研究発表用のスライドで使うフォント:お勧めはゴシック系!

スライドで使うフォントの例を示した図(Mac版) スライド

スライド向きのフォントを選ぼう

卒論や修論、投稿論文を発表するときのスライドで使うフォントは、遠くからでも読みやすいゴシック系がお勧めです。

論文本体で使用するフォントは、一般的に、明朝体が推奨されています。でも、発表用スライドにはゴシック系を使いましょう。ゴシック系は遠くからでも読みやすいといわれています。そのため、スクリーンに映し出すスライド向きです。また、使うフォントはスライド全体で統一させましょう。

研究発表のような場では、ポップ体や手書き風のフォントは使わない方がいいですよ!

スポンサーリンク

ゴシック系のフォント

スライドで使用するフォントはゴシック系が推奨されています。ゴシック系のフォントは遠くからでも読みやすいといわれているからです。明朝体系のフォントを使ってはいけないということではありませんが、せっかくスライドを作成するのですから、読みやすいスライドにしたいですよね。

実は、Macパソコンの場合、スライドを作成するときにフォント選びで悩むことはほとんどありません。Macパソコンには、スライド向きのフォントが用意されているからです。スライドを作成するときにフォント選びで悩むのは、おそらく、Windows系のパソコンを使っているときです。

そういえば、フォントにこだわってAppleはパソコンを作っていると聞いたことがある!

Macパソコンを使っている場合

Macパソコンを使っている場合は、スライドで使うフォントはヒラギノ角ゴシック一択です。ヒラギノ角ゴシックはスライド向きのフォントで、とても読みやすく作られています。太さも、下記のようにW0からW9まで10段階用意されていて、スライドを作成しながら好みの太さを簡単に選ぶことができます。

スライドで使うフォントの例を示した図(Mac版)

Windowsパソコンを使っている場合

Windows系のパソコンには、残念ながら、Macパソコンのヒラギノ角ゴシックのようなスライド向きのフォントが用意されていません。そのため、スライドを作成するときにどのようなフォントを使うか悩むことになります。

ゴシック系ということで、なんとなくMS Pゴシックを使うというケースが多いかなぁ…

游ゴシックやメイリオを使うとフォントの太さを変えることができます。

スライドで使うフォントの例を示した図(Windows版)

ただし、フォントは、こだわり始めるとキリがありません。フォント選びに時間を取られてしまうと、肝心のスライド作りが遅れてしまいます。まずは、研究発表のためのスライドを完成させることが大切ですから、とりあえず、好みのフォントを使ってスライド作りに取り組みましょう。

ただし、極端に珍しいフォントを使ってスライドを作成することは避けた方がいいです。使ったフォントが珍しすぎると、他の人のWindowsパソコンにそのフォントがインストールされていないかもしれません。そうすると、他の人のパソコンでスライドを再生したときレイアウトが崩れるなどのトラブルが起きることがあります。

それは、大変だ!


また、フォントの大きさにも気をつける必要があります。


まとめ

研究発表をするときに使うスライドのフォントは、遠くからでも読みやすいフォントを使うようにしましょう。一般的に、スライドに載せるフォントはゴシック系が推奨されています。また、フォントはスライド全体で統一させ、珍しすぎるフォントは使わない方が無難です。


本来、パソコンにインストールされていないフォントはパソコン画面に表示できません。インストールされている別のフォントに無理に置き換えると、レイアウトが壊れてしまうこともあります。そのため、珍しすぎるフォントは使わない方が無難です!

タイトルとURLをコピーしました