パラグラフ・ライティングで論理的な文章を書こう!

パラグラフライティングの基本的な形を示した図 パラグラフライティング

パラグラフ・ライティングの書き方を身につけるには

パラグラフ・ライティングというライティング技術は、論理的な文章を書くことに向いているライティング技術です。

パラグラフ・ライティングで書く論理的な文章には、読んでいる人を納得させる力があります。そのため、パラグラフ・ライティングというライティング技術は、論文を執筆するときに使います。でも、読んでいる人を納得させる力がある論理的な文章は、ビジネスの場面でも役立つはずです。

パラグラフ・ライティングは、論文執筆の場面だけではなくビジネスの場面でも役立ちますから、早いうちに身につけておきましょう!

以下、パラグラフ・ライティングについて説明していきます。


パラグラフ・ライティングって何?

パラグラフ・ライティングの基本形は、その名の通り「パラグラフ」です。

パラグラフという文の集合を一つの単位として、文全体を構成します。パラグラフ・ライティングでは、パラグラフという文の固まりを重視します。その文の固まりを一つの単位として文全体を構成します。「ひとつひとつの文をつなげて文章全体を作り上げるライティング方法ではない!」ことに注意しましょう。

 

段落とは異なるパラグラフ

パラグラフとは「1つのトピックについて記述した文の集合」のことです。

そのため

・パラグラフの中では、1つのトピックに関することのみ記述する
・トピックを変えるときにはパラグラフを変える
・トピックが変わらないのであればパラグラフは変えない

ことになります。

パラグラフとは「1つのトピックについて記述した文の集合」ですから、単なる段落とは異なることに注意しましょう。

例えば?

パラグラフは、単なる段落と異なりパラグラフ内で記述するトピックの扱いが厳密です。

たとえば、下図で示すように、パラグラフ①ではトピックAについて、パラグラフ②ではトピックBについて、パラグラフ③ではトピックCについて記述します。

パラグラフ・ライティングされているときの図

上図のように、トピックをまとめながら段落分けをするケースは多いです。でも、トピックが、段落分けの厳密な決まりになっているとまでは言えません。

しかし、パラグラフの場合は、トピックの扱いは厳密となります。

段落であれば許されるであろう「同じトピックについて長く書いてしまったから、このあたりで段落を変えよう!」とか「違うトピックになるけれど、今、いい考えが閃いたから段落を変えずにこのまま書き進めよう!」などは、パラグラフ・ライティングでは許されないのです。もしも、同じトピックについて長く書くことになってしまったら、トピック自体を見直します。長く書くことになってしまった原因が、トピックの決め方に起因する可能性があるからです。また、いい考えが閃いたのであれば、新しいトピックとしてふさわしいかどうかをまず吟味します。そして、新しいトピックとしてふさわしいと判断することができたら、新しいパラグラフを作ります。

パラグラフは「1つのトピックについて記述した文の集合」です。「長いか短いか!」「いい考えが閃いた!」などの理由で、パラグラフを分けたり繋げたりすることはできません。

パラグラフ・ライティングされていないときの図

 

パラグラフとは「1つのトピックについて記述した文の集合」です。上図のパラグラフ①やパラグラフ②のように、トピックが混在するパラグラフを書かないようにしましょう。

パラグラフの基本形

パラグラフ・ライティングでは、パラグラフという文の集合を一つの単位として文全体を構成します。そのため、パラグラフの基本形は以下のようになります。

パラグラフライティングの基本的な形を示した図

たとえば、言いたいことが3つある場合は、パラグラフ①、②、③と3つのパラグラフを作ります。そして、それぞれのパラグラフの中に、1つのトピック・センテンスとそのトピック・センテンスを支持する複数のサポート・センテンスを書きます。そして最後にパラグラフの内容をまとめるコンクルーディング・センテンスを書きます。

このように、パラグラフという固まりを一つの単位として文全体を構成していくライティング方法がパラグラフ・ライティングです。そのため、パラグラフの基本形が文全体で繰り返されることになります。


