意図を伝える棒グラフ 見栄えをよくする方法

パワーポイントで形を整えた棒グラフ情報 表・グラフ

伝えたいことが伝わるグラフを描こう!

研究論文や研究発表の場では、簡潔・的確に、伝えたいことを伝える必要がありますから、直感的で伝わりやすいグラフを積極的に活用しましょう。
文字を連ねて長々説明するよりも、グラフなどの図を使って説明する方が、一目瞭然で伝わりやすくなります。

グラフを描くときには「自分がグラフで伝えたいことは何か!」を常に意識しておくことが大切です。そのため、Excelで描いたグラフをそのまま使うのではなく、自分の伝えたいことが伝わりやすくなるように工夫しましょう。

「グラフを描く」といえば、Excelだね!

Excelといえば、表計算ソフトです!

Excelを使うとグラフが簡単に描けます。でも、Excelで描いたグラフをそのまま使うのではなく、自分が伝えたいことが伝わりやすくなるように、少し工夫することをお勧めします。

グラフに少し手を加えるだけで、ことばを使って長々と説明する手間が省けますよ!

ここでは、棒グラフを使って説明します。

以下では、ExcelとPowerPointを適宜使い分けてグラフを描いています。


ExcelとPowerPoint

Excelは表計算ソフトで、PowerPointはプレゼンテーション用ソフトです。

そんなことは、知ってるよ!

ExcelもPowerPointも機能が拡張されていて、できることがたくさんあります。でも、あくまで、Excelは表計算を得意とするソフトでPowerPointはプレゼンテーションをするためのソフトです。

そのため、データを直接扱っているあいだは、Excelの利用をお勧めします。でも、プレゼンするためのスイラドなどで使うグラフの体裁を整えるときには、PowerPointを利用することをお勧めします。

Excelで描いたグラフをPowerPointに移して作業することは簡単です。それぞれのソフトの得意分野をうまく使い分けていきましょう。


棒グラフを描いてみよう

ここでは、以下のような架空のデータを使って棒グラフを描いてみます。

点数 Aさん Bさん Cさん Dさん Eさん Fさん
線形代数 66 35 82 51 38 59
微分積分 70 37 90 53 46 69
統計学 69 41 85 53 52 58
データベース入門 59 47 68 54 69 69
情報リテラシー 70 55 68 52 70 90

Excelで作業

上記のデータを使って、棒グラフを描いてみました。

エクセルで描いた棒グラフ

Excel(Microsoft Office for Mac 2011)を使って描画

Excelのグラフ描画機能を使うと、一瞬でグラフが描けてしまいます。でも、上の棒グラフのままでは、グラフを使って何を伝えようとしているのか、よくわかりません。

Excel上でグラフの体裁を整えていくこともできます。でも、ここからは、プレゼンテーション用のPowerPointを使って、グラフの体裁を整えていきましょう。

PowerPointで作業

Excelで描いた棒グラフをPowerPointにコピー&ペーストします。

ここからは「自分がグラフで伝えたいことは何か!」を意識しながら作業を進めていくことになります。

ここでは、次の2点

① 自分の研究で言いたいことは Cさんの得点に関すること
② 自分の研究で言いたいことは 情報リテラシー に関すること

がグラフで伝えたいことだと仮定します。


① 自分の研究で言いたいことは Cさんの得点に関すること

この場合は、Cさんの得点が目立つようにグラフの体裁を整えます。

パワーポイントで形を整えた棒グラフC

上のグラフは、PowerPointのグラフの書式選択を利用して変更作業をしています。

棒グラフの塗りつぶす色を変えたり凡例の表示位置を変えたり、また、グラフレイアウトで棒グラフの上に得点を表示して、Cさんの線形代数や微分積分、統計学の得点の高さを際立たせています。

Excelの書式変更の方法と、ほぼ同じです

上のようにグラフの体裁を整えると、グラフを見ただけで、自然とCさんの得点に注目します。Cさんが、線形代数や微分積分、統計学が得意なことがよくわかりますし、もしかしたら、Cさんは数学が好きなのかもしれませんね!

 


② 自分の研究で言いたいことは 情報リテラシー に関すること

この場合は、情報リテラシー が目立つようにグラフの体裁を整えます。

パワーポイントで形を整えた棒グラフ情報

 

実際に行った作業は、①とほぼ同じです

グラフの書式選択を利用して棒グラフの塗りつぶす色を変えたり、凡例の表示位置を変えたりしています。また、Excelの元データの表をグラフの下にコピー&ペーストして、情報リテラシーの点数を目立たせています。

上のようにグラフの体裁を整えると、情報リテラシーの科目に自然と目がいきます。

グラフの右端の棒グラフが際立っていることが直感的にわかりますから、Fさんの情報リテラシーの得点が高いことがすぐにわかりますね。


おまけ

ここでは、Excelを使ってグラフが簡単に描けるよう、整理された架空のデータを使っています。でも、自分が収集した生のデータを使ってグラフを描こうとすると、すぐにグラフを描けないことが多いです。たとえば、生のデータには欠損値などがあり、その処理をする必要があるからです。

生のデータを扱っている場合は、グラフを描く前段階でいろいろな処理をしなければならないことに注意しましょう。


まとめ

研究論文や研究発表の場では、簡潔・的確に、伝えたいことを伝える必要があります。そのために、直感的で伝わりやすいグラフは積極的に活用しましょう。

ただし、グラフを描くときには「自分がグラフで伝えたいことは何か!」を常に意識しておくことが大切です。そのため、Excelで描いたグラフをそのまま使うのではなく、自分の伝えたいことが伝わりやすくなるように工夫しましょう。

Excelで描いたグラフをPowerPointに移して作業することは簡単です。それぞれのソフトの得意分野をうまく使い分けていきましょう。


 

自分が論じたいことを的確に表現するグラフを 本気! で描こうとすると、ExcelやPowerPointを使うだけでは難しいかもしれません。そんなときは、オープンソース・フリーソフトウェアの Rの使用 もお勧めです!

 

タイトルとURLをコピーしました