卒業論文 トピック・センテンスをパラグラフの先頭に書こう!

パラグラフライティングとトピックセンテンスの図 卒業論文

卒業論文執筆 トピック・センテンス(パラグラフの要約)

卒業論文全体は

卒業論文執筆へのアドバイス 序論・本論・結論
卒業論文を書くときにまず戸惑うことが「文章全体の構成をどうすればいいか?」ではないでしょうか。卒業論文など論文形式の文章は、序論・本論・結論で文章全体を構成することになります。では、実際、序論・本論・結論部分には何を書けばいいでのしょうか?

また、各段落は

卒業論文 パラグラフ・ライティングで論文らしく書こう!
卒業論文など、論理的な文章を書くときは、パラグラフ・ライティングで書きましょう。パラグラフとは、ある1つのトピック(話題)について述べた文の集合のことです。パラグラフ・ライティングで文章を書くと、曖昧さが減り、論理的な文章になります。

を意識して記述します。

この2点に注意するだけで、かなり論文らしい文章になります。

ここでは、さらに論理的で読みやすい文章になるよう、各パラグラフの先頭にトピック・センテンスを書く方法について説明していきます。

 

トピック・センテンス?

各パラグラフの先頭にトピック・センテンス(パラグラフの要約文)を記述します。トピック・センテンスを使いこなせるようになると、論理的でかっこいい卒業論文が書けますよ!

 


 


基本は、パラグラフ・ライティング

まず、卒業論文は、パラグラフ・ライティングを意識して書くことをお勧めします。パラグラフ・ライティングで書くためには、トピック・センテンスをパラグラフの先頭に書くことが重要となります。

パラグラフ・ライティングでは、1つのパラグラフでは1つのトピック(話題)についてのみ書く という厳密なルールがあります。この、ルールがあるから、パラグラフの先頭にトピック・センテンスを書くことができます。1つのパラグラフに複数のトピック(話題)が書かれていたら、明確なトピック・センテンスは書けませんから!

 

パラグラフ・ライティングとかトピック・センテンスとか、難しいよ!

確かに、難しいかもしれません。でも、これができると、論理的でかっこいい論文を書くことができますよ!

 

もう少し詳しく、パラグラフ・ライティングについて知りたい方は、こちらも参考にしてみてください。

 


 

パラグラフ・ライティングで論理的な文章を書くポイントは

1つのパラグラフに、1つのトピック(話題)についてのみ書く
パラグラフの先頭にトピック・センテンスを書く

です。

 


パラグラフと段落の違い

パラグラフは、日本語の文章でよく見かける「段落」とは異なります。

日本語の文章にある「段落」も、何かしらのルールに基づいて文章を一つのかたまりにまとめています。ただし、まとまりの作り方に厳密なルールはありません。たとえば、内容を基準にして「段落」をまとめている場合もあれば、文章の量が多いという理由で「段落」を分けることもあるでしょう。

パラグラフのまとめ方は、このような厳密なルールがない「段落」のまとめ方とは異なります。パラグラフ・ライディングでは、1つのパラグラフに、1つのトピック(話題)についてのみ記述するというルールがあります。

 

トピック(話題)についての扱いが、いわゆる「段落」よりも厳密なことに注意しましょう。

「トピックを変えるときはパラグラフを変える」
「トピックが変わらないのであればパラグラフを変えない」

たとえば

・このトピックについてかなり長く書いてしまったから、この辺で段落を分けよっかな!
・「トピックは飛ぶけど、ここは奇を衒って別のトピックについても書いてしまえ!

などの理由で、パラグラフを変えたり異なるトピックに飛ぶことはしません。

 

つまり、パラグラフは、ある1つのトピック(話題)について述べた文の集合 といえます。

パラグラフライティングとトピックセンテンスの図

そして、トピック・センテンス(パラグラフの要約文)をパラグラフの先頭に書き、それに続いて、トピック・センテンスに関する話題について書きます。

 

トピック・センテンスをパラグラフの先頭に書いて、そのトピック(話題)に関する内容だけを書くんだね!

 


 

 

パラグラフは「段落」と見た目は同じかもしれませんが、書かれているトピック(話題)の扱いがとても厳密

なことに注意しましょう。

 


トピック・センテンスがパラグラフの中身を要約する

パラグラフ・ライティングでは、1つのパラグラフで1つのトピックを扱います。そのため、パラグラフ①、パラグラフ②、パラグラフ③のトピックは重複することなくそれぞれ独立しています。

 

パラグラフ・ライティングされているときの図

明確なトピック・センテンス(パラグラフの要約文)がパラグラフの先頭に書かれていると、それに準じる形で、パラグラフ内で記述する内容を、A、B、C に限定することができます。

また、明確なトピック・センテンス(パラグラフの要約文)が 「ここはAについて書いてるよ!」などとパラグラフの先頭に書いてあれば、文章を読んでいる人にとってもわかりやすいです。

さらに、トピック・センテンスはパラグラフの要約文ですから、トピック・センテンスを拾い読みしていくだけで、この論文は「A と B と C について書かれている」という論文全体の内容もつかむことができます。

 

あっ!拾い読みしていくだけで論文全体の要約になるんだ!

トピック・センテンスが A、B、C に関する内容を要約していますから、トピック・センテンスを読むだけで、論文全体の内容が把握できますね!

 

 

明確なトピック・センテンス(パラグラフの要約文)を書きましょう。そうすれば、トピック・センテンスを読むだけで、論文全体の内容も把握できます。

 


 


まとめ

卒業論文は、パラグラフ・ライティングを意識して書くことをお勧めします。

1つのパラグラフには、1つのトピック(話題)についてのみ書きます。そのとき、パラグラフの先頭にトピック・センテンス(パラグラフの要約文)を書くことに注意しましょう。

パラグラフは「段落」と見た目は同じかもしれませんが、トピック・センテンス(パラグラフの要約文)がパラグラフの先頭に書かれていることによって、パラグラフ内で扱うトピック(話題)が厳密になります。

また、明確なトピック・センテンス(パラグラフの要約文)を書くと、トピック・センテンスを読むだけで論文全体の内容が把握できます。

 

 


 


 

トピック・センテンスのありがたみは、英語の論文を読むときに強く感じます。少々長い論文でも、トピック・センテンスを探して拾い読みしていくだけで、論文に書かれている全体像がつかめますから!

 


 


タイトルとURLをコピーしました