卒業論文の要旨の書き方の例

卒業論文の要旨を1ページにまとめた例 卒業論文

卒業論文の要旨ってどう書くの?

やっと卒業論文を書き終わった!!!

とホッと一息ついた時、「卒論の要旨、書いてね!

と言われることがあります。

要旨?何それ…。


そもそも、要旨って何?

「要旨」は、卒業論文全体を簡潔にまとめた文書です。それを読めば、卒論に書かれている大まかな内容がわかるように簡潔にまとめた概要書といえます。

 

要旨なんて書いたことない!

という方のために、ここでは、卒論全体の概要を1ページほどにまとめたものを例にあげて、説明していきます。

ただし、大学や学部によっては、要旨の形式が明確に指定されている場合があります。
その場合は、指定された形式に則って書きましょう。

ルールは大事!


要旨ってどのタイミングで書けばいいの?

要旨は、卒業論文を書き終えたあとで取り組みます。

綿密な研究計画を立てて、その研究計画に則って研究を進めることができていれば、卒論執筆前に要旨を書くこともできるかもしれません。

でも、現実には

「目的?」…「う〜〜〜ん、何を言おうとしてたんだっけ?」
「背景?」…「もう少し、調べないとダメだ!」
「考察?」…「この結果からわかることって何だろう?」

と、卒論を書きながら試行錯誤することが多いです。

卒論の内容がかたまってからでないと、卒論に書かれている重要なポイントを簡潔にまとめることはできません。

要旨は、卒論を書き終えてから取り組みましょう。


要旨ってどんな風にまとめればいいの?

基本的には、卒業論文の構成通りにまとめていきます。

載せる内容は

題目   論文のタイトル
著者   自分の学籍番号や名前 
背景   先行研究の紹介・現状・問題点など
目的   論文で主張したい内容、解決・解明したい問題など
方法   研究の手法
結果   研究して得られた結果
考察   結果に対する考察
結論   まとめ
参考文献 参考にした文献

などでしょうか。(注:細かな内容は研究分野によって異なります)

これらの項目を適宜組み合わせて、指定された形式にまとめていきます。

ただし、各大学、各学部で、題目や著者、段組や文字数、フォントの大きさなど、書き方が指定されている場合があります。指定されている場合は、必ず、その指示にしたがいましょう

 


 

2段組1ページにまとめた要旨の例

卒業論文の要旨を1ページにまとめた例

 

所属している研究室によっては、要旨のテンプレートが用意されていることがあります。所属している研究室で要旨のテンプレートが用意されていないか確認することをお勧めします。

 


まとめ

要旨は、それを読めば卒論に書かれている内容がおおまかにわかるよう簡潔にまとめた概要書です。

ここでは、卒論全体の概要を1ページほどにまとめたものを例として説明しました。

以下では、2段組2ページの要旨(概要書)を例にあげて説明しています。

修士論文につける要旨(概要書)の例
修士論文を提出する時、論文に書かれている内容を簡潔にまとめた要旨(概要書)をつけることは多いです。要旨(概要書)は、修士論文の内容を簡潔に説明するものです。修士論文本体を書きあげた後に論文本体の内容と照らし合わせながら書きましょう。また、書式や提出方法が詳細に決められている大学や研究科もあります。

 

大学や学部によっては、要旨の形式が明確に指定されている場合があります。また、所属している研究室によっては、研究室で要旨のテンプレートを用意しているところもあります。まずは、大学や学部、所属している研究室で、要旨の形式について確認するようにしましょう。

 


 

もしも、卒論のために図を描画していたら、その図を要旨に載せてもいいかもしれません。要旨に図が載っていると、簡潔でわかりやすくなります。

タイトルとURLをコピーしました