レポート

卒業論文

卒論やレポート課題の書き方 序論 本論 結論とは?

大学で書く卒業論文やレポート課題は、序論・本論・結論で書きます。序論で研究テーマやそのテーマの背景などを記述し、自分が論じたいこと(主張)を明確にします。本論には、主張の根拠を複数書いて、自分の論じたいこと(主張)を読み手に納得させます。
ライティング

論文形式でレポートを書くには、どうすればいい?

大学の講義でレポートを書くときは論文形式で書くようにしましょう。普段から論文形式の文章を書いていると、卒業論文を書くときに役立ちます。論文形式の文章を書くためには「思う」という表現を使わないとか、主張と根拠を明確にすることなどが重要です。
ライティング

大学のレポートは、序論・本論・結論の構成で書こう!

大学で書くレポートには、自分の主張が必要です。そのため、序論・本論・結論の構成で書きましょう。序論・本論・結論の構成で文章を書くと、何かについて論じる文章となります。レポートの構成を考えずに、調べたことを並べただけの文章、調べ学習のような文章にならないように注意しましょう。
卒業論文

卒業論文はレポート課題と異なり「問いを立てる」ことが重要!

卒業論文の執筆は、学期末などに大学の講義で課されるレポートとは比べ物にならないほど大変な作業になります。卒業論文は「〇〇について」などというレポートを書くときに与えられるテーマ、つまり、「問い」から自分で立てなければならないからです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました