レポート課題と卒業論文の違い

レポートと卒業論文の違いを表現した図 卒業論文

レポート課題と卒業論文の違い

卒業論文の執筆は、学期末などに大学の講義で課されるレポートとは比べ物にならないほど大変な作業になります。

そんなに大変なの?

書く分量が多いです!

えっ!違いは分量だけなの?

もちろん、分量だけではありません。
卒業論文は、講義で出されるレポート課題とはまったく異なるものだと考えて、早め早めに取り組むことをお勧めします。レポート課題に取り組むときと同じようなイメージで卒業論文を捉えていると、卒業論文締切日に後悔することになるかもしれません。

ここでは、レポートと卒業論文の違いについて説明していきます。レポートと卒業論文の違いを知ると、卒業論文を書く作業の大変さが実感できるかもしれませんね。

 


レポートの種類と難易度

まず、レポートにはどんな種類があるか考えてみましょう。

レポートの種類?そんなこと考えたこともないよ!

たとえば、レポート課題のイメージは

「〇〇についてまとめましょう。参考とする資料は△△です。」
「〇〇について調べて、その結果をまとめましょう。」
「〇〇について、何がメリットで何がデメリットか考察しましょう。」
「〇〇について論じましょう。」

このようなものではないでしょうか。

これら4つのパターンのレポート課題、実は、難易度にかなり差があります。

 

①「〇〇について説明しましょう。参考とする資料は△△です。」

このレポート課題は、〇〇というレポートのテーマが与えられています。しかも、レポートを書くために参考とする資料も提示されています。指示された通りに資料を参考にしてレポートを書けばいいだけですから、難易度はかなり低くなります

②「〇〇について調べて、その結果をまとめましょう。」

このレポート課題は、①と同様、〇〇というレポートのテーマが与えられています。ただし、①と異なり、参考とする資料が指定されていません。そのため、資料探しから始める必要があります。①より難易度が少し上がりますね。

③「〇〇について、何がメリットで何がデメリットか考察しましょう。」

このレポート課題も、①、②と同様、〇〇というレポートのテーマが与えられており、さらに②と同様、参考とする資料探しが必要です。そして、参考資料をもとに、〇〇に関するメリットとデメリットを整理して考察する必要があります。調べた内容をまとめるだけではなく、考察を加える必要がありますから、①や②より、かなり難易度が上がります

④「〇〇について論じましょう。」

この課題も、①、②、③と同様、〇〇というレポートのテーマは与えられています。与えられたテーマについて論じていきますが、③と異なり、どのような視点で論じていけばいいか指示がありません。つまり、論じる視点を自分で見つけ出す必要があります。参考とする資料も、論じる視点も提示されていないため、難易度は一気に上がります


 

このように、レポートの課題の出し方によって、レポート課題に取り組む難しさが変わってきます。

レポートの種類を例に挙げて難易度順に並べた図

 

レポート課題では、講義を担当している教員が、レポートのテーマを「〇〇について」などと指示します。さらに、①のように、参考とする資料を教えてくれたり、③のように、論じる視点を示してくれたりすることもあります。

このように、レポート課題の出し方によって、レポートに取り組む難しさは変化します。でも、少なくとも「〇〇について」などと、教員がレポートのテーマを決めてくれます。

では、卒業論文は上記で示したようなレポートと、何が違ってくるのでしょうか?

 


卒業論文はレポートとどう違うの?

卒業論文はレポート課題と異なり、「〇〇について」などという卒業論文のテーマから自分で決めなければなりません。つまり、自分で「問いを立てる」必要があります。そのため、レポートの種類で例にあげた難易度がもっとも高い④より、さらに難易度が上がります。

「〇〇について」というテーマ、つまり、「問い」から自分で立てなければならないのが卒業論文です。

卒業論文は、何も与えられていない状態から始めないといけないんだね…

レポート課題で与えられたテーマ、つまり、問いも自分で立てるものが卒業論文です

卒業論文を書くための研究テーマを見つけることから始めなければなりません。

研究テーマを決められないときのヒント
卒業論文の研究テーマを決められないときは、まずは、自分の興味を優先して研究テーマを探しましょう。ただし、卒業論文では社会的に何かしらの問題提起をしてその解決に向けて何かしらの検討をする必要があることに注意しましょう。 そして、何か研究テーマになりそうな候補を思いついたら、とにかく その研究テーマに関わりがありそうな文献を探してみる ことが大切です。

 

卒業論文を執筆するために行う作業は

〇〇という問いを立て、その問いに答えるために必要な参考資料を探し、先行研究等を紹介する

答えを導くための研究方法を決めて、実際に研究をする。そして、研究した結果を分析して考察する

最後に、立てた問いに対する答えを示す

ことです。

これらの作業をすべて書き記したものが卒業論文です

当然、レポート課題と比べて卒業論文の分量は多くなりますね!

たしかに、4000字程度でまとめるとか、A4用紙2枚で提出するとか、そのようなレポート課題とは分量が違ってくるね…

レポートと卒業論文の違いを表現した図

 

レポートはホッチキス留めできそうですが、卒業論文になるとホッチキスでは留まらない分量になりそうでしょ?

 

卒業論文の執筆が、レポート課題を書く作業とは比べ物にならないほど大変なこと、伝わったでしょうか?

 


まとめ

卒業論文の執筆は、学期末などに大学の講義で課されるレポートとは比べ物にならないほど大変な作業です。

レポートも、課題の出し方によって、難易度の高いものがあります。でも、少なくとも「〇〇について」などと、教員がレポートのテーマを決めてくれます。

しかし、卒業論文は「〇〇について」というテーマ、つまり、「問い」から自分で立てなければなりません。問いも、参考資料も、研究方法も、論じる視点も、そして、答えも、すべて自分で決めていかなければならないのが卒業論文です。

講義で出されるレポート課題とはまったく異なるものだと考えて、卒業論文には早め早めに取り組んでいきましょう!


 

自分で問いを立てて、その問いに答える作業なんて、一見簡単そうに見えますよね。でも、実はとても大変な作業なのです。問いには新規性が求められるから、自分で「新たな問い」を見つけ出す必要があります。
さて、問いが新たかどうかって、どうやって確かめればいいんでしょうね!?

 

 

タイトルとURLをコピーしました