記述します。

 

本論(ボディ)部分では、序論(イントロダクション)で記述した論じる目的を達成していきます。

本論部分では、論じる目的を達成するために、自分が行った研究内容を思う存分書いていきましょう!

 

本論(ボディ)部分では、とにかく、自分が行った研究内容について記述していきます。

本論部分で多くの根拠を積み重ねることによって、自分の主張を読み手に納得させます。
読み手を納得させることができたら、序論部分で記述した論じる目的が達成されたことになります。

 

相手を納得させる根拠を、本論部分に書くわけか!

「有無は言わせないぞ」って勢いで、ガンガン書きましょう!

 

ただし

1. 適切に根拠を示す
2. なるべく具体的に書く

ようにしましょう。

 


1.  適切に根拠を示す

まず、本論(ボディ)部分では
論じる目的を達成することに集中しましょう。
つい、論じる目的から外れた内容を記述したくなります。注意しましょう。

 

本論部分では、研究してきた内容を記述します。
そのため、取り組んできた内容を、全部書きたくなります。

それは…全部書きたくなるよね!頑張って研究したんだから…

 

でも、脈絡なく全部書いてしまうと、論じる目的から外れた内容についても書いてしまいます。
そうすると、読み手を納得させる根拠パワーが弱まってしまうかもしれません。

論じる目的に関わることであれば失敗例などは記述してかまいません。
でも、論じる目的とまったく関わりのないことを書いてしまうと、積み上げている根拠の邪魔になりかねません。

本論(ボディ)で記述する内容は、序論(イントロダクション)で明確にした論じる目的から逸脱しないことをお勧めします。

 

大事なことは

序論(イントロダクション)で明確にした論じる目的を達成するべく、本論(ボディ)で適切に根拠を積み上げていく

ことです。

 

論文の構成 本論で根拠を示している図

 

 

多くの適切な根拠を積み上げていくと説得力が増します。

確かに、適切な根拠がたくさん示されると納得する気がする

有無を言わせぬ根拠パワーを、本論部分で積み上げよう!

 


2.  なるべく具体的に書く

また、本論部分は

なるべく具体的に記述する

よう心がけましょう。

根拠として記述する、調査結果や実験結果、参考にした文献やモデルなどは、なるべく具体的に記述します。

たとえば

どんな調査や実験をしたのか、参考にした文献やモデルなどはどのようなものか

を、丁寧に説明します。

 

そして、それらの結果を

参考にした文献やモデルと関連させながら分析・考察

をします。

その際、できるだけ具体的にわかりやすく記述することが大切です。

わかりやすく? 論文って難しい文章で書かれているイメージだけど?

書いてある内容は難しいかもしれません。
でも、論文だって、わかりやすく書いてある方が読み手に親切です!

 

論文のイメージは、抽象的概念で記述された難解な文章かもしれません。
でも、調査結果や実験結果、分析や考察などは、具体的にわかりやすく書くことができるはずです。難解な文章より、わかりやすい文章の方が説得力は増すのではないでしょうか。

 

また

図表なども積極的に取り入れましょう

具体的に数字が書かれた表や概念をまとめた図などは、相手を納得させる根拠として有効です。

 

大事なことは

序論(イントロダクション)で明確にした論じる目的を達成するべく、本論(ボディ)で具体的な根拠を積み上げていく

ことです。

 


 

【書籍の紹介】
論文の書き方について書かれている本は、たくさん出版されています。大学の図書館や本屋さんに多くの書籍が並んでいますので、その中から読みやすいと感じる本を選んで参考にするといいと思います。
とはいえ…
「本をゆっくり読む時間はもうないから、なるべく具体例をあげてやさしく説明している本がいい!」
という方には、以下の本が読みやすいかもしれません。
現役の大学准教授が学部生向けに執筆しているので、読みやすいと思います。
酒井聡樹(2017)『これからレポート・卒論を書く若者のために 第2版』共立出版
https://www.kyoritsu-pub.co.jp/bookdetail/9784320005983

 


まとめ

卒業論文や修士論文、博士論文などの論文形式の文章は、基本的に序論・本論・結論で文章全体を構成します。その中でも、量的にたくさん記述しなければならない部分は 本論(ボディ)でしょう。

 

本論(ボディ)部分では

序論部分で明確にした論じる目的を達成するために、具体的な根拠を積み上げます。

 

そのために

・適切に根拠を示す
・なるべく具体的に書く

ことをお勧めします。

 


 


 

 

本論部分まで記述できれば、あとは結論部分を書くだけです。
あとは(多分) 楽勝 (のはず) !

 

 


 


 

 

タイトルとURLをコピーしました