レポート課題と卒業論文の違い:問いの有無

レポートと卒業論文の違いを表現した図 卒業論文

卒業論文は、自分で問いを立てる必要がある!

卒業論文はレポート課題などと異なり、「〇〇について」などという卒業論文のテーマを自分で決めなければなりません。自分で決めたテーマに対し、自分独自の新たな問いを立て、根拠を示しながら答えを導き出していく文章が卒業論文です。

なんか、よくわからない!

たとえば、卒業論文は、大学で学期末に課されるレポート課題とは異なります。レポート課題は「〇〇について」などと書くテーマが事前に決められていますが、卒業論文では決められていません。

レポート課題は少なくともテーマが決まっていますから、取り敢えず課題に取り組むことができます!

でも、卒業論文はすぐに書き始めることはできません。卒業論文を書くためには、まず、自分で論じるテーマを決めて、問いを立てなければならないからです。

「問いを立てる」ってそんなに大変なことなの?

卒業論文では、問いや答えに独自性や新規性が求められます。そのため、問いを立てる作業はとても大変なのです!

ここでは、まず、レポート課題を例に挙げながら、卒業論文で問いを立てるとはどういうことなのか説明していきます。


レポートの種類と難易度を確認してみよう

まず、レポートにはどんな種類があるでしょうか。

レポートの種類?そんなこと考えたこともないよ!

たとえば、レポート課題というと

①「〇〇についてまとめましょう。参考とする資料は△△です。」
②「〇〇について調べて、その結果をまとめましょう。」
③「〇〇について、何がメリットで何がデメリットか考察しましょう。」
④「〇〇について論じましょう。」

このようなものをイメージするのではないでしょうか。

これら4つのパターン、いずれもレポートのテーマは与えられています。でも、レポートの難しさとしてはかなり差があります。

①「〇〇について説明しましょう。参考とする資料は△△です。」

このレポート課題は、〇〇というレポートのテーマが与えられています。しかも、レポートを書くために参考とする資料も示されています。指示された資料を参考にしてレポートを書けばいいだけですから、難易度はかなり低いです

②「〇〇について調べて、その結果をまとめましょう。」

このレポート課題は、①と同様、〇〇というレポートのテーマが与えられています。ただし、①と異なり、参考とする資料が指定されていません。そのため、資料探しから始める必要があります。①より難易度が少し上がります

③「〇〇について、何がメリットで何がデメリットか考察しましょう。」

このレポート課題も、①、②と同様、〇〇というレポートのテーマは与えられています。ただし、②と同様に、参考とする資料は自分で探さなければなりません。さらに、参考とする資料をもとに、〇〇に関するメリットとデメリットについて考察する必要があります。つまり、③は②と異なり、何かしらの根拠を示しつつ論じる必要があります。そのため、かなり難易度が上がります

④「〇〇について論じましょう。」

この課題も、①、②、③と同様、〇〇というレポートのテーマは与えられています。与えられたテーマについて論じていきますが、③と異なり、どのような視点で論じていくかという指示がありません。つまり、論じる視点を自分で見つけ出す必要があります。参考とする資料も、論じる視点も提示されていないため、難易度は一気に上がります


このように、レポートの課題の出し方によって、レポート課題に取り組む難しさに、かなり差が出ます。

レポートの種類を例に挙げて難易度順に並べた図

 

とはいえ、レポート課題では、講義を担当している教員が、レポートのテーマを「〇〇について」などと決めてくれます。さらに、①のように参考とする資料を教えてくれたり、③のように論じる視点を示してくれたりすることもあります。

でも、卒業論文では「〇〇について」というテーマ、つまり、「問い」の部分から自分で考えなければなりません。参考資料も自分で探しますし、論じる視点も自分で設定します。このように、すべて自分で決めて論じていかなければならないものが卒業論文です。


卒業論文では自分独自の新たな問いを立てる必要がある

卒業論文では「〇〇について」などという卒業論文のテーマを自分で決めなければなりません。テーマを決めて、自分で問いを立てます。

そのため、レポートの種類で例にあげた④よりも、さらに難易度が上がります。

卒業論文は、何も与えられていない状態から始めないといけないんだね…

また、卒業論文には独自性や新規性が求められます。自分独自の新たな問いを見つけ出し、それに対する答えを導く必要があるのです。

独自とか新規とか、どうやって確かめることができるの?

まず、参考になりそうな文献を探し、先行研究を調べます。そして、自分独自の新たな問いを立て、その問いに対する答えを出します。

卒業論文のアドバイス 先行研究の探し方 三つの基本
卒業論文を書くときには、自分の論文の独自性と新規性を主張する必要があります。そのめに先行研究を探します。適切な先行研究を見つけ出すことができたら、その論文の末尾にある参考文献リストを活用して、芋づる式に他の先行研究を探し出すこともできます。

卒業論文がレポート課題と比べものにならないほど大変なこと、伝わりましたでしょうか。早め早めに、卒業論文に取り組むことをお勧めします。


おまけ:卒業論文の分量

卒業論文は、自分独自の新たな問いを立てるところから始めます。そのため、レポート課題などと比べて、書く分量が桁違いに多くなります。

卒業論文には以下のような内容を書きます。

① 〇〇という自分独自の新たな問いを立てる。その問いに答えるために必要な参考資料を探し、先行研究等を紹介する。
②答えを導くための研究活動を行い、その結果を分析・考察する。
③最後に、問いに対する答えを示す。

①が序論、②が本論、③が結論です。

卒業論文執筆へのアドバイス 序論・本論・結論
卒業論文など論文形式の文章は、序論で論じる目的を明確に示すことが大切です。自分は何を論じたいのか、何を主張したくて論文を書いているのか、そこをはっきりさせましょう。序論で論文のゴールがはっきりすれば、あとは、ゴールに向かって本論と結論を記述するだけです。

これらをすべて書き記したものが卒業論文ですから、当然、レポート課題と比べて書く量が桁違いに多くなります。

たしかに、レポート課題みたいに「4000字程度」「A4用紙2枚」とかには収まりそうにないね!

レポートと卒業論文の違いを表現した図

 

レポート課題ならばステープラーで留まりそうですが、卒業論文をステープラーで留めるのは難しそうですね!

スポンサーリンク

まとめ

卒業論文はレポート課題などと異なり、自分で「〇〇について」などという卒業論文のテーマを決めなければなりません。さらに、参考資料も、研究方法も、論じる視点も、そして、答えを出すことも、すべて自分で行います。そのため、レポート課題などとは比べ物にならないほど大変な作業になります。

さらに、卒業論文では、自分独自の新たな問いを見つけ出し、その問いに対する答えを根拠を示しつつ導き出す必要があります。

学期末に出されるレポート課題などとはまったく異なるものだと考えて、卒業論文には早め早めに取り組みましょう!


卒業論文を一夜漬けでなんとかしようなどという考えは無謀です。止めましょうね!

タイトルとURLをコピーしました