卒業論文の要旨(概要書) 書き方の例

卒業論文の要旨を1ページにまとめた例 卒業論文

卒業論文の要旨(概要書)ってどう書くの?

卒業論文を書き終えてホッと一息ついていると「卒論の要旨を準備してね!」と言われることがあります。

卒論の要旨?何それ…

そもそも、要旨って何?

卒論の要旨とは、卒論全体で書かれている内容を簡潔にまとめた概要書のことです。

要旨なんて書いたことないから、よくわからない!

という方のために、ここでは、卒論の要旨の書き方を1ページにまとめたものを例にあげながら説明します。

ただし、大学や学部によっては、要旨の書き方が明確に指定されている場合があります。そのような場合は、必ず指定された書き方に則って書きましょう。


要旨ってどのタイミングで書けばいいの?

要旨は、卒業論文を書き終えたあとで取り組むことをお勧めします。

卒論執筆前に要旨を書くこともできますが、それは、事前に立てた研究計画にしたがって研究が進められているときです。でも、現実には

・「研究の目的」…「う〜〜〜ん、何を言おうとして研究に取り組んでいたんだっけ?」
・「研究の背景」…「背景を語るためには、もう少し資料を探さないとダメだ!」
・「考察」…「とりあえず、研究結果はあるけど、この結果からわかることって何?」

と試行錯誤しながら卒論を書くことになります。そのため、卒論の要旨は、卒論を書き終えてから取り組むことをお勧めします。

スポンサーリンク

要旨ってどんな風にまとめればいいの?

基本的に、卒業論文の構成通りにまとめます。

2段組1ページにまとめた要旨の例

卒業論文の要旨を1ページにまとめた例

卒論の要旨は、以下のような内容を適宜組み合わせましょう。(注:研究分野によって細かな内容は異なります)

題目   論文のタイトル
著者   自分の学籍番号や名前 
背景   先行研究の紹介・現状・問題点など
目的   論文で主張したい内容、解決・解明したい問題など
方法   研究の手法
結果   研究して得られた結果
考察   結果に対する考察
結論   まとめ
参考文献 参考にした文献

ただし、各大学、各学部で、題目や著者、段組や文字数、フォントの大きさなど、要旨の書き方が詳細に指定されている場合があります。そのような場合は、必ず、その指示にしたがいましょう。

以下では、2段組2ページの要旨(概要書)を例にあげて説明しています。興味のある方はこちらも参考にしてみてください。

修士論文につける要旨(概要書)の 書き方の例
論文を提出する時、論文に書かれている内容を簡潔にまとめた要旨(概要書)をつけることは多いです。要旨(概要書)は、論文本体を書きあげた後、論文本体の内容と照らし合わせながら書くといいでしょう。ただし、書式や提出方法に関する最新情報を必ず確認します。

また、所属しているゼミ(研究室)によっては、卒論の要旨のテンプレートが用意されていることもあります。テンプレートがあると作業が楽になりますから、所属しているゼミ(研究室)で確認してみましょう。

スポンサーリンク

まとめ

卒論の要旨とは、卒論全体で書かれている内容を簡潔にまとめた概要書のことです。ここでは、卒論全体の概要を1ページほどにまとめた要旨を例にあげて説明しました。

大学や学部によっては、卒論の要旨の書き方が詳細に決められていることもあります。また、所属しているゼミ(研究室)によっては、要旨のテンプレートが用意されていることもあります。そのため、まずは、大学や学部、所属ゼミ(研究室)で要旨の書き方を確認しましょう。


もしも、卒論で図を描画していたら、その図を要旨に載せてもいいかもしれません。図が載っていると、簡潔でわかりやすくなります!

タイトルとURLをコピーしました