卒業論文執筆 パラグラフ・ライティング

パラグラフ・ライティングの図 卒業論文

卒業論文執筆 パラグラフ・ライティング

卒業論文全体の構成は、序論・本論・結論の形で構成します。

卒業論文執筆へのアドバイス 序論・本論・結論
卒業論文を書くときにまず戸惑うことが「文章全体の構成をどうすればいいか?」ではないでしょうか。卒業論文など論文形式の文章は、序論・本論・結論で文章全体を構成することになります。では、実際、序論・本論・結論部分には何を書けばいいでのしょうか?

 

序論・本論・結論?起承転結じゃないんだよね!

はい!序論・本論・結論で構成します。
さらに、論文らしく記述するための方法 パラグラフ・ライティング について説明しましょう!

パラグラフ・ライティング?

形としては「段落」に近いですが、「パラグラフ」は「段落」よりも扱いが厳密です。
論文は、あくまで 論理的に記述された文章 でなければなりません。
そのため、「パラグラフ」には「段落」とは異なる厳密さが求められるのです。

 

卒業論文は、パラグラフ・ライティングを意識して記述しましょう。一気に論文らしくなります。

 



卒業論文は パラグラフ・ライティング で書く

パラグラフ・ライティングは、卒業論文全体の構成ではなく、もう少し小さい文章のかたまりを対象とした書き方です。形としては、段落のようなものです。

 

パラグラフ・ライティング

パラグラフ・ライティング は、論理的な文章を書くために身につけておくべきライティング技能です。パラグラフ・ライティングという技能、日本ではあまり浸透していません。

でも、この技能を身につけておくと、論理的でわかりやすい文章を書くことができるようになります。この技能を身につけておくと、今後、助かる場面がきっとあるはずです。

 

私自身、パラグラフ・ライティングを知ったのは大学院生になってからです。もっと早くに知りたかったです!

では、パラグラフとはどのようなものか! から説明していきましょう。

 


パラグラフとは
パラグラフとは、ある1つのトピック(話題)について述べた文の集合のことを指します

つまり、1つのパラグラフの中では、1つのトピック(話題)に関してのみ述べます。そのため、トピック(話題)を変えるときには、必ずパラグラフを変えます。また、トピック(話題)が変わらないのであればパラグラフは変えません。

1つのパラグラフの中では1つの文しか書いてはいけないってこと?

いえ、そうではなくて…
1つのパラグラフの中では1つのトピック(話題)に関してのみ記述するということです

 

パラグラフは、いわゆる段落とは異なります

パラグラフは、段落よりもパラグラフ内で書いているトピック(話題)についての扱いが厳密なのです。

たとえば

同じトピック(話題)についてかなり長く書いてしまった!長すぎるのでパラグラフを変えよう!

とか

違うトピック(話題)になるけど、なかなかいい考えだし、せっかくだからこのままパラグラフを変えずに書き進めよう!

などはダメです。

パラグラフは、ある1つのトピック(話題)について述べられている文の集合体です。
長いか短いか、筆が進むかどうかなどという理由で分けたり繋げたりすることは避けましょう。

 

つまり、パラグラフ・ライティングで記述するってことは、1つのパラグラフに1つのトピック(話題)だけを記述する書き方のことなんだ!

そういうことです!

 

1つのパラグラフに1つのトピック(話題)だけが記述されている文章って、曖昧さがなく読みやすいのです。

論理的な文章に向いているわけです

パラグラフは、いわゆる段落と見た目は同じですが、パラグラフ内で扱うトピック(話題)に厳密さが求められることに注意しましょう!

 



パラグラフ・ライティングのイメージ

パラグラフの見た目は、いわゆる段落と同じです。

パラグラフ・ライティングの図

 

上図の赤線部分はトピック・センテンスです。パラグラフ①、パラグラフ②、パラグラフ③ それぞれのパラグラフにトピック・センテンスが記述されます。トピック・センテンスについては、こちらで説明しています。

 

例えば、3つのトピック(話題)について述べたいときには、上図のように3つのパラグラフを設定します。

厳密さの乏しい段落とは異なり、パラグラフ①、パラグラフ②、パラグラフ③で述べられているトピック(話題)は、それぞれ独立している必要があります。

 

パラグラフ①、パラグラフ②、パラグラフ③ で述べられている内容は、異なるトピック(話題)です

字下げをして、形式的に段落を分けているだけではないんだね!

そう!各パラグラフ内に書かれている中身が独立していること、ここが大事なのです

 

1つのパラグラフの中では、1つのトピック(話題)に関してのみ述べます。トピック(話題)を変えるときには、必ずパラグラフを変えます。また、トピック(話題)が変わらないのであればパラグラフは変えません。

パラグラフは、段落よりも扱いが厳密なことに注意しましょう。

 


 


まとめ

卒業論文など、論文形式の文章を執筆するときには パラグラフ・ライティング の技能を使いましょう。

 

パラグラフとは、ある1つのトピック(話題)について述べた文の集合のことを指します

 

パラグラフは、いわゆる段落よりも書いているトピックについての扱いが厳密です。各パラグラフで書かれているトピックがそれぞれ独立している必要がある!このことに注意しましょう。

慣れるまでは戸惑うかもしれませんが、パラグラフ・ライティングの書き方を身につけると、曖昧さが少ないわかりやすい文章を書けるようになります。お勧めしますよ!

 


書籍の紹介

論文の書き方について書かれている本はたくさんあります。パラグラフ・ライティングについて書かれている本も多く、大学図書館などにも置かれていると思います。ぜひ、探してみてください。ただ、本をゆっくり読む時間がないという方には、以下の本、お勧めかもしれません。

加藤恭子、ヴァネッサ・ハーディ(1998)『英語小論文の書き方 英語のロジック・日本語のロジック』講談社

こちらの本は新書で手軽に読めます。「日本人の書くものは、エッセイにしろ論文にしろ、”雲”。ふわふわとつかみどころがない」と、なかなか辛辣なセリフも書かれていますが、パラグラフ・ライティングのイメージをつかむには適した本だと思います。

 

 

この本、私にとって目から鱗で面白かったです!


 


タイトルとURLをコピーしました