卒業論文執筆 トピック・センテンス(パラグラフの要約)

パラグラフライティングとトピックセンテンスの図 卒業論文

卒業論文執筆 トピック・センテンス(パラグラフの要約)

卒業論文全体は

卒業論文執筆へのアドバイス 序論・本論・結論
卒業論文を書くときにまず戸惑うことが「文章全体の構成をどうすればいいか?」ではないでしょうか。卒業論文など論文形式の文章は、序論・本論・結論で文章全体を構成することになります。では、実際、序論・本論・結論部分には何を書けばいいでのしょうか?

また、各段落は

卒業論文執筆 パラグラフ・ライティング
卒業論文などを書くときには パラグラフ・ライティング の技能を使いましょう。パラグラフとは、ある1つのトピック(話題)について述べた文の集合のことです。パラグラフ・ライティングの書き方を身につけると、曖昧さが少ないわかりやすい文章を書けるようになります。

を意識して記述します。

この2点に注意するだけで、かなり論文らしい文章になります。
ここでは、さらに論理的で読みやすい文章になるよう、各パラグラフの先頭にトピック・センテンスを書く方法について説明していきます。

 

トピック・センテンス?

各パラグラフの先頭にトピック・センテンス(パラグラフの要約文)を記述します。これができたら、ますます論理的でかっこいい卒業論文を書けるようになります!

 



卒業論文は パラグラフ・ライティング で書く (トピック・センテンス)

まず、卒業論文は パラグラフ・ライティング を意識して記述することが大切です。

パラグラフは、日本語の文章でよく見かける、いわゆる段落 とは異なります。1つのパラグラフでは、1つのトピック(話題)に関してのみ記述しなければなりません。

そして、1つのパラグラフで1つのトピック(話題)について厳密に記述していれば、トピック・センテンスを記述することは簡単です。

でも、1つのパラグラフに複数のトピック(話題)が書かれていたら、明確なトピック・センテンスは書けません。

 

パラグラフ・ライティングとかトピック・センテンスとか、う〜〜〜ん、難しい…

確かに、わかりにくいかもしれません。でも、ここを理解すると、論理的な文章を書く力がすご〜くアップしますよ!

 

では、 トピック・センテンス について説明する前に、パラグラフ について確認しておきましょう。


パラグラフとは?

パラグラフ とは、ある1つのトピック(話題)について記述した文の集合のことです。

1つのパラグラフの中では1つのトピックについてだけ書く!
トピックを変えるときはパラグラフを変える!
トピックが変わらないのであればパラグラフは変えない!

段落とは違うんだね

パラグラフという概念と、いわゆる段落という概念は異なります。
パラグラフは、段落よりも書いているトピック(話題)についての扱いが厳密です。

 

たとえば

「このトピックについてかなり長く書いてしまったから、この辺で段落を分けよっかな!」
とか
「トピックは飛ぶけど、ここは奇を衒って別のトピックについても書いてしまえ!」

など、安易にパラグラフを変えたり異なるトピックに飛ぶことは避けます。

 

パラグラフは、ある1つのトピック(話題)について述べた文の集合 でなければなりません。

パラグラフは段落と見た目は同じかもしれませんが、書かれているトピック(話題)の扱いがとても厳密なのです

そして、ある1つのトピック(話題)について述べた文の集合が1つのパラグラフになっていれば、トピック・センテンス(パラグラフの要約文)をパラグラフの先頭に記述できます。

 

なるほど、トピック・センテンスでパラグラフを要約するんだ!

そういうイメージですね!

 

それでは、トピック・センテンス(パラグラフの要約文)とはどのようなものか、以下でみていきましょう!


トピック・センテンス(パラグラフの要約文)とは?

トピック・センテンス のイメージは次のような図になります。

パラグラフ・ライティングは、1つのパラグラフで1つのトピックを扱うライティング手法ですから、パラグラフ①、パラグラフ②、パラグラフ③のトピックは重複することなくそれぞれ独立しています。

各パラグラフで記述されている内容が1つのトピックであり、そのトピックが各パラグラフ間で重複していなければ、以下のように、明確なトピック・センテンス(パラグラフの要約文)がパラグラフの先頭に記述できます。

パラグラフライティングとトピックセンテンスの図

そして、明確なトピック・センテンス(パラグラフの要約文)がパラグラフの先頭に記述されていれば、文章を読んでいる人は、そのトピック・センテンスを拾い読みするだけで論文の内容が把握できます。論理的で、わかりやすい文章です。

 

拾い読みすれば、わかるんだ!いいね!

 

トピック・センテンスを拾い読みするだけで論文の内容が把握できるって、すごくありがたいことですよね!

 

卒業論文など、論文形式の文章を執筆するときは明確なトピック・センテンス(パラグラフの要約文)をパラグラフの先頭に記述しましょう。すごく論文らしい文章になりますし、読みやすいです。

 



まとめ

ある1つのトピックについて述べた文の集合が パラグラフ です。各パラグラフで記述されている内容は1つのトピックからなり、そのトピックは他のパラグラフの内容と重複しません。

このルールに則って書かれた文章であれば、明確な トピック・センテンス(パラグラフの要約文)をパラグラフの先頭に記述できます。

卒業論文など、論文形式の文章を執筆するときパラグラフ・ライティング はとても役立ちますから、身につけたいですね。

 

 

海外の論文を読むとき、トピック・センテンスのありがたみをすごく感じます。とにかく、拾い読みしやすい…


 


タイトルとURLをコピーしました