研究発表用のスライド:箇条書き風スタイル

箇条書き風のスタイルで作成されたスライドの例 スライド

発表者の説明に耳を傾けることができるスライドを作ろう!

パワーポイントなどを使ってスライドを作成して研究発表をする機会は多いです。ただし、スクリーンに映し出されているスライドは、発表者が口頭で行なっている説明の補助的役割を担っているにすぎません。研究発表の主役は、あくまで発表者自身が口頭で行なっている説明です。

主役は発表者のスピーチ、スライドはスピーチを補助する資料です!

スライドは補助的役割をしている資料にすぎませんから、スライド作りに時間を取られすぎないようにしましょう。たとえば、文字で埋め尽くされたスライドをたくさん用意したり、頻繁にアニメーションが使われたりするスライドは避けましょう。

でも、研究発表のとき、皆、スライドをじっと見てるよ!だから、スライドはしっかり作らないとだめだよね?

もちろん、自分の研究内容が聞き手に伝わるよう、スライドをしっかりと作ることは大切です。

でも、研究発表の主役は、あくまで、発表者自身が口頭で行う説明です。スライド作りに凝りすぎないよう注意しましょう。ここでは、箇条書き風スタイルでスライドを作成する方法を紹介します。


聞き手の読む負担を減らす

研究発表の主役は、発表者自身によって行われる説明です。スライドは、説明を補助する形でシンプルに作成しておきましょう。

シンプル?

たとえば、発表用のスライドに多くの文字が書かれていると、聞き手はその文字を読むことに集中してしまいます。その結果、発表者が説明している声を聞く余裕がなくなります。

箇条書き風スタイルのスライドについて文章のみで説明した例

シンプルなスライドを作成して文字数を減らすと、聞き手は文字を読む負担が減ります。

聞き手は、発表者が説明している声を余裕をもって聞くことができます!

箇条書き風スタイルでスライドを作成

聞き手に文字を読む負担をかけないために、箇条書き風スタイルでスライドを作成しましょう。

箇条書き風スタイル?

短文を並べ、箇条書き風に見えるスライドです!

箇条書き風のスタイルで作成されたスライドの例

箇条書き風スタイルでスライドを作成し、聞き手が読まなければならない文字数を減らしましょう。

1行に収まる短文作成がポイント

箇条書き風スタイルでスライドを作成するには、まずキーワードを決めます。

キーワード?

キーワードを決めたら、1行に収まる長さの短文を作成します。

それだけ?

簡単そうですが、実際にやろうとすると、これ、けっこう難しいですよ!

1行に収まる長さの短文をいくつか作成できたら、その短文を、自分が説明しやすいように並べます。

パワーポイントなどの箇条書き機能を使ってはダメなの?

パワーポイントなどの箇条書き機能を使いこなしている方は、そのスキルを思う存分発揮しましょう。でも、箇条書き機能などを使うと、どうしてもパワーポイントで設定されているレイアウトにしばられてしまいます。

ここでは、なるべく自分が説明しやすいように短文を配置することが重要です。上のスライド程度の短文の数であれば、短文を配置することにそれほど時間はかからないでしょう。

自分が説明しやすいように短文を配置したら、次に、見出し部分に該当する短文のフォントを変えたり、箇条書きに見せたい短文に番号をふるうなどの作業をして、スライドの体裁を整えます。

箇条書き風のスタイルで作成されたスライドの説明図

研究発表の主役は、あくまで、発表者自身によって口頭で行われる説明です。聞き手が余裕をもって発表者のスピーチを聞くことができるよう、シンプルなスライドを作成しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

研究発表の主役は、口頭で行われる発表者自身の説明です。スライドは、説明を補助するための資料にすぎません。聞き手が発表者のスピーチを余裕をもって聞くことができるよう、シンプルなスライドを作成して発表に臨むことをお勧めします。

箇条書き風スタイルでスライドを作成すると、シンプルなスライドを作ることができます。1行に収まる長さの短文を箇条書き風に配置して、聞き手が読まなければならない文字数を減らします。

主役は、あくまで、発表者のスピーチであり、スライドは補助にすぎないことに注意しましょう。


研究発表をするとき、スライドが絶対に必要というわけではありません。もしも、発表者がホワイトボードを使って説明していたらホワイトボードを見ますし、配布資料を使って説明していたら配布資料を見ます。聞き手は、発表者がスクリーンにスライドを投影しながら説明しているから、スライドを見ているだけですよ!

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

タイトルとURLをコピーしました