意図を伝える棒グラフ 見栄えをよくする方法

パワーポイントで形を整えた棒グラフ情報 表・グラフ

論文の主張が伝わりやすいグラフとは?

研究論文やその論文の発表の場では、積極的にグラフを活用していきましょう。文字を連ねて長々説明するよりも、グラフなどの図を使って説明する方が、一目瞭然で伝わりやすいです。

グラフといえば、エクセルだね!

Excelといえば、表計算ソフトです!

たしかに、Excelを使うとグラフが簡単に描けます。でも、Excelで描いたグラフを、研究論文や研究発表の場で、そのまま使用するのは避けた方がいいかもしれません。

 

いろいろなグラフを簡単に描けるのに?

研究論文や研究発表の場で利用するグラフは、あくまで、自分が論じたいことを伝えやすくするために描くものです。Excelで描いたグラフをそのまま使うのではなく、少し工夫することをお勧めします。

 

めんどくさくない?

うまく工夫して描画できたら、研究発表のとき「ご覧のように…」のひとことでスライドをめくれるかも…

 

研究論文や研究発表の場で利用するグラフは、自分が論じたいことが伝わりやすくなるよう、少し工夫しましょう。

以下、ExcelとPowerPointを適宜使い分けてグラフを描いています。


 


ExcelとPowerPoint

Excelは表計算ソフトです。そして、PowerPointは、プレゼンテーション用ソフトです。

知ってる!

そうですね!

 

どちらも、機能が拡張されていろいろなことができるようになっています。でも、あくまで、Excelは表計算ソフトでPowerPointはプレゼンテーション用ソフトです。

大量のデータを計算のために扱っているあいだは、Excelをお勧めします。また、Excelは、大量のデータを扱って計算することが得意ですから、グラフの作成にも向いています。

でも、研究論文や研究発表の資料として見た目を整えるときには、PowerPointを使うことをお勧めします。

 


 

PowerPointは、プレゼンテーションをするために作られたソフトです。プレゼンテーションとは、自分の考えを他者が理解しやすいように提示したり説明したりすることですから、グラフの見た目を整えるときには、こちらを利用します。

Excelを使う人は、たいてい、PowerPointも使いますから、それぞれのソフトをうまく利用していきましょう。

 


棒グラフを描いてみよう

ここでは、以下のような点数表を用いて棒グラフを描いてみます

点数 Aさん Bさん Cさん Dさん Eさん Fさん
線形代数 66 35 82 51 38 59
微分積分 70 37 90 53 46 69
統計学 69 41 85 53 52 58
データベース入門 59 47 68 54 69 69
情報リテラシー 70 55 68 52 70 90

 

Excelで作業

上記のデータは、グラフが描画しやすくなるようExcelで整えたものです。
このデータを使って棒グラフを描きました。

エクセルで描いた棒グラフ

Excel(Microsoft Office for Mac 2011)を使って描画

 

簡単に描けた!

はい!多色使いで、とてもきれいです

でも、上記のグラフ、どこに着目してこのグラフを見るべきなのか、よくわかりません。

Excel上でグラフを整えていくこともできますが、私は、このグラフをPowerPointにコピーして見栄えを整えていきます。

 

 

PowerPointで作業

ここでは

自分が論じたいことが伝わりやすいグラフを描く!

これを目的にして、グラフの見栄えを整えていきましょう。

まず

① 自分の研究で言いたいことは Cさんの得点に関すること

であると仮定しましょう。

そうすると、以下のようにグラフの見た目を整えます。

 

パワーポイントで形を整えた棒グラフC

 

実際に行った作業

グラフの書式選択を利用して棒グラフの塗りつぶす色を変えたり凡例の表示位置を変えたりしています。また、グラフレイアウトで棒グラフの上に得点を表示し、Cさんの線形代数や微分積分、統計学の得点の高さを際立たせています。

 

グラフを見ると、Cさんが、線形代数や微分積分、統計学が得意なことがよくわかるね!Cさん、数学、好きなのかな?

たしかに、数学が得意みたいですね!

上図のようにグラフを描くと、自然と、Cさんの得点に注目します。

 


 

次に

②  自分の研究で言いたいことは 情報リテラシー に関すること

であると仮定しましょう。

そうすると、以下のようにグラフの見た目を整えます。

パワーポイントで形を整えた棒グラフ情報

 

実際に行った作業は、①とほぼ同様です。

グラフの書式選択を利用して棒グラフの塗りつぶす色を変えたり凡例の表示位置を変えたりしています。また、Excelの元データの表をグラフの下に貼り付けて、情報リテラシーの点数を目立たせています。

 

Fさんって、情報リテラシー、得意なんだ!

ほんと!右端の棒グラフが際立ってますね

 

上図のようにグラフを描くと、自然と、情報リテラシーに注目します。

 


 

このように

自分が論じたいことが伝わりやすいグラフを描く!

という目的を忘れずに描画することをお勧めします。

ExcelやPowerPointなど、それぞれのソフトの得意なことを活用しながら、グラフを作成していきましょう。

 


 


まとめ

研究論文や研究発表の場で利用するグラフは、自分が論じたいことが伝わりやすくなるよう、工夫することが大切です。

その際、ExcelやPowerPointの得意なことをうまく活用していきましょう。

 


 


 

自分が論じたいことを表現するグラフを 本気! で描こうとすると、ExcelやPowerPointを使うだけでは難しいかもしれません。自分は、複雑な計算や描画には、オープンソース・フリーソフトウェアのRを使用しました。

 


 


 

タイトルとURLをコピーしました