パラグラフの決まり

外見上は単なる段落のように見えますが、パラグラフ・ライティングには書き方の決まりがあります。1つのパラグラフを使って書き方の決まりを示した図

もっとも重要な決まりは、トピック・センテンスを記述することです。

トピック・センテンス

トピック・センテンスとは、パラグラフの最初にそのパラグラフで言いたい内容を簡潔にまとめた1文です。

まず、トピック・センテンスはパラグラフの最初に書くことが重要です。

パラグラフの最初にトピック・センテンスを書きます。パラグラフを書き終えたあと、最後の部分でパラグラフの記述内容をまとめる方が簡単です。でも、パラグラフ・ライティングでは、最初にパラグラフで記述する内容を説明します。なぜなら「これから何が書かれるのか!」という情報を最初に読み手に伝えた方が、読み手にとって、わかりやすいからです。

また、トピック・センテンスは、そのパラグラフで言いたい内容を簡潔にまとめた1文となります。

パラグラフとは「1つのトピックについて記述した文の集合」です。そのため、パラグラフで記述した内容は1つの文に簡潔にまとめることができるはずです。もしも、1つの文で簡潔にまとめることができなかったら、そのパラグラフでは複数のトピックが記述されている可能性が高いです。

パラグラフ・ライティングでは、トピック・センテンスの扱いは重要です。意識して、パラグラフの最初にそのパラグラフで言いたい内容を簡潔にまとめるようにしましょう。

サポート・センテンス

トピック・センテンスを記述したら、続けて、トピック・センテンスの記述内容を読み手に納得させるサポート・センテンスを書いていきます。サポート・センテンスを複数書くことによって、トピック・センテンスで記述した内容を読み手に納得させます。

たとえば、トピック・センテンスの記述内容をサポート・センテンスでわかりやすく言い換えたり根拠となる具体例をあげたりします。トピック・センテンスの記述内容をサポートして、読み手を納得させるわけです。納得させるためには、サポート・センテンスを少なくとも3文以上書きましょう。もしも、トピック・センテンスをサポートする文が3つも浮かばないようであれば、トピック自体に問題があるかもしれません。そのようなときは、トピック自体を再考しましょう。

サポート・センテンスは、トピック・センテンスの記述内容を読み手に納得させるために書く文です。サポート・センテンスは、詳細かつ具体的であればあるほど、説得力が増します。

コンクルーディング・センテンス

パラグラフの最後に、コンクルーディング・センテンスを書きます。

コンクルーディング・センテンスは、パラグラフで記述した内容をまとめた文です。パラグラフ・ライティングの決まりがしっかり守られていれば、コンクルーディング・センテンスで記述する内容は、トピック・センテンスで記述した内容とほぼ同じになるはずです。

もしも、コンクルーディング・センテンスとトピック・センテンスの記述内容がずれてしまっていたら、「パラグラフ内で複数のトピックが記述されている!」など、パラグラフ・ライティングの決まりが守られていない可能性があります。

また、コンクルーディング・センテンスで記述する内容は、トピック・センテンスで記述した内容とほぼ同じになるため、サポート・センテンスの数が少ないと同じことを続けて書いただけの陳腐なパラグラフができあがります。

コンクルーディング・センテンスは、パラグラフ・ライティングができているかどうかチェックする機能を果たすことができます。そのため、パラグラフの最後に記述することをお勧めします。

 


まとめ

パラグラフ・ライティングというライティング技術は、論理的な文章を書くことに向いています。

論理的な文章は、読んでいる人を納得させる力があります。そのため、パラグラフ・ライティングというライティング技術を身につけておくと、論文執筆などの場面だけではなくビジネスの場面でも役立ちます。

パラグラフ・ライティングの基本形は、その名の通り「パラグラフ」です。パラグラフは「1つのトピックについて記述した文の集合」です。パラグラフは単なる段落とは異なり、パラグラフ内で記述するトピックの扱いが厳密なことに注意しましょう。

また、パラグラフ・ライティングをする上でもっとも重視されるものは、トピック・センテンスです。トピック・センテンスは、パラグラフの最初にそのパラグラフで言いたい内容を簡潔にまとめた1文になることを忘れないようにしましょう。

パラグラフ・ライティングというライティング技術は、論理的な文章を書くことに向いています。論理的な文章は、読んでいる人を納得させる力がありますから、論文執筆の場面だけではなくビジネスの場面でも役立ちます。そのため、社会人の方々もパラグラフ・ライティングというライティング技術を身につけておくことをお勧めします。


 

社会人生活を送りながら大学院で学ぶことは大変だったけど、論文を書くためにパラグラフ・ライティングを身につけたことはラッキー!でした

タイトルとURLをコピーしました